日本文化の入り口マガジン和樂web
8月1日(日)
これからはお前の道を行きなさい(徳川慶喜)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
7月29日(木)

これからはお前の道を行きなさい(徳川慶喜)

読み物
Art
2020.04.08

匂い立つような色っぽさ!浮世絵・美人画のセクシーシーンが想像力を掻き立てる

この記事を書いた人

まだ鮮明な写真がない時代、「グラビアアイドル」として男性たちの目を癒していたのが、浮世絵や美人画に描かれた美女たちです。写真のようなリアルさはないけれど、それがかえって想像を掻き立て、匂い立つような色っぽさを放つもの。芸術作品として楽しめる、繊細なセクシーシーンをご堪能ください!

「大正の歌麿」と呼ばれる美人画家・橋口五葉

浮世絵研究家であり、自身も繊細な美人画を描いた橋口五葉(はしぐち ごよう)。明治末期から大正時代にかけて活躍し、喜多川歌麿(きたがわ うたまろ)の技法を取り入れながら新しい表現も見せ、「大正の歌麿」と称されました。

髪梳ける女


美しい曲線を描く豊かな髪を梳く女性。胸元のはだけた浴衣姿からは、じんわり汗ばむような、夏の夜の情緒を漂わせています。

化粧の女


女性がお化粧する姿って、何だか秘密を覗いているようで色っぽい。この女性は、肩から胸まですっかりはだけて、体にも丁寧にお化粧をしています。一体誰に見せるのでしょう?

浴後の女


入浴後に寛いでいるのでしょうか。丁寧に結上げられた髪が、ともすればエロティックになる絵に気品をもたらしています。しどけない姿と真っ白な肌、首筋にはりついた後れ毛に、目が奪われてしまう一枚です。

夏衣の女


先にご紹介した3人の女性より、いくらか年上に感じられる女性。ふとこちらに気付いたのでしょうか。今にも立ち上がろうとしています。視線の先にある人物とこの女性は、この後どのような時を過ごすのでしょう。

江戸を代表する浮世絵師・喜多川歌麿

橋口五葉を「大正の歌麿」とご紹介しましたが、そもそも歌麿ってどちら様?という方も多いでしょう。喜多川歌麿は、繊細な描線で女性の美しさを表すことを得意とした、葛飾北斎(かつしか ほくさい)と並び称される浮世絵師です。大首絵(おおくびえ)と呼ばれる上半身アップの浮世絵を考案し、江戸の町民から絶大な人気を誇りました。

北国五色墨・てっぽう


歌麿は、名もなき遊女たちを多く題材に取り上げました。「てっぽう」とは最下級の遊女のことで、一夜を共にすると病気にかかることが多かったため、「当たると死ぬ」という意味でてっぽうと呼ばれました。官能的なだけでなく、どこか退廃的な美を感じる一枚です。

教訓親の目鑑・不作者


こちらも遊女。衣服や髪型から、ある程度位の高い遊女だと推測されます。体に入れた客の名前の刺青を、お灸で消しているところなのだとか。江戸の遊女たちは、お客への愛の証として、体にお客の名前を彫ることがあったのです。

見れば見るほど味わいが深まる浮世絵・美人画

動画や写真で、いくらでもリアルな映像が見られる時代です。そんな時代だからこそ、自分の想像力にまかせて「絵」をじっくり味わってみてはいかがでしょう。余計な情報がないからこそ、自分好みのストーリーを描けるというもの。浮世絵や美人画に描かれた美しい女性が、豊かなイマジネーションの世界へあなたを誘います。

合わせて読みたい!
え!ブロマイドだったの?みんな持ってた歌麿の浮世絵が可愛すぎ!

書いた人

大学で源氏物語を専攻していた。が、この話をしても「へーそうなんだ」以上の会話が生まれたことはないので、わざわざ誰かに話すことはない。学生時代は茶道や華道、歌舞伎などの日本文化を楽しんでいたものの、子育てに追われる今残ったのは小さな茶箱のみ。旅行によく出かけ、好きな場所は海辺のリゾート地。