日本文化の入り口マガジン和樂web
12月5日(日)
慶良間見しが、まつげ見らん(沖縄のことわざ)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
12月3日(金)

慶良間見しが、まつげ見らん(沖縄のことわざ)

読み物
Art
2021.01.05

必見のライブ解説は2021年1月7日19時から!三菱一号館美術館「1894 Visions ルドン、ロートレック展」

この記事を書いた人

東京・丸の内の三菱一号館美術館では2021年1月17日(日)まで、開館10周年を記念し「1894 Visions ルドン、ロートレック展」を開催中です。

本展は、丸の内初のオフィスビルとして建設された旧三菱一号館が竣工した年である1894(明治27)年を軸に、美術館の所蔵作品を代表する画家であるオディロン・ルドンとトゥールーズ=ロートレックに焦点を当てて構成。

ルドンの作品はずいぶん幻想的!どんな人なんだろう?


オディロン・ルドン 石版画集『ゴヤ頌』《Ⅱ. 沼の花、悲しげな人間の顔》 1885年 リトグラフ/紙 27.8×20.6cm 三菱一号館美術館蔵 【展示期間:2020年11月26日(木)~2021年1月17日(日)】

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 《アリスティド・ブリュアン 彼のキャバレーにて》 1893年 リトグラフ/紙 138.2×98.5cm 三菱一号館美術館蔵
ロートレックは画家としてだけでなく、グラフィック・アーティストとしても活躍したんだって。色使いがなんだかオシャレ。

この年は、ルドンが色彩の作品を初めて発表した年で、ロートレックも特に多作な時期(1893-95年)でした。またロートレック、ルドン、ゴーギャンが参加した『レスタンプ・オリジナル』刊行年(1893-95年)とも重なります。

今回の展覧会でも展示されている『レスタンプ・オリジナル』は100部限定の豪華な版画集らしい!


アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 『レスタンプ・オリジナル』《第1年次のための表紙》 1893-94年 リトグラフ/紙 57.6×82.5cm 三菱一号館美術館蔵

また、同時期にはフランスへ留学し、ルドンと同じ師のもとで学んだ山本芳翠が代表作《浦島》を制作しており、日本の洋画家と欧州の美術史の関係にも着目します。

本展は岐阜県美術館との共同企画で、世界有数ともいわれる同館のルドン・コレクションのうち、貴重な木炭とパステル画、ゴーギャンの多色刷りの木版画を中心とした作品群、山本芳翠をはじめとする明治洋画の旗手たちの作品を出品。国内外あわせて140点を超える作品を展示しています(前後期展示替えあり)。

TikTok ライブでフランスを代表する鬼才画家2人を徹底解説!

2021年1月7日(木)19時からはショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」のライブストリーミング機能を用いて、美術館から生配信! 和樂web編集長のセバスチャン高木がナビゲーターとなり、三菱一号館美術館上席学芸員の安井裕雄(やすい・ひろお)氏とルドン、ロートレック2人について解説、美術展の見どころもご案内します。アート好きも、そうじゃない方も必見の内容です!

セバスチャンは絵に込められた秘密にも迫る(予定)って言ってました。


オディロン・ルドン 《グラン・ブーケ(大きな花束)》 1901年 パステル/画布 248.3×162.9cm 三菱一号館美術館蔵 の前で
見上げるほど大きい!110年以上秘蔵されてきた、巨大なパステル画「グラン・ブーケ」の見どころも徹底ライブ!

配信日時・視聴方法

【配信日時】
2021年1月7日(木)19:00〜20:00(TikTokスマホアプリ内にて配信)
※ライブ配信のためアーカイブの視聴はできません

【視聴方法】
①TikTokのスマホアプリをダウンロードします
※TikTok ライブはPCからの視聴はできませんのでご注意ください
②配信日の19:00になりましたら、和樂webのアカウント(@warakuweb)を検索してください
③「LIVE配信中」と表示されたアイコンをタップすると視聴が始まります
和樂web 配信アカウントはこちら

美術館からの生配信は貴重な機会。ぜひご覧ください!

「1894 Visions ルドン、ロートレック展」展覧会概要

会期:2020年10月24日(土)〜2021年1月17日(日)
※前期:2020年10月24日(土) 〜2020年11月23日(月・祝)
後期:2020年11月26日(木)~2021年1月17日(日)
場所:三菱一号館美術館
住所:東京都千代田区丸の内2-6-2
開館時間:10:00~18:00(祝日を除く金曜と会期最終週平日、第2水曜日は21:00まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(祝日の場合と10月26日(月)、11月30日(月)、12月28日(月)、2021年1月4日(月)は開館)、11月24日(火)・25日(水)、12月31日(木)、2021年1月1日(金)
入館料:一般2,000円 高校・大学生1,000円 小・中学生無料
展覧会公式サイト

作品左:オディロン・ルドン 《グラン・ブーケ(大きな花束)》 1901年 パステル/画布 248.3×162.9cm 三菱一号館美術館蔵 作品右:アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 《アリスティド・ブリュアン 彼のキャバレーにて》 1893年 リトグラフ/紙 138.2×98.5cm 三菱一号館美術館蔵