日本文化の入り口マガジン和樂web
5月23日(月)
聖人と我とは類を同じくする者なり(孟子)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
5月18日(水)

聖人と我とは類を同じくする者なり(孟子)

読み物
Art
2022.01.31

27年ぶりの新作を初公開!“比類なき芸術性”に焦点を当てた『楳図かずお大美術展』

この記事を書いた人

恐怖、ギャグ、SF、アクション……。多彩なジャンルのマンガ作品を私たちに届けてくれた、楳図かずお。その名を知らない人はいないでしょう。

子どもの頃、怖くて心臓がドキッとしたけれど、なぜか癖になってしまう!

このたび開催される『楳図かずお大美術展』では、マンガというジャンルだけでは語り切れない、芸術家としての楳図かずおの世界を体感できます。本展ではなんと、27年ぶりの新作を初公開! 『楳図かずお大美術展』みどころをご紹介します。

「マンガ」のドラマ性と「美術」の豊かな感性が一つに

楳図かずおの傑出したマンガ作品は、先見的な世界観、幻視的なビジョンがいたるところに発揮されており、マンガという既存の分野だけでは語り切ることはできません。『楳図かずお大美術展』では、そのような「比類なき芸術性」に焦点を当てました。代表作を通じて、気鋭のアーティストらとともに「楳図かずおの世界」を表現する、今までにない展覧会となっています。

©楳図かずお

4年の期間を費やした、27年ぶりの新作『ZOKU-SHINGO小さなロボット シンゴ美術館』を初公開

©楳図かずお

1990年代の作品『14歳』以来、実に27年ぶりとなる新作『ZOKU-SHINGO小さなロボット シンゴ美術館』。制作に4年の歳月を費やした本作は、1980 年代に描かれた 『わたしは真悟』の続編であり、同時に時空を超えたそのパラレル・ビジョン (並行世界)でもあります。

アクリル絵画で描かれた101点の連作方式をとっており、見ごたえ抜群。全て大迫力の原画で堪能できます。

©楳図かずお/小学館

オープニングセレモニーでは「間違いなくがっかりさせることのない展覧会です。ゆっくり見て、それを家に帰って考えて、楽しんでほしい。そしてそれをぜひ口コミで広めて欲しい!」とファンに向けてメッセージを送った楳図かずお。その世界は訪れた人のみが体感できます!

カフェメニューも見逃せない!

展覧会会場と同フロアにあるカフェ「THE SUN & THE MOON」では、期間限定でコラボメニューが登場! 楳図かずおの世界を目と舌で体感できるコラボスイーツやフード、ドリンクを提供しています。

楳図ハウスパフェ ©楳図かずお
物語の世界に迷い込んだかのようなスイーツ!

『楳図かずお大美術展』詳細

◆展覧会名:『楳図かずお大美術展』
◆会期:2022年1月28日(金)~3月25日(金) ※57日間/会期中無休
◆会場:東京シティビュー
(東京都港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52 階)
◆開館時間:10:00~22:00(最終入館 21:30)
※情勢によりやむを得ず、営業時間に変更が生じる場合や、休業となる可能性も
ございます。
◆料金 :一般 2,200 円/学生(高校・大学生) 1,500 円/子ども 4 歳~中学生 900 円/
シニア(65 歳以上)1,800 円
※屋内展望台入館料含む
※4歳未満無料
※料金はすべて税込です。
※障がい者手帳をお持ちの方(介助者 1 名まで)は無料です。
※本展は事前予約制(日時指定券)を導入しております。
◆主催:東京シティビュー、楳図かずお大美術展製作委員会
◆後援:六本木商店街振興組合、J-WAVE
◆問い合わせ:03-6406-6652(東京シティビュー)
◆公式サイト: 【展覧会公式ポータルサイト】https://umezz-art.jp
【東京会場公式サイト】https://umezz.roppongihills.com
◆公式Twitter:https://twitter.com/umezz_art(@umezz_art)
※本展覧会に関する情報は予告なく変更になる場合があります。最新情報、詳細、
注意事項を公式サイトおよび公式 SNS にて必ずご確認ください。
◆巡回情 報:大阪会場(あべのハルカス美術館)2022 年9月 17 日(金)~11 月 20 日(日)

楳図かずお プロフィール

1936年、和歌山県高野山に生まれ、奈良県で育つ。
小学校4年生で漫画を描き始め、高校3年生の時、『別世界』『森の兄妹』をトモブック社から単行本で出版し、デビュー。『へび少女』『猫目小僧』などのヒット作により、“ホラー漫画の神様”と呼ばれる。『漂流教室』で小学館漫画賞受賞。
一方、『まことちゃん』でギャグの才能も発揮。作中のギャグ、“グワシ”は社会現象となった。このほか、『おろち』『洗礼』『わたしは真悟』『神の左手悪魔の右手』『14歳』など、数多くのヒット作を生み出す。その他、タレント、歌手、映画監督など多数の肩書きを持ち、様々なジャンルで活躍中。2018年、『わたしは真悟』で仏・アングレーム国際漫画祭 遺産賞」受賞。また同年度、文化庁長官表彰受賞。

アイキャッチ画像:楳図かずお 《ZOKU-SHINGO 小さなロボット シンゴ美術館》(一部) 2021年 アクリルガッシュ、紙 ©楳図かずお