日本文化の
入り口マガジン
12月4日(金)
君が誠実なら、靴紐でも音を奏でることができる(ジョン・コルトレーン)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
12月3日(木)

君が誠実なら、靴紐でも音を奏でることができる(ジョン・コルトレーン)

読み物
Art
2018.01.30

「ぼくと酒田」土門拳記念館

この記事を書いた人

2018年4月15日まで、土門拳記念館で「ぼくと酒田」が開催中です。

土門拳誕生の地「酒田」彼が写す「故郷」とは

昭和を代表する写真家、土門拳の故郷である山形県酒田市。彼は6歳のときに酒田を離れた後、長い間、訪れることはありませんでした。しかし、昭和32(1957)年に雑誌の取材で41年ぶりに酒田の地を踏んだ際、幼いころの自分を覚えていてくれた「ふるさと」を実感、そこに暮らす人々をフィルムに収めました。

土門拳記念館土門拳「鉄砲隊のこどもたち」土門拳記念館蔵

この展覧会ではそのとき撮影したモノクロ写真41点及び晩年のカラー6点を展示。伝統の「酒田山王祭り」で獅子頭を画面いっぱいに写した迫力満点の「獅子頭のご巡行」など、土門拳の眼を通して「故郷」への想いに触れてください。

土門拳記念館土門拳「獅子頭のご巡行」土門拳記念館蔵

公式サイト