INTOJAPAN

MENU

ART

10のZEN問答で禅アートを知る!

厳しそうなイメージの禅ですが、
決してそうではありません!

禅問答とは、禅の修行をする僧が悟りをひらくために行う問答ですが、非常に難解なため、何を言っているのかわからないことのたとえとされています。ですが、禅は本来、いたってシンプルにして普遍的なもの。そんな禅の概要を、わかりやすい10のZEN問答でご紹介します。

1 そもそも禅ってなんのこと?

禅は、精神を統一して真理を追究するという意味のサンスクリット語を音訳した「禅那」(ぜんな)の略で、坐禅修行をする禅宗をさす言葉です。禅について書かれた文献はたくさんありますが、簡単に説明すると、自分自身の存在の真実を探すこと。そのために禅僧は修行をするのですが、禅は普段の暮らしの中でも実践できます。みずからを律し、万物に感謝し、ムダを省き、生き方を見つめ直すこと。そんな根本的なことが禅につながります。

RELATED STORY

禅―心をかたちに The Art of ZEN From Mind to Form【必見の展覧会】

2 禅はだれがどこで始めたの?

禅の祖は菩提達磨です。釈迦(にはじまる仏教の正法(正しい教え)を受け継ぎ、28代目となった達磨大師は6世紀の初めごろインドから中国へ渡ります。嵩山少林寺(すうざんしょうりんじ)で9年も坐禅を続けた達磨大師は、経典や言葉、文字に頼らず、師と弟子の直接的な関わりの中でみずからの心を知り、悟りの境地へいたる禅宗を成立させます。その教えが受け継がれ、臨済義玄(りんざいぎげん)を祖とする臨済宗、黄檗宗(おうばくしゅう)、曹洞宗という門派が生まれました。

白隠慧鶴「達磨像」(はくいんえかく だるまぞう)

一休宗純賛・伝曾我蛇足筆「臨済義玄像」(いっきゅうそうじゅんさん・でんそがじゃそく りんざいげんぞう)

3 禅はいつごろ日本に広まったの?

日本に本格的に禅宗が伝わったのは、鎌倉から室町時代にかけてのこと。南宋に渡った栄西が伝えた臨済宗は、中国での系統ごとに大本山14派に分かれ、江戸時代に隠元が伝えた黄檗宗が加わります。また、ひたすら坐禅に打ち込む「只管打坐」を旨とする曹洞宗を道元が伝え、日本には現在、24の流派の禅宗が根づいています。発祥である中国では、明時代以降にすたれ、禅は日本ならではのものとなっています。

RELATED STORY

白隠vs仙厓の禅アートな人生探訪

4 禅はどうして日本で定着したの?

鎌倉時代から室町時代の日本に禅宗が伝わると、その教えは武士から庶民階級にまで広がり、室町幕府は禅宗を保護・統制するようになります。以後、日本各地に禅寺が建てられ、室町幕府のお膝元である京都には南禅寺を頂点とした五山が繁栄。修行や思想はもとより、水墨画や書、作庭など禅にもとづいた文化芸術が盛んになり、やがて茶道へとつながっていきます。このようにして、禅は日本文化の骨格をも形成したのです。

5 禅はどこで教えてくれるの?

禅僧になるには、まず禅寺の弟子になること。それから専門道場に入門して修行することで禅を学ぶことができます。そこまで本格的ではなく、禅宗に触れてみたいと思う人は、坐禅体験や写経体験を受け付けている禅宗寺院に行ってみることをおすすめします。また、禅の修行は日常生活の中でも実践することができるもので、坐禅や写経をはじめ、掃除や勤労奉仕などをとおして、みずから学ぶことが大切だとされています。

仙厓義梵『坐禅蛙画賛』
(せんがいぎぼん ざぜんかえるがさん)
したり顔のかわいいカエルに「坐禅して人が仏になるならば厓菩薩(がいぼさつ)」の賛。坐禅をして仏になれつのなら、1日中坐禅を組んでいる自分だって…という心境か。

6 禅にはどんなアートがあるの?

禅宗では、達磨大師など悟りを開いた祖師が描かれた、悟りへと導くための「禅機図」(ぜんきず)などの絵画が重視されます。また、禅寺の開山の祖を描いた肖像画「頂相」、禅の教えが正しく伝わったことを表す「印可状」や「遺偈」(ゆいげ)などの書が重要で、仏像も独特です。さらに、禅僧が描いた絵や布教のために描かれた「禅画」も禅ならでは。禅宗寺院の方丈の障壁画の作者には狩野派をはじめとした錚々たる絵師が筆をとっています。

RELATED STORY

ヘタうま?禅の心! 日本美術のニューアイドル〝仙厓〟降臨!@出光美術館

7 禅画ってどんな絵?

禅の絵画で代表的なものに、祖師たちが悟りを開くきっかけとなった場面や高僧と俗人が問答する場面を描いた、中国からもたらされた「禅機図」があります。江戸時代になって一般庶民にも禅が広がると、禅機図の漢詩は難しいので、だれもが禅の教えを理解しやすいように用いられたのが「禅画」。禅機図の題材をわかりやすく、また、寓話などを取り入れて、ユニークなタッチで描かれていることも禅画の特徴です。

8 だれがどこで禅画を描いたの?

禅画の描き手は禅僧。余技として、また楽しみとして描かれた禅画には、優れた書がしたためられているのも面白いところです。禅画の名手としては、臨済宗中興(りんざいしゅうちゅうこう)の祖である高僧・白隠慧鶴と、博多の聖福寺(の住持であった仙厓義梵(せんがいぎぼん)が双璧。駿河国の出身で全国を行脚した白隠の禅画は全国の臨済宗の寺院で見られ、博多の町衆に慕われていた仙厓は求められればいつでも禅画を描いたそうで、多くの作品が残されています。754c3cf95e65ef58ead54b782ccb5a51

9 禅画の上にある文字にはどんな意味があるの?

絵の中に書かれた文字は「賛」と呼ばれ、禅機図では高僧と弟子の問答の「公案」などが漢語で書かれています。禅画の場合は、ひらがなやカタカナを交えて、一般庶民でもわかりやすく書かれているのが特徴です。しかし、そこに書かれた内容は必ずしも絵の説明ではなく、まさに禅問答のよう。ちょっと考えてみないとわからないものが多いのも禅画ならではで、絵と照らし合わせてその意味を考えるところに意味があるのです。

RELATED STORY

禅の至宝!国宝「瓢鮎図」に書かれているのは、大喜利!? 知恵くらべ!?

10 禅や禅画は海外でも有名?

海外で日本の禅文化が知られるようになったのは、仏教学者・鈴木大拙が禅についての自著を英訳して多数出版したことによるところが大きく、アメリカでは1960年代にZENブームが起こっています。禅はひとつの思想として宗教の枠を超えて欧米全体に広がり、アップル創業者スティーブ・ジョブズをはじめ多くの人に愛されてきました。また、白隠の禅画は海外の日本美術コレクターに大評判。ZEN人気は今や、世界的!

最新の記事

北斎の本名は「川村鉄蔵」、生涯引っ越し93回!天才絵師の人生とは?

京都でNY気分?プライベートな空間で鱧しゃぶ?- 美味京都ガイド

晩年の山水画も!「国宝展」に雪舟の国宝、全6件集結

和食はもちろん、洋食も!京都下京区で味わう名店- 美味京都ガイド

NEXT