和樂×川尻潤「ROCK茶碗 銘 南蛮」

和樂×川尻潤「ROCK茶碗 銘 南蛮」

茶の間ラボとは?
陶芸家・川尻潤作「ROCKな抹茶碗」
日本の伝統技術を新しく表現する。そんな革新的でかっこいいロックな茶碗をつくりたい! 京都の陶芸家・川尻潤が叶えてくれました!
もっと見る

目次

16世紀後半に来日した、南蛮人の衣装が発想の源。その様子は絵師・狩野内膳の屏風画などにも描かれている。かつて織田信長が夢中になったように、派手で斬新なデザインや柄を身につけるのは当時のロック魂ではないかと想像し、それを茶碗に仕上げた。

抹茶碗約口径13.5×高さ9.5㎝。陶器。桐箱(箱書き付き)付属。日本製。[限定数1]

黒と白、それに加わる金とのコントラストが重厚な華やぎを醸している。しかしながら、どこか女性らしさも漂わせるのは、全体がシックな色使いだから。高台に「Jun」のサイン入り。

抹茶碗南蛮衣装の派手さはまさに前衛的。穴の開いた器は仁清の作品にも。

「ROCK茶碗」制作秘話はこちらから!

和樂×川尻潤「ROCK茶碗 銘 南蛮」
価格:174,960円(税込・送料無料)
[限定数1]
約口径13.5×高さ9.5cm。陶器。桐箱(箱書き付き)付属。日本製。
ご購入はこちらから!

和樂×川尻潤「ROCK茶碗 銘 南蛮」
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする
茶の間ラボとは?

プロジェクト紹介

陶芸家・川尻潤作「ROCKな抹茶碗」
日本の伝統技術を新しく表現する。そんな革新的でかっこいいロックな茶碗をつくりたい! 京都の陶芸家・川尻潤が叶えてくれました!

このプロジェクトのエピソード