日本文化の
入り口マガジン
2月25日(木)
恋しという気持ちは目の前にないものに対しておこるもの。
(古今和歌集岩波文庫脚註より)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
2月25日(木)

恋しという気持ちは目の前にないものに対しておこるもの。
(古今和歌集岩波文庫脚註より)

読み物
Culture
2020.07.01

漢字クイズ!「芸」と「藝」このふたつの違いを説明できますか

この記事を書いた人

「藝」という字の真ん中の難しいところをスポーンと外すと「芸」になります。そのため、「芸」は「藝」の略字として認識されていますが、もともとは別の意味を表す漢字だったことを知っていましたか?

「藝」と「芸」のもつ深~い歴史と意味をご紹介します!

藝と芸の意味は?

「藝」という漢字は、草木の苗を植えている様子を表しています。そこから「幼い頃から教育の種を蒔くことで、豊かな教養が身に付きいずれ花開く」といった意味をもつようになりました。

それに対し「芸」という漢字はもともと農業用語。防虫効果のある強い臭のミカン科の植物と、「草を刈り取ること」を意味します。読みも「ゲイ」ではなく「ウン」「くさぎる」です。

ちなみに「芸」の方が当用漢字になったのは、昭和21年のことです。当用漢字については次項で説明しましょう。

戦後、漢字廃止の危機があった!

「当用漢字」とは「当面の間用いる漢字」という意味です。当面とはいつまでなのかと言うと、第二次世界大戦後から漢字を廃止するまでの期間。なんと、日本では漢字廃止の危機があったのです!理由は、漢字が難しすぎて識字率を下げている、とGHQから指摘があったからだと言われています。

しかし、漢字と識字率に因果関係がないことがわかり、「当用漢字」は廃止され、昭和56年に「常用漢字」と名を改めることとなりました。

この「当用漢字」は、膨大な量がわずか11日で告示されています。そのため「藝」と「芸」の意味を考えている暇などなかったのかもしれません。「あっ、藝の真ん中の難しいところ取ったら芸になるじゃん。はいこれで決定!次次!どんどんやるよ!」そんな雰囲気だったのでしょうか。

「藝術」という言葉は明治時代につくられた

藝が芸になる前、「藝術」という言葉がつくられたのは明治時代のこと。つくった人物は、徳川慶喜の側近だった西周(にし あまね)だと言われています。artという単語を日本語に表す際、「藝術」としたのです。

西周はこのほかにも、哲学・理性・心理学・意識・命題など、さまざまな英単語を日本語で表現しています。

現代は、リスケ・アサイン・アポ・インスピレーション・エンドユーザーなど、多種多様なカタカナ言葉が使われています。これを西周のように2~3の漢字の組み合わせからなる単語に置き換えるとなったら、あなたはどのように表現しますか?

書いた人

大学で源氏物語を専攻していた。が、この話をしても「へーそうなんだ」以上の会話が生まれたことはないので、わざわざ誰かに話すことはない。学生時代は茶道や華道、歌舞伎などの日本文化を楽しんでいたものの、子育てに追われる今残ったのは小さな茶箱のみ。旅行によく出かけ、好きな場所は海辺のリゾート地。