日本文化の
入り口マガジン
11月25日(水)
権威は尊敬に値しない(ファインマン)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
11月25日(水)

権威は尊敬に値しない(ファインマン)

読み物
Culture
2020.11.15

お嬢さん名前教えてよ~♪奈良時代の和歌集『万葉集』は天皇のナンパから始まるって知ってた!?

この記事を書いた人
この記事に合いの手する人

この記事に合いの手する人

『万葉集(まんようしゅう)』は、奈良時代に編纂された和歌集です。収載された和歌の数は、約4500首。

4500? そんなに収録されてるの!?

その一つひとつを紐解くと、7~8世紀に生きた日本人の、生き方・感じ方がリアルに聞こえてくるかのようです。

……ということなのですが、多くの方にとって『万葉集』なんてサッパリわからないし、どうでもいい。そんな存在なのではないかと思います。

はい。正直どうでもいいって思ってました。

でも実は、かなりセクシーなやり取りが多い和歌集なんです! ページを開くと、なんと!! 『万葉集』は天皇の“ナンパ”からスタート! 

え、チャラいじゃん!

意外すぎるその内容をご紹介します。

雄略天皇の「圧が強い」ナンパ

『万葉集』っていう名前からして堅苦しい! 一体最初にどんな難しいことが書かれているんだ! そんな期待を良い意味で裏切ってくれるのが、冒頭を飾る雄略天皇が詠んだとされる歌です。

まずは原文をご紹介します。

籠もよ み籠持ち ふくしもよ みぶくし持ち
この岡に 菜摘ます児 家告らせ 名告らさね 
そらみつ 大和の国は おしなべて 我こそ居れ 
しきなべて 我こそいませ
我こそは 告らめ 家をも名をも

雄略天皇

???

サッパリわけがわからないと思いますが、このような意味です(私の意訳も含まれています)。

若菜摘んでるお嬢さん! いい籠とへら持ってるね!
ねぇねぇ家どこ? 名前なんて言うの?
え~教えてくれないの?
実は、この国は私が治めている国なんだよね。
そっちが言わないなら、私から言ってもいいけど?

と、こんな感じです。

当時、女性の本名は非常にプライベートなもので、結婚する男性にしか教えませんでした。つまり、この歌は求婚の歌なのです。

いきなりナンパされた若菜を摘んでいるお嬢さんは、もちろん本名を明かしません。そこで雄略天皇は「実は自分、国治めてるんだよね~」と、天皇という最高権力者であることを匂わせています。

うわぁ...こういう男いるわ〜。

このように、かなり強引なナンパから『万葉集』はスタートするのです。

雄略天皇は女好き&ルーズだった?

第21代天皇に数えられる、5世紀後半に在位した雄略天皇。数々の伝承が残っていますが、その中には「女好きだった」という話も。しかも結構いい加減だったようで、川で洗濯していた女の子と結婚の約束をしたのに、すっかり忘れて80年も待たせたこともあったのだとか(むしろ思い出したのがスゴイ……)。

いや忘れるわ!普通。

(それにしてもこの記事に入ってるイメージ画像、妙にセクシーだな)

当時は天皇が多妻なことは子孫の繁栄、さらには国の発展をも意味したので、万葉集の成立した8世紀の人々は、雄略天皇を魅力的な天皇としてとらえていたのでしょう。

そのため、この歌を冒頭にもってきた理由には、雄略天皇の歌を載せることによる『万葉集』の権威付けなど、さまざまなことが考えられています。

『万葉集』はセクシーなんだ!

いきなりナンパからスタートした『万葉集』。この後も次々と恋愛の歌が続きます。

もっと知りたくなった!

『万葉集』に収載された約4500首の中には、恋愛以外の歌もありますが、今後はもっとセクシーな歌をピックアップしていきたいと思います! ドキドキする色っぽいやりとりや下ネタも楽しめる「セクシー万葉集」どうぞお楽しみに!

参考文献
日本古典文学全集『万葉集』小学館
『みんなの万葉集』上野誠著 PHP研究所

書いた人

「下ネタは人類の共通言語だ」をモットーに、下ネタを通して日本の歴史の面白さを伝える。中の人は女子校育ちの耳年増。男の目の届かない花園で培った下ネタスキルを活かしたい。

この記事に合いの手する人

我の名は、ミステリアス鳩仮面である。1988年4月生まれ、埼玉出身。叔父は鳩界で一世を風靡したピジョン・ザ・グレート。憧れの存在はイトーヨーカドーの鳩。