300以上のグッズが集結! 8/10(土)から開催「ゲゲゲの妖怪100物語」@池袋

300以上のグッズが集結! 8/10(土)から開催「ゲゲゲの妖怪100物語」@池袋

目次

妖怪ファン必見。2019年8月10日(土)から東京・池袋サンシャインシティで開催される注目のイベント「ゲゲゲの妖怪100物語」をご案内します。

「ゲゲゲの妖怪100物語」とは、どんなイベント?

「ゲゲゲの鬼太郎」でおなじみの漫画家、水木しげる。水木しげるが描き出した妖怪たちは、怖いけれども、どこか愛嬌があって憎めない存在として、世代を問わず愛され続けています。このイベントでは、水木しげるの妖怪世界を様々な角度から体感することができます。300以上のオリジナルグッズや「XRアート体験ゾーン」など、楽しみが目白押しです。

オリジナルグッズが300アイテム以上!

イベントの特設ショップ「妖怪百貨店」では、ゲゲゲの鬼太郎をはじめ、人気の妖怪をモチーフにデザインした、多数のイベントオリジナルグッズを含む、300アイテム以上が販売されます。もふもふっとした手触りのぬりかべクッションや、ねずみ男をモチーフにした抱きまくら、トイレットペーパーにおなじみの妖怪をデザインした「日本妖怪巻紙ペアセット」など、ユニークなグッズが登場します。

手染めてぬぐい(税込各1,620円)

カフェオレマグ(一反もめん)(税込1,512円)、妖怪湯のみ(税込1,188円)

鬼太郎ちゃんちゃんこ 大人用(税込3,780円)、日本妖怪巻紙ペアセット(税込 540円)

鬼太郎の世界を感じられるXRアート体験ゾーン!

さらに、このイベントでは、XRデジタルアートプロジェクト「魂とアート」の展示も決定。「ゲゲゲの鬼太郎」がもつ日本ならではの世界観をVRで疑似体験できるVRアート体験「魂の送り火」(有料)、3Dで体験できる3Dアート体験「魂の行方」(有料)が実施されます。

VRアート体験「魂の送り火」では、ゲゲゲの森に迷い込み、妖怪たちに出会いながら元の世界を目指します。また、3Dアート体験「魂の行方」ゲゲゲの森に迷い込んでしまった男が数々の奇妙な出来事を目撃して…というミステリアスなストーリー。子どもはもちろん大人も楽しめる体験イベントです。

「ゲゲゲの妖怪100物語」開催概要

■会期:2019年8月10日(土)~8月26日(月)※会期中無休
■会場:池袋 サンシャインシティ 文化会館ビル2F 展示ホールD
■時間:11時00分~20時00分(最終入場19時30分)
■企画監修:㈱水木プロダクション
■入場料:一般(大学生以上)1,500円(当日1,700円)
小人(5歳~高校生)1,000円(当日1,200円)
★お得なペア券(大人)2,800円(当日3,000円)※PGのみ販売
■公式サイト:http://gegege-youkai.com/

©水木プロダクション ©水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション ©Gugenka

300以上のグッズが集結! 8/10(土)から開催「ゲゲゲの妖怪100物語」@池袋
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする