え、徳川家康を育てたのって今川義元なの?「敗者」義元は優秀な戦国大名だった!?

え、徳川家康を育てたのって今川義元なの?「敗者」義元は優秀な戦国大名だった!?

目次

歴史には必ず「敗者」が存在する。が、「敗者」と「愚者」はイコールではない。

西日本では最近、三好長慶の再評価が進んでいる。重商主義や外来の新興宗教だったキリスト教の布教許可など、のちの織田信長に先んじた政策を長慶は打ち出していた。しかし、三好家は最終的には敗退した勢力。故に我々現代人は三好家に対して「足利将軍家を私物化した悪党」というイメージを抱きがちだ。

そしてそれ以上に気の毒なのは、今川義元である。誰しもが知っている桶狭間の合戦以降、義元について回ったイメージは「貴族の物真似をする弱体化した大名」というものだった。

が、イメージはやはりイメージに過ぎない。

壮絶な家督争いを勝ち抜いた今川義元

2017年のNHK大河ドラマは『おんな城主直虎』だった。

浜名湖周辺に本拠地を置く井伊氏は、今川の従属勢力だった。駿河、遠江、三河を手中に収め、近隣の強豪大名である北条や武田とも互角に渡り合える実力を有する今川。その頂点に君臨する「太守様」は、静岡市出身の落語家・春風亭昇太演じる今川義元だ。

貴族の格好をした大名は、裏切りや内応を決して許さない。それが発覚すれば、誰であろうと容赦なく斬り捨てる。義元の目は笑いを知らない。駿河の妖怪は東海道沿いの諸国を従え、いよいよ尾張に恐るべき大軍を向けるのだ——。

今までの「軟弱な大名」とは一線を画す義元である。

そもそも、史実の義元も決して「坊ちゃん」ではない。今川氏親の五男として生まれたため、当初は彼が家督を継ぐとは誰も考えていなかった。何事もなければ、義元は僧侶として生涯を全うしたはずである。

ところが、家を担うべき兄が次々と死んだ。急遽家督が義元の手に回ってきたのだ。だがそれは、異母兄との血みどろの戦いを意味する出来事でもあった。今川の家督を巡る「花倉の乱」は、義元が兄の玄広恵探(げんこうえたん)を自害に追い込む形で決着した。

それだけの経歴を持つ人物が、「軟弱な大名」であるはずがない。

今川義元の巧みな政治手腕

1560年の桶狭間の合戦は、確かに今川の弱体化のきっかけになった出来事だ。それから8年後、武田信玄が駿河に侵攻して大名家としての今川はあっさり滅んだ。

だが逆に言えば、義元が生きている間はあの武田信玄でも駿河に踏み入ることはできなかったのだ。東から北条の進撃に晒されたこともあったが、巧みな外交手腕でその危機を見事乗り切っている。

さらに付け足せば、義元死後8年は彼の実母である寿桂尼(じゅけいに)が次代当主今川氏真を補佐した。というよりも、武田との外交では寿桂尼が先頭に立って関係維持に奔走した。この時の寿桂尼の年齢は80代だった可能性があるというから、とんでもない婆さんである。

世界のどの国でも、名君の基準は「どれだけ領土を拡大したか」である。領土を広げるには大軍を編成しなければならず、大軍を編成するには政治基盤を確立しなければならない。義元には、それを実行できるだけの能力があったのだ。

今川義元生誕500周年「復権まつり」も開催

静岡市では、今川義元の再評価が進められている。

2019年は、今川義元生誕500周年に当たる。5月には駿府城公園で『今川復権まつり』というイベントが催された。名前の通り、今川義元の再評価を促す目的だ。やや自虐的な気もするが、こうした取り組みが実を成しているのも確か。ゆるキャラの「今川さん」も頑張っている。

学校で教わる歴史とは、全国視点の政治史である。だがそれとは違う郷土史が、現代人の心を捉え始めているようだ。

今川義元にしろ三好長慶にしろ、日本全体に長期的な影響を与えた人物ではない。しかし、彼らはいずれも意外な形で驚くべき功績を達成しているのだ。単に我々現代人が、それに気づかなかっただけである。

三好長慶は、結果として織田信長にバトンを渡すような形の執政を敷いた。では、今川義元は誰にバトンを渡したのか?

天下人を育てた今川義元

三河の一豪族に過ぎなかった松平氏出身の竹千代は、人質として駿河に送られた。

もっとも、人質とはいっても今川からすれば「未来の家老候補」であり、今風に言えば士官候補生だ。将来は今川の家臣として働いてもらわないと困る。竹千代は今川の軍師である太原雪斎(たいげんせっさい)に預けられ、臨済寺で修行を積むことになった。

当時の寺社は軍事学院のような側面を持っていた。今川は竹千代に対し、与えられるだけのエリート教育を施した。今川を守護する軍人に育てるためである。竹千代が成長して元信と名乗るようになると、彼に刀と鎧も与えた。鎧はわざわざ彼のために誂えさせたものだ。

今川のお膝元で英才教育を受けた元信は、やがて徳川家康としてその名を日本史に刻むことになる。

今川での人質時代が己を形成したということは、家康本人もよく心得ていたようだ。臨済寺は徳川の世を迎えた後も、幕府から保護され続けた。それは今川がなければ徳川もなかったことを、2世紀半に渡る超長期政権の創設者が骨の髄まで理解していたからではないか。

現代の静岡市は、「駿河の太守様」の復権に一丸となっている。

え、徳川家康を育てたのって今川義元なの?「敗者」義元は優秀な戦国大名だった!?
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする