日本文化の入り口マガジン和樂web
12月7日(水)
神はあんたが図書館に座ってるために太陽を創ったんじゃないの、マーシー。(ペパーミント・パティ/スヌーピー)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
12月5日(月)

神はあんたが図書館に座ってるために太陽を創ったんじゃないの、マーシー。(ペパーミント・パティ/スヌーピー)

読み物
Culture
2022.04.05

きたもっちゃん(仮)の彼氏は?匂わせ投稿も?衝撃写真やプロフィールまとめ【2022最新】

この記事を書いた人

土偶界に彗星の如く現れたニューアイドル、きたもっちゃん(仮)。プロフィールによると、年齢は3,000歳とのこと!! その個性的なキャラクターとあまりのかわいさに、今ファンになってしまう人が続出しているとかいないとか!

そんなきたもっちゃん(仮)に「彼氏がいるのでは?」という情報をキャッチしたので、調べてみました。出身地などプロフィールと合わせてご紹介します!

どうも、きたもっちゃん公式マネージャーの安藤です。こういう話は事務所を通してくれないと困るなー!!

きたもっちゃん(仮)の出身地は? 出土した時の写真がヤバイ!

きたもっちゃん(仮)の出身地は、埼玉県北本市にある宮岡氷川神社前遺跡とのことです。きたもっちゃん(仮)が出土した際の貴重な写真を入手しました!!



にっこり微笑むチャーミングな笑顔が素敵! 出土した時は、きっと大きな歓声が上がったことでしょう。

埼玉県北本市は、関東最大級の環状集落「デーノタメ遺跡」があるので、きたもっちゃん(仮)の他にもたくさんの貴重な土偶や土器が発見されているようです。デーノタメ遺跡について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

100年に1度の大発見?関東最大級の環状集落「デーノタメ遺跡」は縄文のタイムカプセルだ!【埼玉】

きたもっちゃん(仮)の年齢は本当に3,000歳?

きたもっちゃん(仮)の年齢は3,000歳とのことです。そんなに長生きすることは不可能なので「不思議ちゃんキャラなのかな」と思って調べてみたところ、きたもっちゃん(仮)は縄文時代に作られた土偶なので、本当に3,000歳くらいの年齢のようです。

はい、正真正銘の3000歳です!


不思議ちゃんキャラではなくて、本当にそのくらいというのがびっくりですね。ただ、こんな情報もあります。

遡ること、およそ1万年。なんと縄文時代早期から、北本は「住みやすいまち」として集落が形成されていたのです。とくに5000年前、中期の賑わいはまさに「縄文銀座」! 太古の昔の北本は、どのような姿だったのでしょうか?
出典:感度の高い縄文人が集う、埼玉県北本。1万年前からずっと住みやすいまち「縄文銀座」で銀ぶらしてみた

1万年前から北本市は賑わっていたので、もしかしたらきたもっちゃん(仮)はさばを読んでいて、3,000歳より年上かもしれません。

あ、えっと……「約」3000歳なので……まあ年代測定は方法によって多少の誤差があるし……ゴニョゴニョ

きたもっちゃん(仮)の声がカワイイ!?

こんなにかわいいきたもっちゃん(仮)。声はどんな感じなんでしょう? 調べてみたところ、和樂webの音声コンテンツ「旅DEラジオ」で聞けるようです! めっちゃかわいくてびっくりしました。

でしょ!? かわいいんです、うちのきたもっちゃん!! ご贔屓のほどどうぞよろしくお願いします。

気になる彼氏は? 匂わせ投稿も?

きたもっちゃん(仮)には、和樂web編集長・セバスチャン高木とのデートや交際疑惑があります。

あ、ダメダメ! この記事誰か差し止めてー!! 弁護士さん呼んでー!!

▼交際匂わせ!? デート疑惑記事はこちら
ああっ、そんな奥まで見せちゃうの…?縄文の女神3Dデータ化ものがたり【vol.1 データ取得編】

でも、デートは約束だけで、実際に一緒に研究所に行ったわけではなさそうです。この紛らわしい記事のせいで、憶測が広がったのかもしれませんね。ただセバスチャン高木編集長はたびたび北本市を訪れているので、もしかしたらこっそり会っているのかもしれません! きたもっちゃん(仮)はアイドルなので、そこのところは謎に包まれています♪

というわけで、きたもっちゃん(仮)の彼氏は、調べてみたけれどわかりませんでした。でもこんなに見た目も声もカワイイなら、世界中からモテモテなんでしょうね! 今後のきたもっちゃん(仮)の活躍に期待です!

まとめ

今回は芸能人の情報まとめサイトのように執筆してみましたが、いかがでしたか?

でましたー! ネットでよく見る「いかがでしたでしょうか構文」!!

今後もきたもっちゃん(仮)の情報をどんどんご紹介していきます!

最後に、YouTubeが公開されたのでぜひ見てください(これが本題であったのでした)。

書いた人

大学で源氏物語を専攻していた。が、この話をしても「へーそうなんだ」以上の会話が生まれたことはないので、わざわざ誰かに話すことはない。学生時代は茶道や華道、歌舞伎などの日本文化を楽しんでいたものの、子育てに追われる今残ったのは小さな茶箱のみ。旅行によく出かけ、好きな場所は海辺のリゾート地。