INTOJAPAN

MENU

CULTURE

知らなかった! “刀” が語源のことば

普段、生活の中でなにげなく使っている言葉の中には、日本刀に関する言葉が語源となっているものがたくさんあります。今回は、そんなカタナ語をちょっとご紹介。本来の意味を知ることで、今までと言葉の使い方が変わってくるかもしれません。

【相槌をうつ】

刀工が交互に槌(つち)を打ち合わすことから転じて、相手に同意を示すこと。

【おりがみつき】

本阿弥家(ほんあみけ)が刀に鑑定書(折紙)を付けたことから、間違いないモノを指す。

【しのぎを削る】

鎬(しのぎ)=刀と刃の間の稜線。鎬が削れるほどの斬り合いが転じて、激しい争い。

【真打ち】

御神刀(ごしんとう)を打つ際、一番よい刀が真打(しんう)ち。転じてその世界で一番格上の者。

【すっぱぬく】

すっぱ=忍者。忍者が刃物を不意に抜くさまから秘密を暴(あば)くことをいう。

【せっぱつまる】

せっぱとは鐔(つば)を押さえる金具。身動きできないほど追いつめられた状態。

【そりが合わない】

刀と鞘(さや)の反り具合が合わないと鞘に収まらない。転じて気が合わない様。

【単刀直入】

刀一口で単身敵陣に斬り込むことから、前振りなしで本題に入ること。

【付け焼き刃】

刃を失った刀に焼き刃だけを足す風習から、急場しのぎで習得するさま。

【とんちんかん】

トンテンカンという槌音がこう聞こえたことから、辻褄(つじつま)が合わない様子。

【めぬき通り】

目貫(めぬき)とは柄(つか)の中央を留める飾り金具。転じて、町の中央のにぎやかな通り。

【焼きを入れる】

刃物を焼き鍛えることから、人に活を入れたり制裁を加えたりすること。

【やさぐれる】

やさは鞘(家)のこと。鞘から外れることが転じて、家出・投げやりなさま。

知らなかった! “刀” が語源のことば名物 三日月宗近(めいぶつ みかづきむねちか)[太刀 銘 三条]国宝 平安時代 刃長80.0㎝ 東京国立博物館 Image:TNM Image Archives

最新の記事