INTOJAPAN

MENU

CULTURE

ニッポンの心「畳」。日本文化との深く長い関係とは?

日本で生まれ育った「畳」という文化。そして、茶道、華道、柔道など、「道」がつく日本文化の根底を成しているのが居住まいを正して座ること。それは畳の存在なくては語れません。しかし現代の住宅事情において、畳のある生活は影を潜めてきています。今こそあらためて、畳と日本文化の深く長い関係について、考えてみませんか。

思えば日本文化は「畳」とともにありました

現存最古の絵巻「源氏物語絵巻」には、畳が細やかに表現されていました。ここから、平安時代の宮廷生活には、すでに畳が一部敷かれていることがわかります。「東屋」の帖を見ると、高位の人がいる奥の部屋の畳縁(たたみべり)は繧繝縁(うんげんべり)、手前の部屋の畳縁はその下の位の高麗縁(こうらいべり)と、地位により柄が違うことまで描写されているのです。

京都御所や国宝にも!

京都御所内で畳文化の歴史を色濃く残すのは、「昼御座(ひのおまし)」。儀式の際などに天皇が御座された厚畳が見受けられます。畳がまだ部屋に敷き詰められるものとなる以前の、上流階級社会でしか使用されていなかったころの貴重な資料。畳縁は、最も位の高い繧繝縁。

ニッポンの心「畳」。日本文化との深く長い関係とは?

茶人・千利休が設計に携わったとされる、現存唯一の茶室 国宝「待庵(たいあん)」。華美な装飾を省き、簡素を極めた二畳の空間だからこそ、畳の存在が際立ちます。贅沢ではないけれど豊か。そんな“わび”の心が、この茶室には込められているようです。

ニッポンの心「畳」。日本文化との深く長い関係とは?撮影/岡本写真工房(岡本茂男)

もちろん浮世絵にも!

幕末から明治期にかけて活躍した浮世絵師・月岡芳年(つきおかよしとし)晩年の傑作「月百姿」には、畳が描かれています。「名月や畳の上に松の影 其角」は、畳に松の木の影を映し出すことで、月を描かずとも月明かりを想像させるという大胆な構図に。

ニッポンの心「畳」。日本文化との深く長い関係とは?月岡芳年「月百姿」国立国会図書館

感動の瞬間は畳の上で

’84年ロス五輪の男子柔道決勝。右足を痛めていた山下泰裕選手と、そこを狙わなかった相手選手のフェアプレイに、世界中が涙しました。スポーツマンシップが話題の昨今、畳の上で大和魂について考え直したい! ちなみに厳密に言うと、現在柔道で使われているのは畳を模したマットです。

ニッポンの心「畳」。日本文化との深く長い関係とは?朝日新聞社/PPS通信社

日本で生まれ発展した「畳文化」の歴史

畳は日本で生まれ育ち、発展してきた固有の文化。古くは奈良時代の「古事記」に畳の記述はあり、今日まで、畳文化は引き継がれています。

最初はござのようなものを重ね、寝具としていましたが、平安時代になると、畳は上流階級における権力の象徴へ。「置き畳」のようなものを必要な場所に置いたり、部屋の一部に畳を敷いていたようです。畳縁もまた、位によって使用できる素材や柄が定められていました。

その後、室町時代から安土桃山時代にかけての茶道の発展により、日本建築が大きく変化。茶室や四畳半という概念が生まれ、畳は部屋全体に敷き詰める様式に。合わせて日本人は正座をするようになりました。つまり畳が「正座」という座り方を確立させたのです。茶道のほかにも書道、華道、柔道など、日本に根づく「道」がつくものはすべて畳と深いかかわりが。畳が日本人の精神をつくり上げた基盤と考えられます。

しかし近年再び、畳が日本人の生活から縁遠くなっています。欧米的な暮らしは便利ですが、日本人なら、畳の上で過ごす穏やかな時間も忘れたくありません。い草の青々とした香り、足を乗せたときの優しい風合い。だれもが感じる一種の懐かしさはつまり、日本らしさ、なのでしょうか。時代を経てその形や様式は変わっていますが、いつでも、敷いているのは「ニッポンの心」なのです。

ニッポンの心「畳」。日本文化との深く長い関係とは?「人倫訓蒙図彙」(部分)国立国会図書館/江戸時代前期の生活を図解した風俗事典「人倫訓蒙図彙」に登場する畳師。針を持って畳縁を取り付けている様子がわかる。

和樂謹製 史上最強の「置き畳」販売中!

普段の暮らしに“畳”を気軽に取り入れてほしい。そんな思いでつくったのが、和樂オリジナルの置き畳「ちょい畳」。名前には「ちょい」とつくけれど、仕様は本格的、そして最新なのです。ぜひチェックしてみてください!

詳しくはこちらから

最新の記事