日本文化の入り口マガジン和樂web
9月17日(金)
生涯をかけて学ぶべきことは、死ぬことである(セネカ)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
9月16日(木)

生涯をかけて学ぶべきことは、死ぬことである(セネカ)

読み物
Culture
2019.12.27

動物戦国武将占い【チーター】乱世に秩序回復を目指した最強武将、上杉謙信型の性格とは!?

この記事を書いた人

和樂webオリジナル「動物戦国武将占い」(診断結果一覧はこちら)。上杉謙信型の性格は…!?

上杉謙信ってどんな人?

1530~78年。はじめは長尾景虎と名乗り、上杉家を継いで名を政虎、次いで輝虎に。謙信は法号。越後 (現、新潟県)出身。軍神毘沙門天を信仰し、「越後の龍」「毘沙門天の化身」と怖れられました。上杉憲政より関東管領職を譲られ、関東甲信の秩序回復のため武田信玄、北条氏康らと戦います。特に信玄との5回に及ぶ川中島合戦や、17回もの関東出兵は有名。織田信長軍を手取川の合戦で破り、上洛への道を開いた直後に急逝。

チーター・上杉謙信型の性格

戦国最強武将ともいわれる上杉謙信。このタイプのあなたもなかなか強いです。まず、攻撃力が抜群。 現代は戦国ではないので合戦ではなく、攻撃力や強さを発揮するのは思考や人間関係においてです。頭の回転が早く、はじめてのことでも感覚ではなく理屈で考え超速で理解します。企画やマーケティング、データサイエンスなどに向きます。研究者や言論人なども適職です。戦略家なので、人を巻き込んで大きなプロジェクトを動かすことも得意。目的ができれば誰よりも集中力を発揮し、猛烈に努力して結果を残します。
それから、どちらかというと理系寄りの人が多く、数字に強いという特徴があります。筋道を立てて考え、「これはいいものだ」と自分の頭で納得できたものやことはすばやく取り入れていきます。こうした理知的な性質のため、毒舌家や嫌味や批評家タイプになりやすいので要注意。
このタイプが最強の力を発揮するのは、目的ができたとき。自分や家族のため、社会のためなどなんでもよいのですが、とにかく目的を重視します。

チーター・上杉謙信型の弱点

攻撃力に優れている一方で、防御は苦手な傾向があります。基本的にどんなこともすばやく理解しますが、自分なりの意義を見出せないことは視界にも入りません。人が楽しそうに何かを説明していても、 興味がないと上の空です。
思ったことをすぐに口に出してしまうところがあります。人を傷つける意図がなくとも、理詰めで欠点を指摘してしまったりして誤解を招きやすいのです。言った本人に悪気がなくても相手は大ダメージ。「あんなことを言わなければよかった」とあとから自己嫌悪に陥ることもしばしば。思いつめ考えつめた結果、致命的な言葉を発することもあります。

チーター・上杉謙信型の開運キーワード

目標意識

上杉謙信は、周囲の敵対勢力が領地拡大を目指す中、助けを求めて来た弱者に手を貸し、自分の損得を抜きにして戦うタイプ。そこには「秩序回復」という目標があったからです。 このように、確固たる目標を設定すれば、それに向かって頑張れます。目的がないと精神不安定になり やすいので、常に自分なりの目的を探し、追及する生き方が似合っています。

協力者

このタイプの人は行動力はありますが、単独行動には向きません。信頼できる人が協力してくれると、能力を最大限に発揮できます。

不屈

関東の諸将は、謙信が越後より駆けつけると謙信になびき、謙信が越後に帰ると北条になびくというように、離合集散を繰り返しました。謙信は離反した武将は徹底的に攻め、降伏すれば許しています。特に唐沢山城の佐野昌綱は反覆常ならず、その都度、謙信は攻略しました。不屈の精神は周囲と断絶してまでも目的に向かって突き進みます。不屈の精神こそ、あなたの最大の武器なのです。

動物戦国武将占い 診断はこちら

自分のタイプを診断する

この占いは四柱推命をベースに多様な占術を取り入れたものです。戦国武将タイプは、諸説があるため生年月日から算出せず、戦国武将の史実や伝承から関連づけて12タイプを作成しました。楽しく読みつつ、「自分」を知り「開運」するためのツールとして役立てていただくために、おもしろい史実も盛り込んでいます。人にはさまざまな面があり、この占いでわかるのは性格や宿命の一部です。とはいえ、毎年毎月変わる運勢とは違い、一生つき合う「本質」です。弱点を知り言動を客観視する、長所を職業選択や人間関係に活かすなどして、お役立てください。

占い監修・ユキムラ 
歴史監修・辻明人