日本文化の
入り口マガジン
11月25日(水)
権威は尊敬に値しない(ファインマン)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
11月25日(水)

権威は尊敬に値しない(ファインマン)

読み物
Culture
2019.12.27

動物戦国武将占い【ライオン】孫子の兵法を最も実践した名将、武田信玄型の性格は!?

この記事を書いた人

和樂webオリジナル「動物戦国武将占い」(診断結果一覧はこちら)。武田信玄型の性格は…!?

武田信玄ってどんな人?

1521~73年。通称は太郎、名は晴信。信玄は法号。甲斐(現、山梨県)出身。家督相続後、信濃(現、長野県)に侵攻。今川義元、北条氏康と同盟を結び、信濃北部の村上義清を降し、それが上杉謙信との5回に及ぶ川中島合戦へとつながりました。その後、上野(現、群馬県)にも勢力を広げ、今川義元が没すると駿河(現、静岡県東部)、遠江(静岡県西部)にも侵攻して、上杉謙信と並ぶ戦国最強武将と目されます。さらに西上作戦に踏み切り、徳川家康を大いに破った後に病没。

ライオン・武田信玄型の性格

自分に自信があり、人の価値を「力」ではかるところがあります。権力や仕事力、人脈力などとにかく「力」が大好き。他人の「力」もすばやく見抜き、部下や後輩ができれば優れたリーダシップを発揮します。トークも軽妙で、交渉や駆け引きも得意な人が多いでしょう。

武田信玄は、武田家が代々甲斐守護である上、幕府から信濃守護にも任じられ、信濃支配を正当化した武将。また自分は「天台座主沙門である」と信長への手紙に記し、信長が焼いた比叡山の権威を支持。さらに、軍旗の「風林火山」には、中国の兵法家孫子の言葉が記され、高名な兵法家の権威を利用しました。

このように、立派な人物であると認めさせることも得意です。尊敬される人物となるためなら、幅広い知識を得る努力を惜しみません。人や書物から知識を吸収したり、セミナーや異業種交流会に出かけたりと熱心です。

ライオン・武田信玄型の弱点

このタイプの人はかなりの権力志向ですが、そのような内心を隠して暮らしているため、一見ひょうひょうとした性格に見られがち。自信家のため弱みを見せるのが苦手なので、困ったときに親身になってくれる人がいないという孤独な一面もあります。

次のようなエピソードがあります。武田信玄が今川・北条との同盟を破り、今川領の駿河に侵攻した際、今川・北条より報復として塩の流入を止められました。弱ったのは領民です。このとき、敵である上杉謙信が「領民を苦しめるのは戦いの本道ではない」と、越後からの塩商人を止めなかったため事なきを得ました。いざ困ったときに助けてくれる人がいるかいないかは、人生を左右するものなのです。一人で頑張りすぎないことも大切だということを学びましょう。

ライオン・武田信玄型の開運キーワード

人に任せる

武田信玄は自分が先頭に立って能力を誇示するのではなく、優秀な家臣を多く育てることを心がけ、家臣たちの裁量に任せました。このタイプの人は、努力の結果なかなかの実力者になりますが、人を信じて仕事を任せられるようになると、さらに発展します。家臣に信を置いた信玄の統率が、武田軍の強さにつながったことも証明しています。

学習

このタイプの人に似合うのは、学び続ける人生。武田信玄が大事にした考え方に、「戦(いくさ)の勝ちは6分をもってよし」というものがあります。勝ちすぎてしまうことは味方の慢心を誘い、後で悪い影響をもたらすということを経験から学んでいたのです。書物で学んだ通りに無理をせず、家臣の無事を第一に考え、理にかなった行動、負けない戦い方で数々の勝利を収めました。

動物戦国武将占い 診断はこちら

自分のタイプを診断する

この占いは四柱推命をベースに多様な占術を取り入れたものです。戦国武将タイプは、諸説があるため生年月日から算出せず、戦国武将の史実や伝承から関連づけて12タイプを作成しました。楽しく読みつつ、「自分」を知り「開運」するためのツールとして役立てていただくために、おもしろい史実も盛り込んでいます。人にはさまざまな面があり、この占いでわかるのは性格や宿命の一部です。とはいえ、毎年毎月変わる運勢とは違い、一生つき合う「本質」です。弱点を知り言動を客観視する、長所を職業選択や人間関係に活かすなどして、お役立てください。

占い監修・ユキムラ 
歴史監修・辻明人