治天の君に俺はなる!無謀な野望?平将門ら天皇になろうとした男たち

治天の君に俺はなる!無謀な野望?平将門ら天皇になろうとした男たち

日本において、天皇に弓を引くことは絶対の禁忌とされてきました。幕末の江戸幕府のように、朝敵(天皇の敵)と認定されてしまえば、それだけで著しく不利な立場になってしまったのです。しかし長い歴史の中では、本来資格がないにも関わらず天皇になろうとした人物もいます。今回は、そんな男たちのドラマを見ていきましょう。

女帝との密通説も?神託により天皇になりかけた僧・道鏡

最初に紹介するのは、奈良時代の僧である道鏡です。道鏡は宮中の仏殿で働く僧でしたが、孝謙上皇(こうけんじょうのう)の病を祈祷によって治したことで、その寵愛を受けるようになりました。道鏡と対立した太政大臣・藤原仲麻呂は反乱を起こすものの鎮圧され、同じく対立していた淳仁天皇も廃位・流刑に。孝謙上皇は再び皇位につき、称徳天皇となります。

このあと、仲麻呂に代わって道鏡が太政大臣となり、さらに翌年には法王(仏門のトップ)となりました。天皇の後ろ盾を得た道鏡は絶大な権勢をふるい、数年間はこの2人を中心とする政権運営が続きます。道鏡の弟子や身内までも次々に出世する状況に、藤原氏をはじめとする貴族たちの不満は高まっていきました。

そんな時、現在の大分県にある宇佐八幡宮から、とんでもない連絡が届きます。何と、「道鏡を天皇にすれば天下泰平となるであろう」という神託(神のお告げ)があったというのです。これを受けて道鏡は、自ら皇位につくことを望んだとされています。

しかし、真偽の確認のために派遣された和気清麻呂(わけのきよまろ)が持ち帰ってきた答えは、まったく逆のものでした。「皇位につくのは天皇の血を引く者でなければならない。そうでない者は早く取り除け」という内容だったのです。称徳天皇は激怒し、清麻呂は流罪にされてしまいましたが、結局道鏡が天皇になることはありませんでした。

その後、称徳天皇は他界し、次の天皇は白壁王(光仁天皇)に決定。後ろ盾を失った道鏡は、遠方へ左遷されてしまいました。この一連の騒動が、いわゆる「宇佐八幡宮神託事件」です。このあとに紹介する平将門(平氏)や足利義満(源氏)と異なり、天皇の子孫ですらない人間が皇位につきそうになった点が、本件の大きな特徴といえるでしょう。

もっともこの事件については、「道鏡が本気で皇位を狙っていたのだとすれば、与えられた罰が軽すぎる」「2回目の神託を否定したのに、道鏡を皇位につけようとする動きがない」といった理由から、懐疑的に見る向きもあります。つまり、白壁王の即位を正当化するために、創作された部分があるのではないかというのです。

道鏡自身も「巨根の持ち主であり、称徳天皇と密通していた」などとされ、その名誉は貶められてしまいました。真相は定かではありませんが、道鏡はただ政争に敗れただけであり、天皇になろうとしたのは「後付け」である可能性も考慮しなければならないでしょう。

「新皇」を名乗った関東の英雄・平将門

道鏡と異なり、実際に軍事行動を起こしたのが、平安時代の豪族である平将門です。将門は桓武天皇の子孫である桓武平氏で、最初は京で働いていましたが、やがて関東に移住。同じ桓武平氏をはじめとする実力者たちと戦いながら、関東を開拓していくことになります。

この時点での将門の活躍は、あくまでも身内の争いが中心でした。争いの相手によって朝廷に訴えられたこともありましたが無罪となり、朝廷も将門が反乱を目論んでいるとは考えていなかったのです。

しかし、倉庫を破った罪で朝廷に追われていた土豪・藤原玄明をかくまったことで状況が一変します。国府(役所)からの引き渡し要求を拒否したことで、将門は国府軍と戦わなければならなくなったのです。結局、不本意ではあったものの、将門は朝廷と敵対してしまいました。これ以降、将門は関東の国府を次々に攻め落としていきます。

そして天慶2年(940年)12月、関東を制圧した将門は勝手に除目(じもく。役人の任命)を行って、名実ともに関東の支配者になりました。「将門記」によれば、そこへ八幡大菩薩の使いを名乗る巫女が現れ、将門に天皇の位を授けたといいます。この日から、将門は「新皇」を称するようになりました。

ところが将門は、1番重要なこの時期に地固めを怠ってしまいます。敵対していた従兄弟・平貞盛らの捜索を何日にもわたって行ったり、集めていた兵士たちを各地へ帰してしまったりしたのです。そこへ朝廷の軍が攻め寄せ、数で劣る将門軍は敗北。天慶3年2月、将門は討ち死にします。新皇を名乗ってから、わずか2ヶ月後のことでした。

将門の行動については、あくまでも関東を支配しようとしただけであり、天皇の位を乗っ取ろうとしたわけではないという説もあります。しかし、彼が「皇」を名乗って朝廷に弓を引いたことは事実であり、朝廷に大きなトラウマを残しました。その後は、日本三大怨霊の1人に数えられたり、一部の神社(神田明神など)で神として祀られたりしています。

足利義満が皇位簒奪(さんだつ)を企んでいたというのは嘘?

最後は、室町幕府3代将軍である足利義満です。義満は、南北に分かれていた朝廷の合一を達成し、対抗する守護大名を排除し、鹿苑寺(金閣寺)を建立するなど、数々の実績を上げています。政治的にも文化的にも、室町幕府の最盛期を築き上げた人物といっていいでしょう。

そんな義満ですが、「実は皇位簒奪を狙っていたのではないか?」という説が、昔から唱えられてきました。根拠とされるものを列挙してみましょう。

・武家として初めて、征夷大将軍(武家のトップ)と太政大臣(公家のトップ)の両方になった
・花押(かおう。サインのこと)を武家用と公家用に使い分けていた
・自分の命令を伝奏(てんそう。天皇や上皇の意思を伝達する機関)から出させていた
・衣服や畳などに、従来は天皇や上皇しか用いなかったものを用いていた
・さまざまな場面で天皇や上皇と同等の待遇が取られた
・継室(後妻)である日野康子を後小松天皇の准母(生母ではないが母親に擬された人)にし、形式上は天皇の義父となった
・自分の死後に太上天皇(上皇)の尊号が贈るよう朝廷に働きかけていた

これらを見る限り、皇位簒奪説はいかにも本当であるように思えます。しかし、義満が皇位簒奪を狙っていたという記述は、当時の記録にもまったく出てきません。上述の「証拠」についても、このような対応を取った理由がいろいろと考えられるため、説得力はあまり強くないのです。

そのため、義満が皇位簒奪を狙っていたという説は、多くの専門家が懐疑的に見ています。とはいえ、義満が武家と公家の両方を掌握し、絶大な権力を振るっていたのは間違いありません。皇位を狙っていてもおかしくはありませんし、それだけの器の持ち主であったのも確かではないでしょうか。

後世から見る先祖たちの生き様

今回紹介した3人の人物が、本当に天皇になろうとしていたのかどうかは定かではありません。しかし、「そこだけは越えちゃダメ!」という一線を越えようとする人物は、いつの時代にも現れるものです。彼らの野望が本物だったのか、それとも後世の人間による濡れ衣なのか、深く考察してみるのも面白いでしょう。

治天の君に俺はなる!無謀な野望?平将門ら天皇になろうとした男たち
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする