日本文化の入り口マガジン和樂web
4月22日(木)
七十三才にして稍 禽獣虫魚の骨格 草木の出生を悟し得たり(葛飾北斎)映画『HOKUSAI』公式サイト
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
4月21日(水)

七十三才にして稍 禽獣虫魚の骨格 草木の出生を悟し得たり(葛飾北斎)映画『HOKUSAI』公式サイト

読み物
Gourmet
2019.08.31

インスタ映え和菓子!桜新町のおはぎ専門店『タケノとおはぎ』は添加物不使用でお土産にもおすすめ

この記事を書いた人

まるで可憐に咲き誇る花のような、豊かな彩りと繊細なビジュアル…。
実はこちら、東京・桜新町のおはぎ専門店『タケノとおはぎ』で販売されているおはぎなんです!
今までのおはぎのイメージを覆すようなフォトジェニックな見た目で、Instagramなどでも注目されており、連日ひっきりなしにお客様が訪れる盛況ぶり。
今回は、そんな『タケノとおはぎ』の魅力に迫ります!

タケノとおはぎとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

タケノとおはぎさん(@takeno_to_ohagi)がシェアした投稿

2016年にオープンした『タケノとおはぎ』。
店名の「タケノ」は、オーナーである小川寛貴さんのおばあさまの名前で、彼女が作るおはぎが大好きだったことに由来しているのだそう。
そんな“おばあちゃんの味”からはじまったおはぎは、懐かしさを感じるほっこりした味わいと見た目の美しさで、魅了されるファンが続出。今やリピーターも多く抱える人気店となっています。
2018年には東京・学芸大学に2号店もオープンし、ますます今後も目が離せない名店です。

すべてオーガニック素材を使用

見た目の美しさはもとより、素材にもこだわりが満載。おはぎに使われている素材はすべてオーガニック。添加物も一切使用せず、大人から子供まで楽しめる「からだに優しい和菓子」を提供しているそうです。

日替わりで7種類を用意

販売されているおはぎは毎日7種類のみ。定番のこしあんとつぶあんに加えて、その季節や旬にあった食材を使ったおはぎが日替わりで並びます。毎日違うおはぎに出会えるのも、通い続けたくなる秘密なのかもしれません。その日に並ぶラインナップは、インスタグラムやフェイスブックで確認できます。

おはぎのラインナップ

取材させていただいた当日は以下のおはぎが並んでいました!

つぶあん


北海道産の大納言小豆を使用した、スタンダードなおはぎ。定番の人気商品です。

こしあん

こちらも北海道産の大納言小豆を使用。しっとりなめらかな舌触りを楽しめるおはぎで、つぶあんとともに安定の人気を誇る商品です。

桃とバニラビーンズ

白こし餡と桃のピューレ、そしてバニラビーンズを使って寒天でコーティングしたおはぎ。

向日葵

ドライパイナップルの甘さがほんのりひろがる、夏にぴったりの一品。

ココナッツとレモンピール


レモンピールとココナッツパウダーを使用。トロピカルな味わいを堪能できます。

麻の実ときな粉

香り高いきな粉に、ナッツのような独特の風味の麻の実でアクセントを添えた、癖になる味わいが特長。

ナッツ

ナッツの香ばしい風味と食感を楽しめるおはぎ。アーモンド、 ウォールナッツ、カシューナッツ、そしてピスタチオがたっぷりまぶしてあります。

 

日持ちは当日中とのことですが、2,3個程度であればぺろりと食べられそうな小ぶりなサイズなので、色んな種類を試しやすいのもうれしいところ。

デリカテッセンの美しさをおはぎで再現

おはぎは、スタッフの方が木箱からひとつずつ取り出し、梱包してくれます。
数種類のおはぎが2個3個…と容器に詰められると、それぞれの色彩やフォルムが調和し、単品で見せるものとはまた違った表情に。

実はこのような美しさは、デリカテッセンにヒントを得たもの。それぞれは単色でも、ワンプレートに揃った時、組み合わせによる色彩の魔法でカラフルな一品に。そのため、毎日色合いのバランスを考えながら、7種類のおはぎを決めているそうです。

かわいいパッケージも好評

 

この投稿をInstagramで見る

 

タケノとおはぎさん(@takeno_to_ohagi)がシェアした投稿

かわいいのはおはぎだけではありません!梱包用の曲げわっぱも人気。こちらは、3個、5個、7個の3サイズが用意されているので、曲げわっぱに入れてほしい時は、奇数個で注文するのがおすすめ。さらに、蓋を留めるマスキングテープは、8種類の中から好きなものを選べます。

パッケージとおはぎで2度もキュンとときめかせてくれるので、お土産やギフトとしても喜ばれること間違いなしです。

オーダーメイドおはぎ『春まど』とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

春まど【harumado】さん(@harumado.jp)がシェアした投稿

さらに、『タケノとおはぎ』では、店舗では購入できない『春まど』というオーダーメイドも用意。
まるで芸術作品のような美しさを持つこちらのコンセプトは、不易流行(ふえきりゅうこう)。あるべき姿、本質はかえず常に新しいことに挑戦し、変えたくないものを守るために変わっていく。そんな想いが込められた渾身のおはぎです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

春まど【harumado】さん(@harumado.jp)がシェアした投稿

この『春まど』誕生のきっかけになったのは、知人のお店の一周年記念としておはぎを作ってほしいと頼まれたこと。初めてのオーダーメイドで、30個のおはぎを3時間かけて作るという大変な作業だったものの、お店のオーナーがとても喜んでくれたのを見て、小川さんはとてもやりがいを感じたのだそう。

そこからお祝い事やイベントで、お客様がどうやったら喜んでくれるのかを考え、『春まど』を立ち上げるに至ったそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

春まど【harumado】さん(@harumado.jp)がシェアした投稿

注文方法は、Instagramの@harumado.jpのダイレクトメッセージにて、取引日の1か月前から受付。ただし、小川さんお一人で作るため、注文が重なると予約が受けられないこともあるのだそう。

価格は、オーダーメイドのため内容により変動しますが、だいたい4.5寸の桐箱(おはぎ約9個)で5,000~6,000円、6.5寸の桐箱(おはぎ約16個)で8,000~9,000円ほどになるそうです。

伝えたい想いを心のこもったおはぎにのせて

小川さんのこだわりがたっぷりと詰まった美しすぎるおはぎ。その裏側には、お客様に喜んでほしいという純粋な想いがありました。
そんな真心がこもったおはぎは、自分で楽しむのはもちろん、ギフトとしてもきっと喜ばれるはず。お土産や、お彼岸の贈り物などにぜひセレクトしてみてはいかがでしょうか?

店舗情報

『タケノとおはぎ』
住所:東京都世田谷区桜新町1-21-11
Tel:03-6413-1227
営業時間:12:00~18:00(売切次第、終了)
店休日:月曜・火曜
URL:https://www.facebook.com/1665389700383515/

『タケノとおはぎ 学芸大学店』

住所:東京都目黒区中町1-36-6-101
Tel:03-5725-1533
営業時間:12:00~18:00(なくなり次第終了)
店休日:月・火曜
URL:https://www.facebook.com/1665389700383515/

書いた人

広島出身。ライター&IT企業会社員&カジュアル着物愛好家。その他歌舞伎や浮世絵にも関心がアリ。大学卒業後、DTMで作曲をしながらふらふらした後、着物ムック本の編集、呉服屋の店長を経て、現在に至る。実は10年以上チロルチョコの包み紙を収集し続けるチロラーでもある。