日本文化の入り口マガジン和樂web
8月3日(火)
蚊虻走牛(中国の故事)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
8月3日(火)

蚊虻走牛(中国の故事)

読み物
Gourmet
2019.09.26

沖縄「やんばる野外手帖」とは何か?畑人×料理人でその日限りのごちそうを五感で味わう

この記事を書いた人

沖縄本島北部に位置し、豊かな自然が残る「山原(やんばる)地区」。「やんばる野外手帖」は料理人と畑人(はるさー:沖縄弁で「農業を営む人」の意味)が美味しい料理を提供するプロジェクト。

「海と森に囲まれたやんばるは、島野菜をはじめとする農産物に恵まれた地域です。近海にはよい漁場もあり、アグー豚など畜産も盛ん。豊富な食材を使って農家と飲食店が一体となった『オールやんばる』でおもてなしをしたい、とスタートしました」と語るのは、やんばる畑人プロジェクト事務局の小泉伸弥さん。

やんばるの自然と食を五感で感じてもらいたいと、その「食卓」は、主に海や森などの野外に設けられる。メニューは、旬の食材を使ったシェフの創意工夫に富んだ「その日限りのごちそう」。毎回、内容は異なり、スタッフたちが「やんばるの魅力を知ってもらう」ために工夫を凝らしている。

やんばるのさまざまな場所で行われる「野外レストラン」

色鮮やかな南国の花々を使ったコーディネートも美しい

たとえば「ビーチでピクニック」。ビーチで火を起こして焼き上げたローストポーク、採れたての島野菜をバーニャカウダで、グルクンはパスタに、パッションフルーツとシークワサーのフレッシュジュース……。目にも鮮やか、そしてライブ感あふれるフルコースのメニューを、透き通る海を眺めながらいただく。そんな「ワンランク上の野外遊び」は沖縄フリークにも大人気だ。

美しいやんばるのビーチで、細部までこだわったおもてなし

沖縄伝統の帆かけサバニ船に乗ったり、さまざまなアクティビティも用意

ローストポーク、島野菜のバーニャカウダ

料理は盛り付けもカラフルでスタイリッシュ。バツグンのインスタ映え

どんなプランが待っているのだろう? ワクワクして訪れたやんばるは、残念ながら雨。けれど、やんばるの魅力を知り尽くしたスタッフが腕によりをかけた素晴らしい「食卓」が待っていた。

書いた人

薬膳アテンダント。国立北京中医薬大学日本校卒業、国際中医薬膳師資格取得。食文化ジャーナリスト、さばファンの団体「全日本さば連合会」にて広報担当「サバジェンヌ」としても活動中。http://www.yuruyakuzen.com/