日本文化の入り口マガジン和樂web
1月28日(土)
おごらず、人と比べず、面白がって平気で生きればいい(樹木希林)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
1月26日(木)

おごらず、人と比べず、面白がって平気で生きればいい(樹木希林)

読み物
Gourmet
2019.10.19

10/26〜開催「函館スイーツ電車」で7つの名店の限定スイーツとレトロな路面電車を満喫!

この記事を書いた人

北海道函館は「スイーツ激戦区」って知ってましたか? 開港以来、いち早く西洋文化を取り入れた函館は、菓子製造の古い歴史を持ち、今では老舗や名店がひしめくスイーツ激戦区になっているのです!そんな函館市街地を走る路面電車の車内でスイーツを味わいながらガイドと巡るツアー「函館スイーツ電車」が2019年10月26日(土)~11月10日(日)の土日6日間限定で開催されます。

限定!7店によるオリジナルスイーツを堪能!

路面電車の車内で味わっていただくスイーツは、市内から厳選した和洋菓子店7店のスイーツ(五島軒、ジョリ・クレール、ふうげつどう、はこだて柳屋、スイーツギャラリー北じま、菓匠ゆめや、和創菓ひとひら)。函館市電を模したデザインの「スイーツBOX」に、このツアーのためだけに考案したオリジナルの洋菓子(タルト4種)と和菓子1種が入っています。

レトロな路面電車に乗って秋の函館を満喫!

運行車両として使われるのは、レトロな外観が人気の貸切専用車「アミューズメントトラム501号車」。車内には長椅子の座席前に長テーブルが設置されていて、まるでパーティーのような雰囲気です。車窓から異国情緒溢れる街並みや秋景色を楽しみながら、スイーツをお楽しみください。

「函館スイーツ電車」の運行車両として使われる「アミューズメントトラム501号車」

コースは2種類!

途中下車後の街歩き観光では、函館の街を知り尽くした地元ガイドが、通常のツアーではなかなか訪れることのできない歴史スポットや隠れ家カフェをご案内します。

「谷地頭コース」

運行日:10月26日(土)・11月3日(日)・9日(土)
函館駅前を出発し、十字街を経て谷地頭電停で折り返す「谷地頭コース」では、谷地頭電停で下車後、函館山山麓の樹林に囲まれた函館八幡宮や谷地頭温泉、住吉ポンプ場、海を望むカフェなど、海と山に囲まれた知られざるスポットを散策します。

1445年創建の歴史ある函館八幡宮

「湯の川コース」

運行日:10月27日(日)・11月2日(土)・10日(日)

函館駅前を出発し、五稜郭公園前を経て湯の川電停で折り返す「湯の川コース」では、湯の川温泉発祥の地と言われ360年もの歴史を持つ湯倉神社や旧戸井線跨線橋、湯川銀座通りなど歴史情緒あふれるエリアを巡ります。

湯の川温泉発祥の地とされる湯倉神社

いつの時代もたくさんの人々を笑顔にしてきた函館スイーツの歴史とロマンを味わいに、甘い香りと歴史ロマン漂う函館の街へ訪れてみてはいかがでしょう。

函館スイーツ電車 開催概要

催行日:2019年10月26日(土)・27日(日)・11月2日(土)・3日(日)・ 9日(土)・ 10日(日)
ツアー時間:9:30 函館駅西口集合 10:00出発~12:00帰着予定
所要時間:約2時間(市電乗車と街歩きを含む)
発着場所:函館駅西口前
ツアー料金:1名2,500円(税込) *4歳未満は無料
募集人員:各20名
予約方法:
・電話予約(JTB函館オフィス TEL: 0138-56-1711)
・インターネット予約(JTB 国内オリジナルツアー申込サイト たびーと

企画協力:函館スイーツ推進協議会
旅行主催:株式会社JTB 北海道事業部
スイーツ提供店:
五島軒、ジョリ・クレール、ふうげつどう、はこだて柳屋、スイーツギャラリー北じま、菓匠ゆめや、和創菓ひとひら

※スイーツ提供店は日程により異なります。
※函館スイーツ電車のご乗車には事前予約が必要となります。
※定員に達し次第受付終了とさせていただきます。