INTOJAPAN

MENU

INFO

縄文土器、ホンモノが買えるんです!日本美術のはじまりをあなたのものに!

今から5000〜4500年ほど前の縄文時代中期に驚きの表現力とのびやかな手でつくられた力強い土器。「世の中にこれほどきれいなものは、なかなかない」と古美術の目利きも見とれる縄文土器を通販します!

人をぐいぐい引き込む強さと愛らしさの塊です


「すっと細身でシンプルで、まったくアンバランスなのに安心感がある。かなわないなぁと思います。人間が粘土で生み出せるものは、縄文時代にすべて完成している。そう思えて仕方ありません」

東京・国分寺にあるギャラリー「兒嶋画廊(こじまがろう)」の兒嶋俊郎さんが眺めているのは、5000〜4500年ほど前の縄文中期につくられた深鉢型土器。夕暮れの光に照らされた姿は、まるで太古の神様のような存在感を放っています。


「縄文中期の土器には、美しいものをつくろうという強烈なエネルギーが感じられます。この深鉢は長野から関東でつくられた勝坂式土器。意匠は複雑で個性的ですが、気高さもあります。また欠片にも、人をぐいぐい引き込む強さと愛らしさがある。渦巻き文様が多いのは、星空や川の渦、風になびく草木など、自然界の形に関係がありそうです。縄文土器は大自然の相似であり、祈りと恐れを表す魂の塊なんですね」

見る角度によって、人の顔に見えたり蛇や鳥の姿に見えたりするユニークさも縄文土器の魅力。

「飾るときは、ひっくり返してもいいし、何かに見立ててもいい。実は裏側や横からの姿にも迫力があり、それを味わえるのも手に入れた人だけの醍醐味です」

縄文土器

¥1,700,000+税(送料込み)縄文中期・勝坂式土器(接合修復品)。本体は径26.5×高さ36㎝。兒嶋画廊の販売証明書付。日本製。[限定数1]※お支払いは銀行振込みでの前払いのみ。お申込み後、担当者より詳細をご案内します。

炎の形を表すような気高い造形。縄文中期の深鉢です

胴体は細身で装飾は華やか。「ねっとりとした質感とアシンメトリーの造形が、たまらなく美しい」と兒嶋さん。

縄文土器片(1)

¥280,000+税(送料込み)縄文中期。本体は幅8×奥行き7.5×高さ5.5㎝。台座(カリン材)、兒嶋画廊の販売証明書付。代引き支払い不可。日本製。[限定数1]

手のひらで愛でたいハート型は火焔型土器の一部分?

新潟の火焰型土器の系統と思われる土器の欠片。「見る角度によってハートにも人の顔にも、ピカソの絵にも見えてくるのが面白い。どんなに見ても飽きないですね」

縄文土器片(2)

¥710,000+税(送料込み)縄文中期。本体は幅10.5×奥行き8×高さ16.5㎝。台座(アクリル、銅板)、兒嶋画廊の販売証明書付。代引き支払い不可。日本製。[限定数1]

周りの空間ごと太古の世界へ誘う有機的な美しさ作

火焰型土器の系統の、把手部と思われる個性豊かな造形。「こんなに小さくても、周りに壮大な空間をつくる強さがある。飾る向きを変えると違った表情が現れます」

縄文土器片(3)

¥780,000+税(送料込み)縄文中期。本体は、幅15×奥行き10×高さ12.5㎝。台座(アクリル、銅板)、兒嶋画廊の販売証明書付。代引き支払い不可。日本製。[限定数1]

アシンメトリーなデザインは日本美の原点、縄文ならでは

「こんなにきれいで味わい深い造形とはなかなか出会えない。しかも、どこを切り取って見ても美しいんです」火焰型土器の突起部と思われる。

縄文土器の購入はこちらから!

小学館パルショップ

和樂最新号が発売中!

和樂10・11月号では、「縄文DoKi★DoKiブームの理由7」や「縄文文化の基礎知識」、「火焔型土器のヒミツ」など、知っているようで知らなかった「縄文」の知識を、たっぷりご紹介しています。

ご購入はこちらから!

最新の記事

海外でも大好評!「北斎切子」が数量限定で復刻

テーマは「秋」。酒井抱一、琳派作品、絵巻、蒔絵で感じる日本の季節。今週末オススメ美術展情報

「見ればわかる!」の超絶技巧に興奮必至!明治から現代まで、超絶技巧が大集結

坂東玉三郎さんプロデュース!丹後ちりめんの座布団、風呂敷が完成!

NEXT