伊藤若冲の名作鳥獣花木図屏風がぬりえになった【2016年】

伊藤若冲の名作鳥獣花木図屏風がぬりえになった【2016年】

いよいよ4月22日スタート!
この春”若冲”が社会現象に?

 現在の日本美術ブームの火付け役ともいえる伊藤若冲。若冲生誕300年となる今年、2016年は、各地の美術館で若冲ゆかりの展覧会が開催されます。なかでも4月22日から東京上野の東京都美術館で開催される「若冲展」には、宮内庁三の丸尚蔵館が誇る若冲畢生(ひっせい)の大作「動植綵絵」(どうしょくさいえ)全30幅が一堂に会し、さらにはもう二度と日本では観られないのでは?と噂されていたプライスコレクションの至宝「鳥獣花木図屛風」(ちょうじゅうかぼくずびょうぶ)が出展されるとあって、早くも社会現象的な話題となっています。もちろん、「INTO JAPAN」&「和樂」編集長の私、セバスチャン高木も少なくとも3度は観に行きますよ!今回の展覧会はもう大混雑必至です。ですので、一度に全部観るのはあきらめて、今回はコレだけ観る!と決めて行くのがいいかもしれません。

 この若冲人気にあやかって各出版社からはさまざまな本が出版されて&される予定です。

 今回出版される本は、どの本も若冲愛にあふれ魅力満載なのですが、私が特におすすめしたいのが今から紹介する「若冲ぬりえどうぶつえん」という奇想の絵師と呼ばれた若冲にふさわしい奇書(?)です。

 プライスコレクションが誇る若冲の名作「鳥獣花木図屛風」は、様々な動物たちを約1センチ四方のマス目43000個!(片隻)で描いたとんでもない絵です。この本には屛風に描かれた実在の動物やら空想上の動物やらをモチーフにしたぬりえが30枚ついているというのですから、これを奇書と呼ばずしてなんと呼びましょうか。だってこの本を買えば、美術館で鑑賞するだけだった(いや、それだけでも充分楽しいですよ!)若冲の絵を自分の好きな色で塗ることができるんです!もうこれは「あなた色に染めて!」って感じですね。

 ぬりえというと最近大人のぬりえが大人気で書店に行くとコーナーができているくらいですが、この本は「若冲」×「ぬりえ」という人気もの同士のハイブリッドな組み合わせ。まるで三浦友和と山口百恵(古い!)級のビッグカップル誕生の予感です。もうこれは塗るしかあるまい!というわけで早速若冲ぬりえどうぶつえんを購入して、挑戦してみました。

 

伊藤若冲の名作鳥獣花木図屏風がぬりえになった!

IMG_0622IMG_0623

 さて、「若冲ぬりえどうぶつえん」を開いてみると、な、な、な、なんと!鳥獣花木図屛風のポスターががーんとついているではないですか! じゃあこれを見ながらぬりえでもしてみるか、なんて思いつつ何気なく裏っかわを見ると、「なんじゃこりゃぁ」(イメージは太陽に吠えろの松田優作です!)、裏がぬりえになっているではないですか。しかもマス目ちっちゃ!このマス目約43000個をひと升ひと升塗っていたらもう私の余生はこれでおしまいです。ですので裏は見なかったことにして仕事の合間に塗ることができそうな動物探しとまいりましょう。

IMG_0625IMG_0626

 さあ、どれにしようかなぁ? やっぱり王道の象? それともせっかくだから想像上の動物のほうがいいかなぁ? などと一枚一枚ぬりえを見ていくと、なんとこのぬりえ、マスのサイズが違うではないですか! ほんと、芸が細かいですねぇ。ですが、マスが細かかったり動物がいっぱいいては、「不器用ですから」といっつも高倉健のマネをして悦に入っている私には荷が重い! ここはシンプルに動物一匹だけに集中しようと草原の貴公子豹(ひょう)にとっとと決定しました。意外なことと思われるかもしれませんが、豹って江戸時代の絵画にたびたび登場しているんですよね。ですが、当時の人たちはヒョウのことを虎のメスって思っていたとの説も!あるんですよ。

IMG_0633

 塗る動物を決めたら次は何をつかって塗るかです。本当は和樂らしく岩絵の具で!と言いたいところですが、「不器用ですから」な私にはハードルが神社の鳥居並に高くなってしまいます。そこで編集部に何かないかがさ入れしたところ、こんなお宝が!あったのです。王道の三菱色鉛筆!しかもこれパッケージを見るとかなり古くないですか?でもなんだか気持ちよーく色が塗れそうなので、兎にも角にも塗り塗りしてみました。

IMG_0634

 とりあえずやってみよう!が行動規範の私、その規範にそって今回もえいや!と何も考えずにひとマスひとマス塗ることにしてみました。もうね、配色なんか考えずに目についた色鉛筆をとって、でも、横のマス目とは異なる色にしたり、部分部分で同系色にしたり、ちょっとだけ工夫を入れたりして。ですが、基本、しっちゃかめっちゃかです!

 ですが、これ!めちゃくちゃ気持ちいいですよ! なんだか仕事の嫌なこととかぜーんぶ忘れられるじゃないですか。もう気分は完全に写経です。実は3年ほど前にこの絵の所蔵者であるジョー・プライスさんに鳥獣花木図屛風のぬりえを、しかもものすごーくレベルが高いものをお願いしたことがあるのですが、プライスさんはその時、一週間もかけてひとマスひとマスぬってくれました。そして、完成した際には「幸せな時間だった。まるで曼荼羅を描いているようだ」とおっしゃっていたんです。私はその境地までは辿り着きませんでしたが、ぬりえを塗っている小一時間はその作業だけに没頭できました。まさにありがとう若冲!な気分でしたよ!

IMG_0778IMG_0779

マス目描きは
江戸のデジタルアート

 で、できあがったぬりえがこちら(下)。左が若冲の絵で右が私のぬりえです。しっちゃかめっちゃかにぬったわりにはそれなりに見えません?見えますよね! その理由を考えて思い至ったのが、若冲が鳥獣花木図屛風を描くにあたってとった”マス目描き”という手法でした。ご覧の通り、マス目描きとは1センチ四方のマス目、ひとマスひとマスで絵を塗っていく手法です。でも、この手法って何かに似てません。そう、これってデジタルの表現方法と同じではないですか! ですから、適当に塗った私のぬりえもなぜか現代風に見えちゃうんですね。それを江戸時代にやっていたというのですから、若冲ってすごい!

IMG_0635

キーワードは目力です!

 ですが、やっぱり違いますよね! 絵の力が。いったいどこが違うんだろう?とよーく見てみると、違ったー! 目の塗り方が。よくビューティの記事や広告で目力がキーワード的なものをよく見ますが、私と若冲の違いもその目力にありました! 適当にマスを塗った私の豹の目と違い、若冲の豹の目は白目があって、現実ではありえない分量の緑が黒目をふちどり、さらに緑まで細かく色を変えて塗られてました! 若冲盛ってるなぁ! ですが、この盛って盛っても自分で塗ってみなければわかりませんでしたよ!

IMG_0638IMG_0637

4月16日スタート!
ぬりえコンテスト開催決定

 いや、このぬりえ意外に奥が深いですよ! こんな面白いものを本だけで済ませてはもったいない! というわけで唐突ですが、ぬりえコンテストを開催することにしました! でも、せっかくのコンテストですから出版社の企画で終わっては面白くないですよね。そこで! 思い切って上野動物園に声をかけてみました。だって、動物のぬりえと言って真っ先に思いついたのが動物園なんです。しかも動物園と出版社によるどうぶつのぬりえコンテストってなんだかわくわくしません?

 実は、最初にぬりえコンテストの動物として想定していたのは、私が上で塗った豹でした。そのことを上野動物園の方に告げ、ぬりえコンテスト共催の打診をすると、腕を組んで「うーん」と唸ったままになってしまいました。「やっぱり出版社と動物園って無理があるのかなぁ」と半ばあきらめていたところ、「この絵、うちで飼育している動物になりませんか?」という意外な言葉が返ってきたのです。「もちろんできます!」と私は即答。というわけで、今回のぬりえコンテストのモチーフは虎! 小学館と上野動物園による共催という一風変わったコンテストになったのです。

おかざき真里降臨

 さあ、面白くなってきましたよ! さらに今回のコンテスト、審査員も豪華です。私が敬愛してやまない漫画家のおかざき真里さんが審査員に就任してくれました。しかも、就任にあたって、コンテストのぬりえまで塗ってくださったのです。それがこちら!

img-414103323-0001

 いやぁ、さすがですね。色紙を駆使して、しかも、若冲が重視した?目。白い絵の具で立体感を出しています。しかもあえてここはきれいに塗らずに荒々しさを残して目の力を表現しています。さあ、みなさん、これはおかざき真里からの挑戦状ですよ! みなさんもアイディアを駆使してぬって! ぬって! 

 審査員はほかにも鳥獣花木図屛風の所蔵者であるジョー・プライスさん、イラストレーターのみうらじゅんさん、上野動物園園長という豪華さ! それぞれの方にゆかりの賞品も検討中ですよ! もうこれは「塗るや塗らざるや」ですね。

 このほかにも小学館からは若冲関連の本がたーくさん出版されます(ています)。詳しくはこちらの特設サイトをご覧ください。
http://www.shogakukan.co.jp/pr/jakuchupro

 また、4月16日スタートの若冲ぬりえコンテストの応募用紙はこちらからダウンロードできますよ!上野動物園や若冲展会場の東京都美術館でも配布しています。
http://www.waraku-an.com/jakuchunurie/

INTO JAPAN&和樂編集長 

セバスチャン高木

伊藤若冲の名作鳥獣花木図屏風がぬりえになった【2016年】
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする