日本文化の入り口マガジン和樂web
9月21日(火)
この世にて慈悲も悪事もせぬ人は、さぞや閻魔も困りたまはん(一休宗純)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
9月20日(月)

この世にて慈悲も悪事もせぬ人は、さぞや閻魔も困りたまはん(一休宗純)

読み物
Art
2017.08.31

和樂創刊16周年号、日本美術はポップでクールでモダン!『Hokusai★the Superstar!』

この記事を書いた人

和樂創刊16周年号は、『Hokusai★the Superstar!』 と題し、葛飾北斎の美の超人伝説を大特集!ひとりの天才絵師の登場が世界のアートに革命を起こした軌跡は、現代における日本美術の価値観さえも変えようとしています。「日本美術をより身近に、楽しく」 発売にあたり、和樂編集長 高木からみなさまへのメッセージ。

トリミング

伊藤若冲や尾形光琳、あるいは葛飾北斎に代表される日本美術は本当に美しいもの。少し前までは日本美術の楽しみと言えば数百年前に描かれた巨匠たちの作品を美術館などで鑑賞することが中心でした。

ですが、今、日本美術の存在や楽しみが少しずつ変わろうとしています。私たちにとって日本美術は、アンディ・ウォーホルのようにポップで、ダ・ヴィンチのようにクールで、クリムトのようにモダンな存在です。

日本美術は決して偉大なる過去の遺物ではなく、今も生き生きとした輝きを放ちながら私たちを魅了しているのです。私たちは日本美術をただ鑑賞するだけではなく、世界の画家たちが描いた傑作や、現代アートと比較して楽しみます。

そこで見えてくるのは日本美術がもっている超絶技巧の技、豊かな発想や奇抜な構成力。それらは現代を生きる私たちにとっても、ポップでクールでモダンに映るのです。そんな日本美術の新しい楽しみを、私ども和樂は皆さんとともに探し続けていきたいのです。

-文/和樂編集長 高木史郎-

和樂10・11月号のご購入はこちらから!

スクリーンショット 2017-08-25 17.12.04