日本文化の入り口マガジン和樂web
7月5日(火)
もし船を造りたいのなら、木を集めるために人を呼び込んだり作業や仕事を割り当てたりするのではなく、限りない海の広大さに憧れを抱くように彼らを教えなさい。(サン=テグジュペリ)
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
7月5日(火)

もし船を造りたいのなら、木を集めるために人を呼び込んだり作業や仕事を割り当てたりするのではなく、限りない海の広大さに憧れを抱くように彼らを教えなさい。(サン=テグジュペリ)

読み物
Art
2017.10.26

【非公開】長谷川等伯の息子が描いた最後の桜

この記事を書いた人

京都国立博物館で11月26日まで開催中の開館120周年記念 特別展覧会「国宝」。桜のはかない美しさを感じられる作品を把握できる機会です。

桜図壁貼付_whole桜図壁貼付 長谷川久蔵 国宝 16世紀 紙本金地着色 4面 各172.5×139.5cm 智積院 京都 展示期間:展示中〜11月12日

まばゆい金地に今を盛りと咲き誇る桜。絢爛豪華な本作は、豊臣秀吉が、3歳で亡くなった嫡子の菩提寺・祥雲寺(現・智積院)のために、「松林図屛風」で名高い長谷川等伯の一門に命じた障壁画の1図で、息子の久蔵が描いた。彼は長谷川派を率いる後継者として将来を嘱望されていたが、じつはこの絵を描いた直後に急逝してしまう。秀吉と等伯、両者がそれぞれの息子のはかない人生と重ね合わせて見た桜なのかもしれない。

京都国立博物館