国宝「風俗図屏風(彦根屏風)」を見に行こう!

国宝「風俗図屏風(彦根屏風)」を見に行こう!

目次

2018年5月27日まで、東京国立博物館 平成館で開催中の特別展「名作誕生─つながる日本美術」。現在、国宝「風俗図屏風(彦根屏風)」を公開中です。 

風俗図屏風「風俗図屏風(彦根屏風)」国宝 紙本金地着色 六曲一隻 17世紀 94.0×271.0cm 彦根城博物館蔵 滋賀 展示期間:展示中~5月27日

謎が謎を呼ぶ不思議な屏風

遊里でくつろぐ15人の男女が絶妙な構図で描かれる。その意味ありげなポーズや着物の柄から、さまざまな読み解きがされてきた。たとえば脇息にもたれる遊女は、古代インドの聖者・維摩を描くときのお決まりのポーズをとっている。後れ毛やまつ毛の1本1本、絞りの着物の柄、画中画の屛風などの驚くべき細かさにも注目したい。作者は不明だが、技量の高い絵師によることは確かである。

◆ここで見られる!
東京国立博物館 平成館

国宝「風俗図屏風(彦根屏風)」を見に行こう!
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする