「琳派−光悦と光琳」MOA美術館

「琳派−光悦と光琳」MOA美術館

目次

2018年7月17日まで、MOA美術館で「琳派−光悦と光琳」が開催中です。

琳派酒井抱一「藤蓮楓図」MOA美術館蔵

本阿弥光悦の硯箱、尾形光琳の団扇といった生活を彩る多彩な作品、光悦と俵屋宗達の合作による料紙装飾、尾形乾山の焼きものなど、琳派の代表作家による絵画と工芸の優品を展示。酒井抱一「藤蓮楓図」は藤と蓮、楓を描いた三幅対で、繊細な情感と洒脱な趣が魅力です。実はこの作品、本阿弥光悦の孫の空中斎光甫の作品を忠実に模写したもの。抱一の琳派への熱烈な傾倒がうかがえます。

公式サイト

「琳派−光悦と光琳」MOA美術館
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする