北斎の赤富士ができるまで。世界が驚愕した浮世絵に迫る!

北斎の赤富士ができるまで。世界が驚愕した浮世絵に迫る!

日本文化を代表する「浮世絵」は、日本にとどまらず、世界中に多くのファンを有しています。この影響力の理由のひとつは、浮世絵が江戸時代に大量印刷された木版画だったから。作品によっては数千枚と摺られた浮世絵は、19世紀に海を渡り、遠くヨーロッパにまで届きました。極東の小さな島国・ニッポンで、この高精細のフルカラー印刷を庶民が手軽に買って楽しんでいるという事実に、世界が驚愕したのです。

写真製版の技術が普及する以前、王侯貴族の宮殿や邸宅で、一部の人しか観ることを許されなかったダヴィンチやベラスケスの名画よりも先に、世界各地で多くの人々にイメージを共有されたのは、おそらく葛飾北斎(かつしかほくさい・1760-1849)の浮世絵ではないでしょうか。今回は、浮世絵の復刻を手がけるアダチ版画研究所ご協力のもと、北斎の代表作「赤富士」こと「凱風快晴(がいふうかいせい)」の制作をひもとき、世界をうならせた日本の文化と技術力についてご紹介したいと思います。

アダチ版復刻 葛飾北斎「凱風快晴」
葛飾北斎「凱風快晴」アダチ版復刻浮世絵

なお、浮世絵版画は、絵師・彫師・摺師の共同制作。出版までの流れを小咄風にご紹介したこちらの記事もあわせてご一読を。
【参考記事】浮世絵版画はどうやってつくられる?あの北斎の名作の原画が一枚も残ってないなんて!
浮世絵の分業制

むちゃくちゃ細かい! 山裾の点描

北斎が描いた「赤富士」の原画、つまり「版下絵(はんしたえ)」がこちらです。

葛飾北斎「凱風快晴」の版下絵
葛飾北斎が描いた「凱風快晴」の版下絵のイメージ。

これを元に、彫師・摺師が木版画をつくっていきます。ぱっと見、すごく単純そうな絵なんですが、厄介なのが、この山裾を埋め尽くす点描。気の遠くなるような数の大小の点が無数に打ってあります。この点描があるかないかで、絵の雰囲気が全然異なります。

もし、北斎が1cmの方眼紙にこの図を描いていたとしたら、概ね、下図のような感じ。北斎70歳。どれだけの集中力なんですか……。いや存外、北斎本人は鼻歌でも歌いながら、筆先でちょっちょっちょっとリズミカルに点を打っていたやもしれません。

北斎が方眼紙に絵を描いていたら
北斎が方眼紙にこの絵を描いていたら……

むしろ、この版下絵を渡された彫師の気持ちを考えてみてください。眺めているだけで頭がクラクラしてきます……。彫師は、この版下絵を山桜の板に糊で裏返しに貼り、透けて見える線を「小刀(こがたな)」と呼ばれる彫刻刀で彫っていきます。(つまり、北斎が描いた直筆の原画は、ここで木屑とともにこの世から消えてしまいます。)

彫師
彫師の作業風景。今で言うところのコピー原本である版下絵を板に貼り付けてしまうので、やり直しはききません。

かつて彫師を目指した北斎のこだわり

こんな職人泣かせの版下絵を描いた北斎。実は、版画の彫について、並々ならぬこだわりがありました。十代の頃に彫師の修行を積んでいたと伝えられており、後年、自分の作品の版木を彫る彫師に対して、「くれぐれも自分が描いた版下絵の通りに彫ってくれ」と図入りの手紙まで書いて念を押したという記録(飯島虚心『葛飾北斎伝』より)が残っているのです。

おそらく、かつて版木を彫る段階で、自分の描いた線が修正されてしまった(意図的だったかはわかりませんが)ことがあったのでしょう。この北斎のエピソードが物語るように、浮世絵の出来映えは、まさに彫師の腕にかかっていました。そしてそれは単に、版下絵を忠実に彫る技術にとどまらず、絵師の筆意を汲み取る能力でもあったのです。

当時はすべての印刷が木版でしたから、一言に彫師と言ってもそれぞれに得意分野がありました。瓦版などスピード重視の印刷物に対応する彫師もいれば、びっしり文字が並んだ書物の版木を彫るのが得意な彫師もいたわけです。さまざまな需要に応じた職人がいた中で、錦絵の制作を任される彫師というのは、当時トップレベルの技術とセンスをもつ職人でした。

「赤富士」の版は、たったの4面!

では続いて、「赤富士」の版画を摺る行程を見ていきましょう。まずは下のGIF動画をご覧ください。

北斎「凱風快晴」

浮世絵版画では、最初に輪郭線の版を摺り、そのあと、その線からずれないように、順に色の部分を摺っていきます。「赤富士」の場合、摺りの工程は7段階。

① 輪郭線を摺る。
② 山肌の赤を摺る。
③ 山頂の黒いグラデーションを摺る。
④ 山裾の緑のグラデーションを摺る。
⑤ 背景のうすい青のグラデーションを摺る。
⑥ 空の青を摺る。
⑦ 画面上部の藍のグラデーションを摺る。

スローモーションでもう一度。

では、この7工程、どんな版を使用して摺っているかと言うと図の通り。(実際の版木は、図柄が左右反転した状態になっています。)

「凱風快晴」の版木
「凱風快晴」の版構成。

実は「赤富士」は、たった4面の版で出来上がるんです!

「7回摺ってるのに、版は4面ってどういうこと?」と思われる方もいらっしゃることと思います。たとえば、山肌の赤(②)、山頂の黒(③)、山裾の緑(④)、と三色展開している山の部分は、ぜんぶ同じ版木で摺っているんです。

「凱風快晴」の版木
「赤富士」の山の部分に使用されている3色は、すべて同じ版木を使用!

材料費も人件費も最小限に抑えた「赤富士」

江戸時代、浮世絵版画は何百枚、ものによっては何千枚と摺りました。そのため、版木は耐久性に優れた山桜の板が使用されました。山桜の板は高価であるため、摩耗して使用できなくなった版木は、表面をかんなで削ってふたたび別の作品の版木にリサイクルしました。

一枚の浮世絵をつくるのに、使用する版木が多ければ、版木を制作する段階で、材料費も彫師の人件費もかさんでしまいます。そのため、江戸時代の浮世絵は、基本的に板5枚(両面使用で10面)以内で、作品が出来上がるように構成されていました。

その制約の中で、浮世絵師と版元はいかに人々の心をつかむ作品を生み出すか苦心したわけですが、北斎は、たった4面という最小限の版で、この世紀の名画を生み出したのです。

精密、迅速、コンパクト。一畳のスペースから世界にはばたいた浮世絵

ただし「赤富士」は、ただコストをケチった作品というわけではありません。この驚異的な版の構成が成り立つのは、摺師の熟練の技があってこそなのです。まず簡単に、多色摺り木版の仕組みをご説明します。

摺師
摺師の作業風景。「ばれん」を用いて、和紙に一色ずつ摺り重ねていく。

何色もの色を摺り重ねる浮世絵版画では、図柄がずれてしまわないように、版木には「見当(けんとう)」と呼ばれる、紙の位置合わせの印が付けてあります。しかしもちろん、その印に和紙を合わせていれば、誰でも簡単に多色摺りの木版画がつくれるというわけではありません。

仮に200枚の浮世絵を摺る場合、摺師は、輪郭線を摺る作業(①)を200回くり返し、次に山肌の赤を摺る作業(②)を200回くり返し……というように作業を進めていきます。摺師は、水分を含んだ和紙や版木の伸縮までをコントロールしながら、全体の色調のバランスも取っていきます。

江戸の木版技術は、「ばれん」と呼ばれる円盤状の道具を用い、和紙の繊維の中に絵の具の粒子をきめ込みます。そのため摺りたての浮世絵に触れても表面に絵の具は残っていません。摺った和紙をどんどん重ねていけるので、浮世絵の摺りの作業はスピーディーでコンパクト。世界中に広まった浮世絵は、たった一畳のスペースで生み出されてきたのです。

赤富士を生んだ、ウルトラCの摺りの技

さて、「赤富士」の摺りで、最も技術を要するのは、山の部分の赤と緑の2色の摺り(②と④)です。ここに見られる浮世絵版画のグラデーション表現を「ぼかし」と呼びます。どうやってグラデーションを表現しているかというと、版木の上に絵の具をのせるとき、色を薄くしたい方に水分を多くして、板上に絵の具のグラデーションの層をつくりあげているのです。板そのものは平らで、摺師の技術で生み出している表現なのです。

アダチ版復刻「凱風快晴」
かなり難易度の高い「赤富士」の摺り。赤と緑の2色のぼかしで山を表現。

「ぼかし」はさまざまな浮世絵の作品に多用されていますが、赤と緑という補色関係にある2色を用いて、両方の色の薄くなっていく部分を重ねるような「赤富士」の「ぼかし」は、浮世絵史上かなりの異例です。

この作品では、どちらか一方のグラデーションが幅広になってしまったり、逆に短くなったりすると、2色の境界が非常に不自然になってしまいます。しかも先に述べたように、赤を摺る工程と緑を摺る工程は別なので、摺師は、それぞれのグラデーションの幅を、200枚なら200枚すべて同じように摺らなければなりません。一点物の工芸品をつくるならまだしも、これを納期の定まった一定数量の仕事として引き受けるには、摺師にはそれなりの覚悟が要ります。

赤富士の2色のグラデーション
和紙の裏から摺るので、この2色の境界を自然に合わせるのは、非常に難しい。

版元・西村永寿堂は、わずか4版とコストを抑えたかわりに、北斎一世一代の大作に、当時トップレベルの技術を持った気骨のある彫師・摺師を当てがったのかもしれません。

70代の北斎が見せつけた機知と、圧倒的な画力「世界よ、これが浮世絵だ」

浮世絵版画の多色摺の技術が完成したのは、明和2(1765)年。北斎が6歳のときでした。江戸に幕府が開かれて一世紀半、ようやく西の都・京に劣らぬ文化が、将軍のお膝元に花開いたのです。人々は錦の着物のように美しい多色摺の浮世絵を「東錦絵(あずまにしきえ)」と呼びました。

錦絵の登場によって人々の暮らしは色彩にあふれ、錦絵は情報やエンターテイメントのあり方を変えていきました。続々とスター絵師たちが登場していく急成長のメディアの歴史を、北斎はすべて見てきたのです。幼い頃には春信を、青年期には清長を、そして30代では写楽や歌麿を。

そして錦絵誕生から六十余年、版本や肉筆画の仕事を主に手がけていた北斎が、70歳にして取り組んだ錦絵の一大シリーズが、「赤富士」や、“Great Wave”こと「神奈川沖浪裏」を含む「冨嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)」でした。

アダチ版復刻「神奈川沖浪裏」
「冨嶽三十六景」で、「赤富士」と並ぶ代表作の一図。葛飾北斎「神奈川沖浪裏」アダチ版復刻

当時の浮世絵版画は全体的な傾向として、どんどん緻密に華美になっていき、写楽・歌麿の全盛期のおおらかさや伸びやかさのようなものは、徐々に失われつつありました。

北斎と西村永寿堂は、この「赤富士」をもって、技巧偏重、装飾過多の時流に逆らい、来し方の浮世絵の美を、人々に再提示したようにも思われます。同時期に活躍していた浮世絵師の広重や国芳は、北斎より37歳も年下。写楽・歌麿のリアル世代ではないわけです。

絵草紙屋の店先に、北斎の赤富士が並んだとき、誰もがハッとしたはずです。威風堂々とそびえる真っ赤な富士山の姿に。どこまでも単純明快で潔い、錦絵の美に。そして多くの浮世絵師や職人が、恐れ入ったと舌を巻いたことでしょう。こんなにもエレガントにすがすがしく、しかもたった4版という最高のコストパフォーマンスで、絵師、彫師、摺師三者の技巧の極致を見せつけたのですから。

アダチ版復刻 葛飾北斎「凱風快晴」
葛飾北斎「凱風快晴」アダチ版復刻

葛飾北斎「凱風快晴」、通称「赤富士」。それは、浮世絵界の永遠のレジェンドなのです。

浮世絵のことがもっと知りたくなったら、東京・目白のアダチ版画研究所のショールームへ

本稿の執筆にあたり、ご協力いただいたアダチ版画研究所は、江戸時代からの伝統的な技術を継承する彫師・摺師を擁した、木版画の版元です。アダチ版画研究所のショールームでは、現代の彫師・摺師による精巧な復刻版浮世絵を展示販売しています。

また、同社が母体となり設立された財団「アダチ伝統木版画技術保存財団」では、伝統的な木版画の技術の保存・啓蒙普及のため、実演会の開催や展覧会企画などを実施。現在、財団設立25周年記念企画展 として「見る!触る!体験する!浮世絵大解剖 ~北斎の“グレートウェーブ”を究める〜」をアダチ版画研究所のショールームにて開催中です。浮世絵のことをもっと知りたい、という方はぜひ、足をお運びください。8月21日には、親子向けの体験イベントも開催予定。夏休みの自由研究にもぴったりですね。詳細は下記の公式サイトにて。

アダチ伝統木版画技術保存財団「見る!触る!体験する! 浮世絵大解剖」

◆ 見る!触る!体験する!浮世絵大解剖 ~北斎の”グレートウェーブ”を究める~
会 期 2019年8月16日~9月8日
会 場 アダチ版画研究所 ショールーム(東京都新宿区下落合3-13-17)
休廊日 月曜、祝日
時 間 火〜金 10:00〜18:00 / 土・日 10:00〜17:00
公式サイト

北斎の赤富士ができるまで。世界が驚愕した浮世絵に迫る!
この記事をSNSでシェアする
この記事をSNSでシェアする