日本美術

 

日本美術に関する読み物

全763件、21-30件を表示中
日本美術
「正倉院展」で知られる奈良国立博物館。仏教美術のお宝がぞろーり、ぞろーり!

奈良公園の一角にある「奈良国立博物館」は、「東京国立博物館」に次ぎ日本で2番目に古い国立の博物館。東大寺、興福寺、春日大社などに隣接していて、ゆったりした空間の中で優れた仏教美術が鑑賞できます。仏像など古都奈良の文化財を展示する博物館の見どころや展覧会情報をご紹介します。 奈良国立博物館とは? 奈良国立博物館の歴史は、開館以前の明治8(1875)年からほぼ毎年、計15回開催された奈良博覧会から始まりました。奈良博覧会第1回は東大寺大仏殿と周囲の回廊を会場に、正倉院の宝物をはじめ、社寺や個人から出品された美術品を陳列し大盛況を記録。それが博物館計画へとつながり、興福寺旧境内である現在地に建設され […]

アート
今見ても斬新すぎ!歌川国芳は世界最高のポップアーティストだ!【アート】

奇抜で豪胆、自由闊達。歌川国芳(うたがわくによし)の浮世絵を評す言葉は、そのまま彼の性格そのものだったといわれます。私を「ワッチ」、お前を「メェ」と言うべらんめえ口調で、火事と喧嘩が大好きな江戸っ子気質。幕末屈指の人気絵師でありながら“先生然”とするのが嫌いだったようです。気性の荒い町火消(まちびけし)たちと親しく交わり、火事とあらば遠近問わず駆けつけて、消火を手伝う男気のよさ。親分肌の国芳のもとには70人以上の弟子が集まり、家族のような深い絆で結ばれていました。そんな熱い男・歌川国芳は、いったいどんな人生を送っていたのでしょうか。 人気浮世絵師・歌川国芳とは? 歌川国芳、意外にも長かった下積 […]

日本美術
妖怪画 ザ・ベストテン!あむしの「病むわ」ってなんだ?

都合のわるいことは全部妖怪のせい!? 古来、日本人は日常に不思議なことがあれば、「妖怪のせい」にしていたといいます。いたずら好きの妖怪たちは絵画の中から抜け出すことだって、なんのその。懐かしの歌手たちに化けて、伝説の歌番組が始まります! ◆司会の黒柳鍋子(くろやなぎなべこ)でございます。『付喪神絵詞』(国際日本文化研究センター蔵)より ◆同じく、木魚宏(きぎょひろし)です。靖々光一『滑稽百鬼夜行絵巻』(国際日本文化研究センター蔵)より 第10位 『化けられて』クビー・オング ◆鍋子 巨大な顔に手が付いて、本当にいたら怖いけど、顔がかわいいわね ◆木魚 江戸時代、備後三次(びんごみよし)藩(現・ […]

日本美術
多彩な江戸時代のアートが楽しめる16のオススメ美術館・博物館を一挙紹介【永久保存版】

江戸時代300年にわたる庶民文化の中ではぐくまれてきた「浮世絵」。当時の浮世絵を実際に目にすると、版画とは思えない精緻な彫りの技術や、多色摺りの色の美しさには驚かされてしまうほどです。 江戸の庶民の心をとらえ、海外の美術愛好家を驚かせた浮世絵を鑑賞するなら、常設の美術館・博物館がおすすめ。浮世絵師ゆかりの地や有名コレクターの作品を集めた16の美術館・博物館で、江戸の華をじっくり味わってみてください。 歌川広重「東海道五拾三次 日本橋・朝之景」 国立国会図書館 1 「天童広重」ゆかりの地の専門館 広重美術館 ひろしげびじゅつかん(山形県) 江戸時代後期、財政が苦しかった天童織田(てんどうおだ)藩 […]

アート
子連れで美術鑑賞初体験。小さな子供や赤ちゃんでも楽しめるおすすめ美術館3選

小さな子供連れでは少し行きづらい場所というイメージのある美術館ですが、実は赤ちゃんから大人まで誰もが利用できる教育の場として運営されていることをご存知でしょうか。 実際に子連れを歓迎してくれる美術館は多く、例えば東京・六本木の森美術館では未就学児の0歳~6歳とその家族などを対象にした「おやこでアート ファミリーアワー」が開催されています。(こちらの詳細はのちほど! ) 森美術館「おやこでアート ファミリーアワー」風景(「カタストロフと美術のちから展」2018-2019年)撮影:田山達之 画像提供:森美術館 小さな頃から子供たちが美術館を身近な場所として感じられるように、また毎日子育てに励むママ […]

日本美術
見たことあるな〜じゃもったいない。知ると好きになる!浮世絵の代表作と絵師たち

日本を代表するアート・浮世絵。その歴史と、写楽や北斎や国芳など、代表的な絵師・作品をまとめて解説します。 浮世絵とは 浮世絵は、江戸時代に成立した絵画様式のひとつです。江戸時代の幕開けと共にその歴史は始まり、生活や流行、遊女や役者などをテーマにした絵画で、庶民層を中心に盛り上がりをみせました。ちなみに浮世絵の「浮世」とは「憂世」に由来し、江戸の世を謳歌(おうか)しようとする風潮の中で、浮かれて暮らすことを好んだ人々が「浮世」の字を当てたとされています。 喜多川歌麿「婦女人相十品 ポッピンを吹く娘」大判錦絵 江戸時代(18世紀) 写真提供/PPS通信社(Alamy) 表現技法は肉筆画と木版画 浮 […]

日本美術
クセが強いんじゃ!かわいすぎる土偶10選は絶対見なくちゃ!

縄文時代の人々が祈りを込めてつくったと考えられる「土偶」。国宝指定のスター土偶をはじめ、個性豊かなかわいい土偶を集めました。ぜひお気に入りを探してみてください! 土偶1.みみずくの顔をもつ、集落の神様!? 「みみずく土偶」重要文化財 埼玉県さいたま市真福寺貝塚出土 高さ20.5cm 縄文時代(後期)・前2000〜前1000年 東京国立博物館蔵 まるでアニメのキャラクターのような愛すべき顔が、鳥のみみずくに似ていることから「みみずく土偶」と呼ばれています。髪型が個性的で、全身は赤く塗られて装飾的。呪術師のもと、偶像崇拝のアイコンとして、集落の人々に崇められていたような強烈な存在感があります。 土 […]

日本美術
彫刻総数5173点!日光東照宮に行ってみたら想像をはるかに超えていた!【栃木】

夏の避暑地としても名高い奥日光。その東側に位置するのが日光東照宮です。今回は、世界遺産でもあり、国宝を多数所蔵する、日光東照宮の魅力や歴史をご紹介します。 日光東照宮とは? 何の神を祀っている神社? 日光東照宮は、江戸幕府の初代将軍、徳川家康の霊廟(れいびょう)で、家康を「東照大権現(とうしょうだいごんげん)」という神として祀っています。 駿府(すんぷ)に隠居していた家康が、亡くなる2週間前に「1周忌ののち日光山に小さい堂をたてて祀れ。関東8カ国の鎮守となろう」と遺言したことから、家康の死後、2代将軍秀忠(ひでただ)が栃木県日光市の現在地に社殿を構え、埋葬地であった静岡県の久能山(くのうざん) […]

日本美術
2020年のパスポート新デザインに起用された北斎の赤富士・黒富士の謎に迫る!

皆さんは、2020年3月から、日本のパスポートのデザインが変わるのをご存じでしょうか? そうです、日本が世界に誇るアーティスト、江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎(かつしかほくさい・1760-1849)の代表作「冨嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)」のシリーズの中から24図が選ばれ、出入国の際にスタンプを押す査証欄のページの地の部分に印刷されることが決定しました。 海外でも「Great Wave」の呼称で親しまれている名作「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」をはじめ、誰もが一度は見たことがあるであろう北斎の描く富士山に、自分の旅の思い出を重ねていけるなんて素敵ですね。発行が今から待ち遠しいで […]

日本美術
日本初の国立美術館だって知ってた?東京国立近代美術館の見所解説!

東京の中心部、皇居近くにある東京国立近代美術館(MOMAT)。最寄駅の竹橋からは徒歩3分、北の丸公園の緑豊かな自然に囲まれた施設は、東京のおでかけスポットとしてもおすすめです。そんな東京国立近代美術館の所蔵作品の魅力や、今後の展示についてご紹介します。 東京国立近代美術館とは? 東京国立近代美術館は、日本初の国立の美術館です。昭和27(1952)年に京橋に開館し、その後昭和44(1969)年に現在の場所へと移転。最大の特徴は、横山大観、菱田春草(ひしだしゅんそう)、岸田劉生(きしだりゅうせい)らの重要文化財を含む13,000点を超える国内最大級のコレクションが揃っていること。明治から現代にいた […]

全763件、21-30件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
発見! 誰も知らなかった静寂の京都!/鏑木清方 麗しき「美人画」の秘密に迫る/白洲正子の“きもの”伝説/【特別付録】和樂の京都コンプリートガイド THE BEST of KYOTO 100/【綴じ込み付録】小原古邨 かわいい名作クリアフォルダー
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
発見! 誰も知らなかった静寂の京都!/鏑木清方 麗しき「美人画」の秘密に迫る/白洲正子の“きもの”伝説/【特別付録】和樂の京都コンプリートガイド THE BEST of KYOTO 100/【綴じ込み付録】小原古邨 かわいい名作クリアフォルダー
和樂最新刊のご紹介