日本文化の入り口マガジン和樂web
4月21日(水)
七十三才にして稍 禽獣虫魚の骨格 草木の出生を悟し得たり(葛飾北斎)映画『HOKUSAI』公式サイト
日本文化の入り口マガジン 和樂web
日本文化の入り口マガジン 和樂web
4月21日(水)

七十三才にして稍 禽獣虫魚の骨格 草木の出生を悟し得たり(葛飾北斎)映画『HOKUSAI』公式サイト

読み物
Art
2018.01.16

松尾芭蕉作「梅まれに・・・」

この記事を書いた人

春の訪れを告げる日本美術で、いつもの暮らしに季節を取り入れてみませんか?梅を詠んだ松尾芭蕉の名句を通販します。

伊勢神宮で詠んだ梅の句

松尾芭蕉作「梅まれに・・・」

「梅まれに ひともとゆかし こらの館」。貞享5(1688)年、45歳の芭蕉が「笈の小文」の旅路で伊勢神宮を参拝した際の句です。ただ一本の梅の木に心惹かれ、とても懐かしく慕わしく感じたと、早春の情景を詠みました。箱は千家十職の利斎作。

芭蕉の書は知的で流麗

松尾芭蕉作「梅まれに・・・」

流れるように美しい筆跡が芭蕉の書の大きな魅力。表装は気品のある古金襴。

※掛け軸は約縦129×横64㎝。本紙は約縦28×横36㎝。紙本。軸先は天然木。大倉汲水箱書。加島美術発行の証明書付き。日本製。