ショップ

 

ショップに関する読み物

全38件、11-20件を表示中
ショップ
茶席での会話が広がる逸話のある逸品を! 境内竹 茶杓 銘「佳日」

妙喜庵はもともと俳諧の祖、山崎宗鑑(やまざきそうかん)の隠遁地でした。宗鑑が都で油を売る際に容器として用いていた油筒(あぶらつつ)を写した花入が、妙喜庵の名物になっています。妙喜庵には逸話がいっぱいあります。お客様を迎えるときの話題にお役立てください。 銘は、和尚様自らつけてくださいました。 縁起のいい銘です。妙喜庵の村田士巧和尚様から、おめでたい日に使いたい銘をいただきました。境内で育つ、断面が四角い四方竹(しほうちく)。すっと伸びた素直な姿そのままの茶杓になりました。 箱の蓋裏に書付けが。茶杓は長さ約18.2㎝。筒は約21.8㎝。茶杓は竹(妙喜庵境内の四方竹)。妙喜庵・武田士功和尚の箱書付 […]

ショップ
早春は妙喜庵の逸品でお出迎え! 名物油筒花入れ 銘「慶雲」

妙喜庵はもともと俳諧の祖、山崎宗鑑(やまざきそうかん)の隠遁地でした。宗鑑が都で油を売る際に容器として用いていた油筒(あぶらつつ)を写した花入が、妙喜庵の名物になっています。妙喜庵には逸話がいっぱいあります。お客様を迎えるときの話題にお役立てください。 妙喜庵の寺宝を写した名物、登場! 竹節やしみが見どころに。真竹のゆがみやしみ、竹節をそのまま利用して、花入れへ仕上げています。一品ずつに個性があり、それも見どころのひとつとしてお楽しみください。 本体は約直径8(外径)×高さ(最長部分)46㎝。落としは約直径4(内径)×高さ21㎝。総重量700g。真竹。妙喜庵・武田士功(たけだしこう)和尚の箱書 […]

ショップ
香の老舗 松栄堂の新作「香り箱 菊」

箱を開けると菊の美が香り立つ なんて美しく、香しい菊の花でしょう。丸箱のふたを開けた瞬間から感動!です。 こちらは創業宝永2(1705)年の香の老舗、松栄堂が制作した「香り箱 菊」。火が使えない場所でも安心して和の香りを楽しめないかと、この計画がスタートしたのは2017年の秋。白檀、丁字、桂皮、竜脳など、十数種類の香料をブレンドしたさわやかな香りを西陣織の香袋へ。手作業で花びら一枚一枚にコテを当て、立体的に形づくった越前手すき和紙の、まるで生花のような菊も完成。このふたつが塗り箱に収められています。京都本店と和樂でしか購入できない逸品です。 閉じて横から見ると…オフ白の大は、まろやかな楕円、赤 […]

ショップ
雪佳の仔犬に胸キュン! 六兵衛窯の「香立・香皿」

名窯が手がけた神坂雪佳の「狗児」 絵師として、また優れた工芸作品のデザイナーとして、明治から昭和のはじめにかけて活躍した神坂雪佳(かみさかせっか)。京都の地に琳派の復興をもたらし、その典雅な作風によって昨今、海外でも高い評価を受けています。木版画集「百々世草」(芸艸堂)に収録された「狗児」は、愛くるしい仔犬の表情で絶大な人気を誇ります。 神坂雪佳「百々世草より狗児」全三巻 木版摺画集 30.0×44.5㎝ 明治42(1909)〜43(1910)年発行 芸艸堂 この「狗児」を香立てに仕上げたのは、約250年の歴史をもち、雪佳とも縁がある京焼の六兵衛窯。制作のポイントは、かたつむりをじっと見つめる […]

ショップ
毎月の行事を象った水引をリビングへ!「お供え飾り 12か月のセット」

あわび結びを立体化。14種の水引飾りへ 追い出したくないくらいキュートな表情の鬼の面。眉毛から角まで、すべて水引が使われています。 冬至の南瓜は、凹凸感や配色のグラデーションがなんとも絶妙。さまざまな素材や形状、そして色合い400以上のバリエーションの水引を駆使した、立体的な飾り物がなんと14種も! つくったのは水引作家、森田江里子さん。1月は、根引の松を含め3種、あとはそれぞれの月を代表する行事が1種ずつ、縁起のいい「あわび結び」で形づくられています。一年中、笑顔が浮かぶ作品です。 縦18×横36×高さ13.5㎝の2段重ねの桐箱へコンパクトに収納! 小さな三方に載せて、玄関先でお客様をお出迎 […]

ショップ
ニッポンの偉大な知恵から生まれた「水うちわ」

楮(こうぞ)より繊維が細い雁皮(がんぴ)を使い、骨が透けるほど薄い美濃手漉(てす)き和紙製の水うちわです。昔は、このうちわを水につけ、水しぶきと気化熱で涼を楽しんだとか。さすがの発想力! 夏の暑さは日本の伝統で涼やかに乗り越えて! (左)黒骨(右)蛍/ともに約幅17.5×長さ34.5cm、25g。美濃手漉き和紙(雁皮紙/天然ニス仕上げ)、国産竹。紫檀製台座付属。日本製。※追加生産を決定した場合は、お届けまで1か月ほどかかります ニッポンの偉大な知恵 美濃手すき和紙に施された天然ニスが、水を弾きます!

ショップ
小さなおりん「チェリン」

涼やかで、心が洗われる響き。形にした金属をほどよく寝かすと硬くしまり、響きが長く、澄んだ音になるそうです。命名は、さくらんぼのようなフォルムとその音色から。 約6か月寝かせ、やっと生まれる澄んだ音 直径5.5×高さ12.9cm、240g。(りん棒含む)。おりんは真鍮、りん棒は桜材。敷布、化粧箱付属。日本製。

ショップ
くわな鋳物の蚊やり器

伊勢型紙から着想を得た柄をふたに配した、鋳物の蚊やり器です。高さは5cmに満たないもののどっしりと重く、安定。昔ながらの蚊取り線香なら、ペットへの影響も最小限に。 行き着くところ、蚊やりが使い勝手よし! (左)籠(右)朝顔/約縦16×横16.4×高さ4.3cm、1.7kg。鋳鉄(つやなし仕上げ)。日本製。※蚊取り線香は付属しません よほどの強風でない限り、蚊取り線香の火に影響しません

ショップ
京和晒綿紗 ガーゼロングパジャマ二重合わせ

夏の京都の蒸し暑さは耐え難かったものの、旅館で出されたパジャマのおかげで爆睡。そのパジャマが希少な和晒(わざらし)製のこちら。大きな釜で丸4日間かけ、さらし、ろ過した天然水で水洗い。医療用ガーゼに使える清潔な白さへ。極上の眠りは、空気の流れを味方につけた和の伝統の逸品で! 湿気の多い日本の夏に最適な肌触り 京和晒綿紗 ガーゼロングパジャマ二重合わせ/綿100%(京和晒綿紗)。男女兼用。カラーは生成り。トップスにポケット左右各1。ウエスト総ゴム(調整は紐)。洗濯機使用可(弱流水でネット使用)。日本製。※写真のパジャマは洗いをかけたものです。

ショップ
ライカの双眼鏡「ウルトラビット」

「持っていれば!」と痛感するのが単眼鏡や双眼鏡です。垂涎のカメラブランドから紹介するふたつは、ともに女性の手に収まるコンパクトサイズ。バッグから取り出す仕草もエレガントに映ります。小ぶりとはいえ、そこは“ライカ”。レンズの特性で暗い場所でもクリアに見え、操作も片手でスムーズ&簡単です。 ライカ双眼鏡「ウルトラビット」ブラック/幅93×長さ111×厚さ39mm、230g。アルミニウム合金ほか。対物レンズ口径2cm。倍率8倍。最短合焦距離約1.8m。防水性能水深5m。アイピースカバー、牛革ケース、キャリングストラップ付属。メーカー保証10年。ポルトガル製。 単眼鏡「モノビット」はこちらから […]

全38件、11-20件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
新しい歌舞伎の時代がやってくる!
独占掲載!市川海老蔵、團十郎襲名への思いを語る!/ 巻頭特別グラビア 十一代目市川海老蔵の助六/ 今こそ知りたい! 團十郎と歌舞伎十八番のすべて!/ 市川團十郎、元禄以来の三百年物語/ プレイバック『和樂ムック 市川海老蔵 成田屋の粋と艶』/ 浮世絵は歌舞伎をどう描いてきたか徹底研究!/ ニッポンの伝統芸能を支える人々スペシャル 鳥居派九代目絵師 鳥居清光/ 絵巻「原寸」美術館オープン!/ 東大寺、大仏 神秘の大宇宙/ おにぎりと日本人 【特別付録】国芳浮世絵ミニノートNEKOZUKUSHI! 【特別企画】東大寺“大仏”大ポスター(三好和義撮影)
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
新しい歌舞伎の時代がやってくる!
独占掲載!市川海老蔵、團十郎襲名への思いを語る!/ 巻頭特別グラビア 十一代目市川海老蔵の助六/ 今こそ知りたい! 團十郎と歌舞伎十八番のすべて!/ 市川團十郎、元禄以来の三百年物語/ プレイバック『和樂ムック 市川海老蔵 成田屋の粋と艶』/ 浮世絵は歌舞伎をどう描いてきたか徹底研究!/ ニッポンの伝統芸能を支える人々スペシャル 鳥居派九代目絵師 鳥居清光/ 絵巻「原寸」美術館オープン!/ 東大寺、大仏 神秘の大宇宙/ おにぎりと日本人 【特別付録】国芳浮世絵ミニノートNEKOZUKUSHI! 【特別企画】東大寺“大仏”大ポスター(三好和義撮影)
和樂最新刊のご紹介