「辿り着いた」レシピ

 

「辿り着いた」レシピに関する読み物

全18件
茶の湯
朝もおやつも夜も食べたくて「辿り着いた」ベーコンとオリーブのトマトおから

みなさん「おから」と聞いて思いつくのはどんなお料理でしょう? 私が1番に思いつくのは、お野菜が具材でお出汁で甘辛く味付けした炒り煮。最近では、ドーナツやケーキに混ぜてあったり、ヘルシー食材としてポテトサラダの代わりにも使われていますね。 私は、おからが大好きで、特にお葱と浅利を具材にして炊いたものが大好物! しかし、子供の受けがあまり良くなく、張り切って作ってもあまり食べないので悩んでいました。 おからで「やったー!」と喜んでほしいと思うのは贅沢かしら、と思いながら試作を重ねて出来たのが今回のお料理です。 これを出すと初めは不思議そうだった子供達も、今では「やったー!たくさん食べる!」と大喜び […]

茶の湯
新しいお月見料理を求めて「辿り着いた」さつまいもの蜜煮、塩レモン風味

暑さも峠が過ぎ風も涼しくなり、季節も秋に変わりつつあります。 秋といえば、日本には素敵な風習があります。それは「お月見」です。 「お月見」「十五夜」「中秋の名月」様々な呼ばれ方がありますが、全て同じ日のこと。美しい月を眺めながら、収穫を喜び感謝をする行事として親しまれてきました。 現在、気軽に集まったり、友人と会うことも出来にくくなって来ています。しかし、「お月見」は離れていても空を見上げれば、輝く同じ月を眺める事が出来ます。「月が綺麗ですね」その言葉で気持ちが共有できる、今の私たちに適したイベントではないでしょうか。 お月見の食べ物といえばお団子ですが、「新しいお月見」を楽しむために、考えた […]

茶の湯
ポスト冷やし中華!夏にさっぱりご飯を食べたくて「辿り着いた」5つの乗っけ寿司レシピ

連日猛暑のニュースが流れています。燦々と降り注ぐ太陽の光はありがたいですが、こう暑いとお料理をするのも食事を取るのも辛いところ。 ご飯の時間になっても、食欲はないけれど、お腹は空いている…こういう時は、さっぱりしたものが一番ですよね。それになるべく簡単に作りたい…! つるっと食べられる麺類も良いですが、今回紹介するのは「乗っけ寿司」です。 豪華な具材が載っているちらし寿司ではなく、冷蔵庫にあるものをすし飯に乗せるだけで、一風変わったご飯ものの出来上がり。 名付けて「乗っけ寿司」。丼ともまた違い、さっぱりとした後味でいくらでも食べられてしまいます。 お刺身類がなくても身近にある材料で大丈夫。何を […]

茶の湯
20年以上梅仕事をした私が「辿り着いた」材料これだけ、夏にさっぱり鶏の梅バターソテー

いよいよ夏本番!太陽もかんかん照りで夏らしくなってきました。暑すぎるのも辛いですが、この強い日光は梅干しを作るには最高の環境です。 前回、梅を袋で漬けた方は、「梅干し」にするために干していきましょう。干す事で余分な水分を蒸発させ、保存性も高め、質の良い梅干しが完成します。 通常、梅酢を切った梅を直接ザルに並べる方法が多いのですが、私はオーブンシートを敷きます。オーブンシートを敷くことによって、梅を裏返す時に皮が破けにくくなり、ザルがなくてもお皿などで代用し干すことができるのです。 オーブンシートをぐちゃぐちゃに丸めて広げてから敷くと、梅とシートの間に隙間も出来て乾きやすくなります。 梅を干す時 […]

茶の湯
漢字クイズ!夏バテ予防におすすめ「素麺」って読める?赤味噌を使ったレシピも紹介

今年も暑い暑い夏がやって来ましたね。食べたいけど、食べたくない。食べたくないけど、食べたい……。一体どっちなの!?という感じがしますが、さっぱりとして口当たりが良く、しかも身体が元気になる料理ならぜひ食べたい。というのが、多くの方の本音ではないでしょうか。 「そんな料理ってあるの?」と思うかもしれませんが、実はあるんです。 愛知県の郷土料理「酢味噌素麺」とは? 夏の定番料理と言えば、やっぱり素麺。口当たりが良く、食欲のない時でもツルツルと食べられますよね。素麺にはいろんな食べ方がありますが、愛知県の郷土料理のひとつ「酢味噌素麺」をご存知でしょうか。 酢味噌素麺とは、素麺の上に赤味噌と酢を混ぜた […]

茶の湯
あと1品をすぐ用意したくて「辿り着いた」調味料2つのレンチンなめたけレシピ

旅行に行った時に朝食で出てきたなめたけ。湯気の立った炊きたての白いご飯にちょこんと載せて食べたら、もっちりしたお米につるんと絡み、ふくふくと幸せな気持ちになりました。 ふと目の前の我が子を見たら、ご飯に山盛りなめたけ載せてる!いつもよりモリモリと元気よく食べています。大人好みの渋いご飯のお供だと思っていたら、子供も好きだったことを知り、家でも常備するようになりました。 なめたけは、簡単に作れます!それも電子レンジで!ザクザクとえのきを切ってお皿に移し、麺つゆとお醤油を入れてレンジでチンするだけ。えのきは栄養満点、お財布にも優しくて言うことなしです。 保存容器で作れば洗い物も少なく、そのまま冷蔵 […]

茶の湯
みずみずしいきゅうりをいつでも食べたくて「辿り着いた」水漬けレシピ

とうとう夏到来! 暑い日が続くようになりましたね。こんな時にこそ食べ物でスッキリした気分になりましょう。 今回ご紹介するのは「きゅうりの水漬け」。見た目も透明感があり涼しげですし、食べると止まらなくなる美味しい自家製お漬物です。お野菜補給にちょうど良く、気軽に食べられる便利な常備菜です。 味付けは(きゅうり+お水)×0.02=入れる塩の目安の量と覚えましょう。端数が出た場合はお漬物ですので、塩分が薄いより濃い方がおすすめですので繰り上げすれば良いでしょう。 この塩分量で冷蔵庫で3日〜4日ほど保存出来ます。一週間は保存したいという方は2.5%の塩分量にすると日持ちもぐっと良くなります。 いつでも […]

茶の湯
毎年30kg梅を扱っている私が「辿り着いた」!ジッパー袋で作る梅干しレシピ

最近、考えることがあるのです。私がこの世を去った後、何が残せるのだろうか…。生きた証、それはなんであろうかと。で、思ったのです。…梅干しを沢山作ろう!自分がこの世を旅立ったら、ばらまいてもらおうと! 梅干しは18%以上の塩分量で作ると賞味期限は無期限と言われています。永遠に残すことが出来るそうです。 現存する最古の梅干しは1576年、室町時代に作られたものです。食べ物がそんなに時を超え保存出来るなんて!これは私でも、後世に残せるものが出来るかもしれない。400年後まで残る、梅干し…!なんとも夢が広がります。 梅干し作りといったら敷居が高く思えますよね?それが案外、やってみたら出来てしまうもので […]

茶の湯
日本最古の料理本から「辿り着いた」絶滅寸前の万能調味料「煮貫」レシピ

もし、この世からお醤油が無くなったら?もしこの世から、めんつゆが無くなったら? いやいや、考えた事がなかったです、そんな事。しかし今、江戸時代までは日常的であった調味料が絶滅の危機に直面しているのです。 それは「垂れ味噌」と「煮貫(にぬき)」です。 「垂れ味噌」は八丁味噌と水を混ぜて漉したもの。江戸時代では、塩に次いで日常的に用いられた液体調味料でした。「煮貫」は垂れ味噌で鰹節を煮出し、うどんや蕎麦を食べる時のつゆの他、万能調味料として使われていました。 そうです、ちょうど今の「醤油」、「めんつゆ」に当たるものです。現在、この2つの調味料をご存知で普段にお使いの方はほとんどいらっしゃらないと思 […]

茶の湯
ルーも油もいらないなんて!リスペクトで「辿り着いた」煮るだけスパイスカレー

私にとって、カレーの王様イナダシュンスケさんという方がいらっしゃいます。 イナダさんのレシピブックのお料理も、展開されているお店「エリックサウス」で食べれるインド料理も、今までの人生で出会ったことが無かったもの。 ナンをいくつかのカレーにつけるのが、インドカレーだと思っていた私にとっては衝撃でした。 ミールス、ドーサ、ラッサム…異国のメニュー名や様式を、わかりやすく説明してくださり、それでいてなんと大らか! 日本において、イナダさんの「スパイスカレーの日常化」への貢献は計り知れません。 そのイナダさんが炊飯器で作るぶっこみカレーなるものをツイッターで紹介されていました。普段、本格的なカレーを提 […]

全18件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
世界を癒やす104の名作一挙公開!「日本美術」は世界を救う! 
【大特集】日本を代表する美術史家12人と考えた、世界を癒やす104の名作一挙公開!/ 辻惟雄さん特別寄稿「美術には人を救う力がある!」祈りの日本美術10選 / 歌って!踊って!元気が出る日本美術オンパレード! / ニッポン、祈りの名画全6選 / 名画で味わう、美しきニッポンの日常 / “かわいい は最強!この名画で、笑ってもっとベイベー”♥/ バーチャルミュージアムで世界中の名画を味わい尽くす! 【第二特集】紅葉ニッポン2020 / 紅葉の絶景列島をめぐる / 京都在住のカメラマン3人が教える、錦繍の「新」名所&「真」名所発表! / “都の秋 お取り寄せ 紅葉の京菓子図鑑 ”/ スペシャルインタビュー 安藤忠雄 / やっぱり美味いぞ!土鍋ご飯 / “究極のご飯プロジェクト 第”2弾!「祈りの土鍋」を限定販売します! / 全国厳選!美術展カレンダー【特別付録】和樂謹製 若冲エコバッグ
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
世界を癒やす104の名作一挙公開!「日本美術」は世界を救う! 
【大特集】日本を代表する美術史家12人と考えた、世界を癒やす104の名作一挙公開!/ 辻惟雄さん特別寄稿「美術には人を救う力がある!」祈りの日本美術10選 / 歌って!踊って!元気が出る日本美術オンパレード! / ニッポン、祈りの名画全6選 / 名画で味わう、美しきニッポンの日常 / “かわいい は最強!この名画で、笑ってもっとベイベー”♥/ バーチャルミュージアムで世界中の名画を味わい尽くす! 【第二特集】紅葉ニッポン2020 / 紅葉の絶景列島をめぐる / 京都在住のカメラマン3人が教える、錦繍の「新」名所&「真」名所発表! / “都の秋 お取り寄せ 紅葉の京菓子図鑑 ”/ スペシャルインタビュー 安藤忠雄 / やっぱり美味いぞ!土鍋ご飯 / “究極のご飯プロジェクト 第”2弾!「祈りの土鍋」を限定販売します! / 全国厳選!美術展カレンダー【特別付録】和樂謹製 若冲エコバッグ
和樂最新刊のご紹介