お土産

 

お土産に関する読み物

全33件、1-10件を表示中
旅と食
伊勢神宮のお土産におすすめ。おはらい町で買える伊勢の名物餅4選

江戸・日本橋と地方をつなぐ街道が整備され、空前の旅行ブームとなった江戸時代。街道沿いには旅人をもてなす茶屋が増え、地域に根ざした腹持ちのいい餅菓子が提供されたといいます。中でも年間数百万人が訪れたといわれる伊勢神宮の参宮街道(桑名から伊勢まで)は別名「餅街道」といわれ、さまざまな餅菓子が発展しました。そこで今回は、伊勢の数ある名物餅の中から内宮近くのおはらい町で購入できる餅菓子をご紹介します。 1 独特な食感が魅力。へんばや商店の「へんば餅」 経木(きょうぎ)に包まれたへんば餅は、10個入り800円(税込) 安永4(1775)年、伊勢参宮街道の最後の宿場町「小俣」に創業した「へんばや商店」の両 […]

旅と食
令和の抹茶スイーツ最新情報。和菓子もパフェもシュークリームも!

スイーツ界における抹茶ブームは、令和になっても一向にとどまる気配を見せません。 令和元年5月2日は立春から88日目の「八十八夜」。いよいよお茶のシーズンの幕開けです。そんな5月に、京都の和菓子処「鼓月(こげつ)」と、抹茶スイーツの雄「祇園辻利(ぎおんつじり)」、シュークリームの「ビアードパパ」から、要注目の抹茶スイーツ情報が届きました。 「千寿せんべい」で有名な和菓子處「鼓月」の抹茶の和菓子 昭和20(1945)年に京都で創業した「鼓月」は、ミルクやバターなど当時和菓子には使用されなかった材料を使い、伝統的な京菓子の概念を超越したお菓子を生み出してきました。その代表的な銘菓子が「千寿せんべい」 […]

旅と食
GWは「伊万里やきものまつり」で鍋島藩窯由来の美しい絵付けの器を。

いよいよ、かつてないスケールの大型連休です。 昨年はどんなイベントにどれだけの人出があったのかネットで調べてみたら、GWのおなじみの名前がずらり。 博多どんたく港まつり(福岡県福岡市) 2日間で約230万人(1日約115万人) 今年2019年は、5月3日・4日 公式サイト 浜松まつり(静岡県浜松市) 3日間で177万人(1日約59万人) 今年2019年は、5月3日~5日 公式サイト ひろしまフラワーフェスティバル(広島県広島市) 3日間で約158万人(1日約53万人) 今年2019年は、5月3日~5日 公式サイト 有田陶器市(佐賀県有田市) 7日間で約120万人(1日約17万人) 今年2019 […]

旅と食
亀戸天神「藤まつり」と共に楽しむ。くず餅の老舗「船橋屋」初夏の和スイーツ

広重も浮世絵に描いた亀戸天神の藤の花 4月下旬から50株を超える藤の花がいっせいに咲き始めた亀戸天神では、平成30年4月27日から令和元年5月6日まで「藤まつり」が開催され、昼夜を分かたずにぎわいます。 江戸時代の亀戸は湿地で、亀戸天神初代宮司が水を好む藤を社殿に植えたことから花の名所となり、5代将軍綱吉、8代将軍吉宗が訪れた記録も残っています。 心字池に写る見事に咲きそろった藤の花房と、淡く甘やかな香りは江戸随一と謳われ、歌川広重「江戸名所百景 亀戸梅屋敷」をはじめ、たくさんの浮世絵などにも取り入れられてきました。 「藤まつり」期間の亀戸天神は、日中はもとより、日が暮れると灯りに照らされた花 […]

旅と食
東京三大豆大福のひとつ「群林堂」の豆大福 〜手土産にしたい和菓子〜

春になると、新卒入社の会社で緊張しながら仕事をしているとき、隣の席の先輩から群林堂の豆大福をもらったことを思い出します。8年経った今もあの味が忘れられず、ときどき無性に食べたくなるんです。というわけで今回は、群林堂の豆大福を買いに行ってみました。 群林堂の豆大福を買いに 群林堂は護国寺駅から徒歩3分の場所にお店を構えています。 到着したのは、開店したばかりの9:30。 通販や百貨店の催事はもちろん、予約販売もないため、平日の朝にも関わらず、すでに7人以上並んでいました。 群林堂の創業は大正初期。三島由紀夫や松本清張など文豪の手土産として、古くから愛されてきました。 初代が生み出した豆大福の味は […]

旅と食
インスタ映えまちがいなしの和菓子。スポッと飛び出す「まめやのパンダバウム」

地元・石川県の魅力を和菓子でお伝えする店『まめや金澤萬久』の東京駅グランスタ店限定商品「まめやのパンダバウム」。SNSでも話題の人気商品が、2019年3月25日(月)より、通販でお取り寄せできるようになりました。 大人も子どもも夢中になる型抜きバウムクーヘン 手のひらサイズのかわいいバウムクーヘン「まめやのパンダバウム」は、日本に数台しかないフランス製カットマシーンにより型ぬきカットが施されています。パンダのシルエットに沿って型抜きを楽しめるので、大人はもちろん子どもにも大人気です。 素材にこだわった「きな粉」がポイント バウム生地にもこだわりたっぷり。しっかりとした味わいの北海道産「とよまさ […]

旅と食
CANOBLEの春の新作は「お花見バター」と「瀬戸内レモンバター」

バターの新しい楽しみ方を提案する日本初のブランド「CANOBLE(カノーブル)」から、2つの春の新作が登場。 桜の花と葉をまるごと使った「SAKURA」と瀬戸内海エリアの素材をふんだんに使った「瀬戸内レモンバター」が、3月24日(日)より販売開始しました。 春の香りを閉じ込めた和菓子のようなバター 桜の花と葉の澄みきった春の香りを、フレッシュなミルク感が特徴の国産バターに閉じ込めた「SAKURA」。 やさしい甘みの和三盆糖と瀬戸内海の藻塩で仕上げた半塩タイプのフレーバーバターです。 表面には塩漬けの桜の花と葉をトッピング。桜の香りをより一層感じられるよう、桜の花を練り込んだレイヤーと桜の香りを […]

工芸
京都土産におすすめ。キッチン雑貨の名店でみつけたかわいいおしゃもじ

シンプルで上質、そして完成されたかたち。使うという行為以上にきれいという心地よさを感じることができる。京都にはそんな名品道具が揃います。今回ご紹介するのは、京ことばでいう「おしゃもじ」。さまざまな取り分け用スプーンやヘラ、懐かしい雰囲気の杓子、レンゲ、匙……。いつもはサブの彼らが今回の主役です! こうしたキッチンツールは、一度買うと、ほとんど買い換えないことが多いですよね。だからこそ、とことんお気に入りを探すべきではないかと思うのです。使い込むほどに愛着が湧く、素敵なキッチンツールを京都でみつけてみませんか? かわいいおしゃもじ大集合! ワイパースプーン ターギクッキャイオ サービングスプーン […]

旅と食
会津若松日帰り旅行 アクセスから観光名所、かわいいお土産までまとめてレポート

桜の名所も多い、福島県会津若松市。お花見シーズンよりも一足先に会津若松を日帰り観光した和樂編集部の鳩が、おすすめスポットやお土産をまとめて紹介します。 東京駅から会津若松駅へのアクセス 東京駅から会津若松駅のアクセスは3つの方法があります。 日帰り旅行の場合は、所要時間が短く運賃も安い高速バスの利用がおすすめです。 (1)高速バスで会津若松駅へ 所要時間は約3時間30分。(片道2500円〜) 東京駅八重洲口から猪苗代駅を経由して会津若松駅へと向かうコースです。 時刻表や停留所の情報はこちら。 (2)郡山駅経由 新幹線で会津若松駅へ 所要時間は約2時間20分。(片道9800円〜) 北海道・東北新 […]

旅と食
これを買えば間違いない! 京都最強のお土産ランキングベスト9

何度行ってもまた行きたくなるのが京都。行く度に発見がある。もっと知りたくなる。「また京都かぁ」と思っても、たとえそれが仕事だとしても、結局くたくたになって帰りの新幹線に乗り込むことになるほど、満喫してしまうのです(笑) 京都で買うべき! を和樂が厳選。最強のお土産ランキング 毎回のこの現象はいったい何? おおざっぱに言えば、京都は歴史や伝統文化などニッポンの縮図で、京都にしかないものがてんこ盛り。そこが外国人のみならず、日本人をも惹きつけてやまない魅力なのではないでしょうか。 そこで! お土産に購入すべき、京都でしか手に入らない逸品を和樂が厳選しました。これぞ京都最強のお土産ランキングです。 […]

全33件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
楽しいぞ!民藝の旅/クリムトvs日本美術 絢爛豪華8大対決!!/<緊急追悼特集>ありがとう!ドナルド・キーン先生/<ロングインタビュー>十五代目片岡仁左衛門/特別付録 かわいいミニ便箋&封筒「クリムト“黄金の名作“レターセット」
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
楽しいぞ!民藝の旅/クリムトvs日本美術 絢爛豪華8大対決!!/<緊急追悼特集>ありがとう!ドナルド・キーン先生/<ロングインタビュー>十五代目片岡仁左衛門/特別付録 かわいいミニ便箋&封筒「クリムト“黄金の名作“レターセット」
和樂最新刊のご紹介