お土産

 

お土産に関する読み物

全40件、21-30件を表示中
旅と食
鯖を箱買いってどういうこと?京都・いづ重の鯖寿司「極上」の極上たる理由を聞いてみた

京都の老舗が打ち出す画期的な新商品誕生秘話の裏側に迫る 京都で老舗と呼ばれる100年以上続く専門店。取材をするたびに感心するのは、こんな斬新な発想が! と驚くものが100年以上前につくられたものだったりすることにあります。 時代を超えてすごいね、と認められているもの。それは店にとってはベストセラーであり、ロングセラー。だからこそ私はその店から生まれる新商品に興味がわきます。できたばかりのものが100年前から店にあるものと並んでいても、違和感がないような新商品を考えることって、難しいの? それともお手本が先にあるだけに、案外するっとできてしまうもの? そんな話を老舗の当代に聞きたいと思ったきっか […]

旅と食
これは買いたい! 産地が生んだニッポンのいいもの12選

デパートの物産展や地方物産館を巡ると、思いもかけないものに出合います。どんなところで、どうやって生まれたのか、気に留まったらそれが旅の始まり。買い物目当てに、ものの産地を訪ねてみませんか? ものを通して出合うその土地の風土や文化は、新しい日本の一面を見せてくれるはず。いずれの産地も旅先としておすすめ、小旅行をお楽しみください。 1 岩館 隆の浄法寺漆器(岩手県) 国産漆の約8割を占める生産地、二戸(にのへ)市浄法寺町。漆掻き職人、塗師が地元にそろい、連携した漆器づくりが浄法寺塗の強みとなっています。塗師・岩館隆(いわだてたかし)さんの漆器は、昔ながらの浄法寺塗を踏襲したもの。朱塗りの片口は東北 […]

旅と食
これを買えば間違いない! 京都最強のお土産ランキングベスト9

何度行ってもまた行きたくなるのが京都。行く度に発見がある。もっと知りたくなる。「また京都かぁ」と思っても、たとえそれが仕事だとしても、結局くたくたになって帰りの新幹線に乗り込むことになるほど、満喫してしまうのです(笑) 京都で買うべき! を和樂が厳選。最強のお土産ランキング 毎回のこの現象はいったい何? おおざっぱに言えば、京都は歴史や伝統文化などニッポンの縮図で、京都にしかないものがてんこ盛り。そこが外国人のみならず、日本人をも惹きつけてやまない魅力なのではないでしょうか。 そこで! お土産に購入すべき、京都でしか手に入らない逸品を和樂が厳選しました。これぞ京都最強のお土産ランキングです。 […]

旅と食
職人技が光る、おいしくて見た目に美しい、AKOMEYA TOKYOの「夏の手土産」【グルメ】

お盆の帰省をはじめとして、人に会う機会が増える夏。 久しぶりに会う人との時間の距離を一挙に縮めてくれるのが、しゃれた手土産やプレゼントです。 そんな逸品を「AKOMEYA TOKYO」で見つけました。 「お福分けのこころ」を贈る 日本には、その地ならではの伝統的な名物が各地にあります。 いいものを目ざして一途に取り組み、受け継がれてきた職人の技がつくりあげた逸品には、人に喜んでもらいたいと願う気持ちをかなえ、贈られた人を幸せにする力が宿るもの。 そんな小さな幸せを分かち合う「お福分けのこころ」が、AKOMEYA TOKYOのラインナップには溢れています。 そんな中から、相手を思って探す楽しみ、 […]

旅と食
スイーツの人気ブランドから、初夏にぴったりの爽やかな限定スイーツが続々登場

さまざまなフルーツが旬を迎える初夏、季節の美味と彩りを表した新作&期間限定商品がスイーツ界をにぎわしています。 そんな中から、洋菓子の老舗「資生堂パーラー」と「銀座コージーコーナー」、パリ発のパティスリー&ショコラトリー「HUGO & VICTOR」の、この時季だけ味わうことができる自然の恵みのかずかずをご紹介します。 「銀座コージーコーナー」のフルーツたっぷりスイーツに注目! 日に日に気温が上がり、 冷たいドリンクにもよく合うフルーティなスイーツが恋しい季節! 「銀座コージーコーナー」では、やさしい甘酸っぱさと涼やかな彩りの、この時季ならではのフルーツたっぷりのスイーツを期間限定で […]

旅と食
令和の抹茶スイーツ最新情報。和菓子もパフェもシュークリームも!

スイーツ界における抹茶ブームは、令和になっても一向にとどまる気配を見せません。 令和元年5月2日は立春から88日目の「八十八夜」。いよいよお茶のシーズンの幕開けです。そんな5月に、京都の和菓子処「鼓月(こげつ)」と、抹茶スイーツの雄「祇園辻利(ぎおんつじり)」、シュークリームの「ビアードパパ」から、要注目の抹茶スイーツ情報が届きました。 「千寿せんべい」で有名な和菓子處「鼓月」の抹茶の和菓子 昭和20(1945)年に京都で創業した「鼓月」は、ミルクやバターなど当時和菓子には使用されなかった材料を使い、伝統的な京菓子の概念を超越したお菓子を生み出してきました。その代表的な銘菓子が「千寿せんべい」 […]

旅と食
GWは「伊万里やきものまつり」で鍋島藩窯由来の美しい絵付けの器を。

いよいよ、かつてないスケールの大型連休です。 昨年はどんなイベントにどれだけの人出があったのかネットで調べてみたら、GWのおなじみの名前がずらり。 博多どんたく港まつり(福岡県福岡市) 2日間で約230万人(1日約115万人) 今年2019年は、5月3日・4日 公式サイト 浜松まつり(静岡県浜松市) 3日間で177万人(1日約59万人) 今年2019年は、5月3日~5日 公式サイト ひろしまフラワーフェスティバル(広島県広島市) 3日間で約158万人(1日約53万人) 今年2019年は、5月3日~5日 公式サイト 有田陶器市(佐賀県有田市) 7日間で約120万人(1日約17万人) 今年2019 […]

旅と食
亀戸天神「藤まつり」と共に楽しむ。くず餅の老舗「船橋屋」初夏の和スイーツ

広重も浮世絵に描いた亀戸天神の藤の花 4月下旬から50株を超える藤の花がいっせいに咲き始めた亀戸天神では、平成30年4月27日から令和元年5月6日まで「藤まつり」が開催され、昼夜を分かたずにぎわいます。 江戸時代の亀戸は湿地で、亀戸天神初代宮司が水を好む藤を社殿に植えたことから花の名所となり、5代将軍綱吉、8代将軍吉宗が訪れた記録も残っています。 心字池に写る見事に咲きそろった藤の花房と、淡く甘やかな香りは江戸随一と謳われ、歌川広重「江戸名所百景 亀戸梅屋敷」をはじめ、たくさんの浮世絵などにも取り入れられてきました。 「藤まつり」期間の亀戸天神は、日中はもとより、日が暮れると灯りに照らされた花 […]

旅と食
長野県松本市のお土産スイーツ・城プリンが買える「信州プリン工房」

本日2019年4月25日(木)、老舗ジャムメーカー・株式会社スドージャムによる初の直営店「信州プリン工房」が長野県松本市にオープンしました。 なぜジャムメーカーがプリン専門店を作ることに? 日本有数の果物産地である長野県。スドージャムは創業96年の老舗メーカーとして長野県松本市でジャム作り一筋に歩んできました。地元の素材を活かしたジャムとして、信州須藤農園ブランドにてプレミアムジャムの製造販売を行っています。 「ジャムはパンと食べるものという一般的な考え方だけでなく、さまざまなシーンにてジャムのおいしさを楽しんでいただきたい」新たな可能性を日々探求してきた、スドージャム。その想いから、果肉感た […]

旅と食
CANOBLEの春の新作は「お花見バター」と「瀬戸内レモンバター」

バターの新しい楽しみ方を提案する日本初のブランド「CANOBLE(カノーブル)」から、2つの春の新作が登場。 桜の花と葉をまるごと使った「SAKURA」と瀬戸内海エリアの素材をふんだんに使った「瀬戸内レモンバター」が、3月24日(日)より販売開始しました。 春の香りを閉じ込めた和菓子のようなバター 桜の花と葉の澄みきった春の香りを、フレッシュなミルク感が特徴の国産バターに閉じ込めた「SAKURA」。 やさしい甘みの和三盆糖と瀬戸内海の藻塩で仕上げた半塩タイプのフレーバーバターです。 表面には塩漬けの桜の花と葉をトッピング。桜の香りをより一層感じられるよう、桜の花を練り込んだレイヤーと桜の香りを […]

全40件、21-30件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介