かわいい

 

かわいいに関する読み物

全34件、1-10件を表示中
工芸
仏壇彫刻の職人技が光る!SNSで話題沸騰の「kiboriブローチ」が通販で発売開始

和菓子のようなほっこり感がありながら、その背景は山形仏壇の彫刻という、職人の手仕事に裏付けされた作品「kiboriブローチ」。 以前、和樂webで取り上げた途端に「かわいい!」「絶対にほしい!」というコメントがSNS上に相次ぎ、話題沸騰に。(紹介した記事がこちら!)その人気にこたえ、和樂で販売することが決定しました 身につけると幸せになれるかも♡ 新感覚ブローチ パッと見た瞬間に、心奪われる愛らしさ。シナノキ製の木彫りのブローチは、素朴な木の風合いと温かみのあるフォルムが魅力で、山形在住の女性仏壇彫刻師が製作したもの。 山形仏壇は、江戸時代中期に発展した日本の伝統工芸。荘厳な美しさが魅力ですが […]

旅と食
ガトーショコラでカカオ農家を救う⁈「Kuroneco Jack」の持つ“美味しくて優しい世界観”とは?【金沢】

誰にでも、理想はある。 他人を思いやる世界になればいい。環境に優しい暮らしをしたい。世界から貧困がなくなればいい。ただそれを想い続けるか、それとも一歩前に踏み出して行動するか。 2019年5月、石川県金沢市にオープンした店がある。その名も「Kuroneco Jack(クロネコジャック)」。洋菓子屋の中でも珍しいガトーショコラ専門店だ。 理想のために一歩前に踏み出すことを選択した「Kuroneco Jack(クロネコジャック)」。2019年11月11日より通信販売も開始され、いよいよ波に乗る。今回は、ガトーショコラ1本で勝負し、美味しさと優しさを追求する彼らの世界観に迫る。 ガトーショコラ一択の […]

旅と食
嗚呼!懐かしのナポリタンにピンク電話。新宿の昭和レトロな純喫茶『COFFEE 西武』2号店グルメレポ!

1964年創業の純喫茶「COFFEE 西武」の2号店が西新宿にオープン! 東京オリンピックが開催された1964年に創業した「COFFEE 西武」は“昭和レトログルメ”が楽しめるスポット。そんな老舗純喫茶の2号店が新宿西口からほど近いビルの2階に誕生。昨今の喫茶店ブームもあり、喫茶店が珍しいと感じる若い世代や外国人観光客が急増。毎日行列が絶えない人気店の2号店をご紹介したい。 ビルの2Fに「珈琲西武 西新宿店」誕生。 レトロな喫茶店を集めた書籍でも多く紹介されている「COFFEE 西武」は、現存する老舗喫茶店の中でもとりわけ人気が高い。 なぜ人気なのかは階段下の「食品サンプル」をみれば一目瞭然。 […]

茶の湯
大阪市立東洋陶磁美術館、マリメッコ茶室は400年の時を超えた奇跡のコラボだった

若い女性を中心に、世界中で愛されている「Marimekko(マリメッコ)」。ブランド名は知らなくても、ケシの花をモチーフにした「Unikko(ウニッコ)」のデザインを目にしたことのある人は多いことでしょう。このマリメッコのファブリックを取り入れた斬新な茶室が大阪に誕生したと聞き、会場へと出かけました。 マリメッコとは? テキスタイルブランドとして知られるマリメッコは、アルミ・ラティアにより1951年にフィンランドで創業。それまで見られなかった鮮やかな色彩と力強くユニークなデザインは、次第に世界で注目を集めて現在に至ります。ファションアイテムから、食器やテーブルクロスなどキッチンアイテムまで多種 […]

工芸
日本の名建築が大集合!全国かわいい建築選手権!

“かわいい”とは、愛すべき存在の総称!? ならば、日本にはいろんなかわいい建築が溢れていますね。そこで、日本全国津々浦々から、和洋とりまぜ、愛おしくかわいい建築を探してみました。神に捧げる目的もあれば、訪ねてきた人を歓迎するためのものも…先人たちが思考を重ね、つくり出してきたものには独特のかわいさがあります。唯一無二の存在感を誇り、日本の歴史を語る名建築を、どうぞご覧ください! 【前編】はこちらから! 6 旧開智学校校舎(長野県) 文明開化を寿ぐ学び舎、キッチュでかわいい Alamy/PPS通信社 旧開智学校は、明治6(1873)年に開校した小学校です。現在の校舎は明治9(1876)年に建てら […]

日本美術
かわいい縄文土偶10選、クセが強いんじゃ!これは必見じゃ!

縄文時代の人々が祈りを込めてつくったと考えられる、縄文土偶(じょうもんどぐう)。動物をモチーフにしたものから国宝指定のスター土偶をはじめ、個性豊かなかわいい土偶を集めました。ぜひお気に入りを探してみてください! 土偶1.みみずくの顔をもつ、集落の神様!? 「みみずく土偶」重要文化財 埼玉県さいたま市真福寺貝塚出土 高さ20.5cm 縄文時代(後期)・前2000〜前1000年 東京国立博物館蔵 まるでアニメのキャラクターのような愛すべき顔が、鳥のみみずくに似ていることから「みみずく土偶」と呼ばれています。髪型が個性的で、全身は赤く塗られて装飾的。呪術師のもと、偶像崇拝のアイコンとして、集落の人々 […]

旅と食
こりゃかわいい!スポッと飛び出す「まめやのパンダバウム」

地元・石川県の魅力を和菓子でお伝えする店『まめや金澤萬久』の東京駅グランスタ店限定商品「まめやのパンダバウム」。SNSでも話題の人気商品が、2019年3月25日(月)より、通販でお取り寄せできるようになりました。 大人も子どもも夢中になる型抜きバウムクーヘン 手のひらサイズのかわいいバウムクーヘン「まめやのパンダバウム」は、日本に数台しかないフランス製カットマシーンにより型ぬきカットが施されています。パンダのシルエットに沿って型抜きを楽しめるので、大人はもちろん子どもにも大人気です。 素材にこだわった「きな粉」がポイント バウム生地にもこだわりたっぷり。しっかりとした味わいの北海道産「とよまさ […]

旅と食
山形・おかしの平和堂の「伝承野菜スイーツと音頭ゆべし」がかわいくておいしい!

お取り寄せで楽しめる全国の「和の手土産」。今回ご紹介するのは、山形県の菓子店「おかしの平和堂」の2種類の伝承野菜スイーツと銘菓「音頭ゆべし」です。 伝承野菜スイーツとは 山形県の最北部・真室川町で和洋菓子を製造販売している「おかしの平和堂」。この地域には、それぞれの生産農家が代々育て続けてきた在来作物の個性豊かな野菜があります。農家の方々との対話の中から伝統的な調理方法や新たなアイデアを取り入れ、旬の新鮮野菜のおいしさを活かしたお菓子。それが「伝承野菜スイーツ」です。 初夏のデザート「勘次郎胡瓜のジュレ」 最初にご紹介するのは「勘次郎胡瓜(かんじろうきゅうり)」のジュレ。 勘次郎胡瓜は、約13 […]

工芸
赤坂離宮に投入堂!かわいい日本建築大集合【まとめ】

“かわいい”とは、愛すべき存在の総称!? ならば、日本にはいろんなかわいい建築が溢れていますね。そこで、日本全国津々浦々から、和洋とりまぜ、愛おしくかわいい建築を探してみました。神に捧げる目的もあれば、訪ねてきた人を歓迎するためのものも…先人たちが思考を重ね、つくり出してきたものには独特のかわいさがあります。唯一無二の存在感を誇り、日本の歴史を語る名建築を、どうぞご覧ください! 1 三佛寺奥院 投入堂(鳥取県) 岩壁の祠に守られた姿がかわいい 山の斜面や崖地に建立される寺院建築は「懸造り(かけづくり)」などと呼ばれます。懸造りの中でも最高峰と断言したいのが、こちら三佛寺(さんぶつじ)の奥院(お […]

工芸
手のひらサイズのたぬき像〈信楽焼のしんじるたぬき〉

僕は日本の文化や風習に強い関心を持っている。しかし、さほど詳しくはない。 なぜ、正月に餅をつくのか? なぜ、先祖供養のためにお盆に踊るのか? なぜ、葬儀のあとに盛り塩をするのか? なんとなく推測できそうなものもあるが、それにしても知らないことばかりだ。物知りの母に「あら、そんなことも知らないのかね」と呆れられるたびに、もっと自分の国の習俗について学ぶ必要があるなと反省してしまう。 夫婦愛の象徴としてのたぬき 昔話でお馴染みのたぬきが〈夫婦愛の強い動物〉であるということも、今回紹介する作品に出会うまで知らなかった。むしろ、その反対のイメージを持ってすらいた。 物の本によると「たぬきは夫婦愛が強く […]

全34件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介