ごはん

 

ごはんに関する読み物

全67件、1-10件を表示中
旅と食
豆腐料理100品掲載!江戸時代のレシピ本からチーズそっくりの「味噌漬け」をつくってみた!

最近のものだと思っていたら、実は昔からあるものだったという話はよくあること。先人の知恵に感服することもしばしばです。 今回ご紹介する「豆腐の味噌漬け」もそのひとつ。「チーズの味に似ている」ということから、乳製品を控えている方やベジタリアンの方などに支持されている一品です。しかし実は、江戸時代に人気を集めた料理本「豆腐百珍」にすでに紹介されていたんです! さらに豆腐百珍を眺めてみると、美味しくて簡単に作れそうな豆腐レシピがたくさん紹介されています。 新型コロナウィウルスの影響による自粛ムードが続いていますが、「自宅で美味しい食事が食べたい」「簡単に作れる料理レパートリーを増やしたい」という方も多 […]

旅と食
あったかご飯にとろ~り崩れる黄身の幸せ「究極の卵かけご飯」の作り方はこれだ!?

卵かけご飯。 それは、あったかご飯と新鮮な卵、醤油さえあれば瞬く間に完成する料理である。何しろ卵を割ってまぜるだけだから誰でも失敗せず同じように作ることができる。 一食の費用が安い割に栄養価がすこぶる高い。しかも、ちょい足しアレンジの幅が恐ろしく広い。 醤油の代わりに胡椒やマヨネーズ、ケチャップ、麺つゆ、ソースなどをかけ、納豆、ふりかけ、チーズ、キムチ、のり、ねぎ、なめたけといった食材を組み合わせている方も多いだろう。 老若男女に人気の卵かけご飯は今や、飲み会の締め料理となっている。趣向を凝らして特別な卵かけご飯を出す店も増えてきたが、皆さんはどのように食べているだろうか? 先まぜ派?それとも […]

旅と食
江戸時代はSNS映えするスイーツだった!東京のソウルフードもんじゃ焼きの意外なルーツに迫る!

食事なのか? おやつなのか?? 時として論争を巻き起こしながらも、東京のソウルフードとして不動の人気を誇るもんじゃ焼き。ある意味不思議な立ち位置にあるこの食べ物、どんなルーツがあるんでしょうか。 季節を感じる食材や料理。毎日当たり前に食べているものにこそ、日本の食の豊かさを感じます。食材に思い入れのある人に、素材や料理をディープに語っていただく【日日是好食】。今回はもんじゃ焼き。もんじゃを愛してやまない「東京特産食材ともんじゃの店 押上よしかつ」の店主に自慢のひと品を焼いてもらいながら、もんじゃの歴史を聞きました。ひも解いてみると、もんじゃのルーツとされる文字焼きの進化の途上には、天賦の才をも […]

旅と食
神秘的な力で身体を浄化!愛知県で最も古いお寺でたけのこのフルコース「竹膳料理」を味わう

少しずつ温かくなり、いよいよ本格的な春がやってきました!冬の間に寒さで滞っていた身体を目覚めさせて、身体の内側から春を楽しむ準備をしていきたいですね。 春にはいろいろな山菜が旬を迎えるようになりますが、昔から食養生では「春には苦味を盛れ」と言われ、山菜の「ほろ苦い」味には体内の老廃物を排出する働きがあるとされています。「春は何だか調子が悪い」「やる気が出ない」という方は、もしかすると不要なものが体内に溜まっているかもしれません。 そこで今回のテーマは、身近な春の山菜「たけのこ」。その神秘的な力や栄養、愛知県最古のお寺で食べられる「竹膳料理」などについてご紹介します!たけのこパワーで、すっきりと […]

旅と食
こりゃ目から鱗!熟れ鮨から生まれた新感覚ピザに注目せよっ

この季節、おいしい魚といえば、ふぐ、寒ブリ、あんこう、甲殻類であれば、ダントツでカニ!となります。そんな中で、「鮎」を食べに行こうよ!と言われたら、一瞬「うーん」と唸ってしまいます。やはり鮎といえば、シーズンは5月~10月、初夏から秋にかけて川沿いで塩焼きを食べるというイメージですよね。 ところが、鮎を使ってびっくりするような新感覚発酵料理を編み出したお店があるんです。まさに「目から鱗」の鮎の発酵料理をご紹介します。 1300年以上の歴史を持つ岐阜・長良川の鵜飼い その前に鵜飼についてちょっとご紹介します。岐阜・長良川は、1300年以上前から鵜飼の歴史と共に歩んできた町です。2015(平成27 […]

旅と食
眺めるだけじゃない!鯉は細川勝元も絶賛した、縁起のいい滋養食材だった。

鯉と言えば「鑑賞するもの」というイメージが強いかもしれませんが、実は昔から「薬用魚」とも呼ばれ栄養が豊富に含まれる魚なんです。 また、室町時代の武将・細川勝元が鯉を絶賛し、江戸時代には高級食材として将軍に献上されていたという云われもあるほど、奥深い歴史を持っています。 そこで今回は、鯉にまつわる歴史や、美味しい滋養食材としての魅力をお伝えしたいと思います! 細川勝元が絶賛した鯉 室町時代の武将かつ守護大名である細川勝元は、応仁の乱の東軍総武将としても知られています。さまざまな遊興を楽しんでいた人物としても有名ですが、なかでも鯉は大好物。その家来たちは、勝元の興味をひこうと数多くの鯉を贈っていた […]

旅と食
ひな祭りの定番食材!はまぐりの名産地、三重県桑名で絶品料理に舌鼓!

3月3日のひなまつりに欠かせないものと言えば、はまぐりのお吸い物。上品な味わいがあることから、好きな方も多いと思います。 高級食材としてのイメージが強いはまぐりですが、実は縄文時代から食べられ、平安時代には遊びや嫁入り道具としても使われるなど、私たちの暮らしと深い関わりがあることをご存知でしょうか。 そこで今回は、はまぐりの歴史や魅力、はまぐりの一大生産地「桑名市」の訪問レポートをお届けしたいと思います! ひな祭りに「はまぐり」を食べるのはなぜ? 女の子の節句であるひな祭りに食べるものと言えば、ちらし寿司とはまぐりのお吸い物。では、どうして「はまぐり」なのでしょうか。 いくつかの説がありますが […]

工芸
読んだらお米が食べたくなる。バーミキュラが挑んだ究極の炊飯器、開発ストーリー!

「最後の晩餐」。あなたなら何を食べますか。 私は、真っ白い炊き立てのふっくらごはんとお漬物。究極の「日本のごはん」です。 しかし、世の中は、どんどんお米離れが加速しています。農林水産省の調査では、平成27年の一人当たりの米の消費量は54.6kgと、最も多かった昭和37年(118.3kg)の半分となり、たった50年で半減してしまいました。平成23年には、1世帯当たりのパンの購入金額が、米の購入金額を初めて上回ったことが総務省の調査で分かりました。若い世代にいたっては、主食はパン、ラーメン、パスタ、ピザ、うどん…と、お米より小麦の摂取量の方が多いのでは?と思えるほどです。 では、なぜ、ごはん離れが […]

旅と食
巧みなメディア戦略で年商25億!オリエンタルカレーの味とアイデアに唸る!

それなりの時間生きているが、少なくとも日本人でカレーが嫌いという人に出会ったことがない。 辛さの強弱や具材への好き嫌いはあるものの、ラーメンと並ぶ日本の国民食の一つと言いきっても誰も異論は唱えないだろう。 そこまでカレーが普及した立役者と言えば、カレールゥだ。 にわかに信じられないかもしれないが、戦前の日本では庶民が家庭で手軽に作れるような料理ではなかった。 カレー粉は存在していたが、とろみのあるカレーにするためには小麦粉でルーを作ることから始めなければならなかったからである。和食がまだ主流だった時代、つまりは非常に手間のかかる料理であったのだ。 カレー粉やスパイスの複雑な調合なく、誰でも簡単 […]

旅と食
「なんかオモロそう」が原動力?独自の進化を遂げた魅惑の一皿、大阪のスパイスカレー3選!

「カレーが食べたい…」そう思ったとき、頭に浮かぶのはビーフ?チキン?それともカツ?定番カレーも美味しいけれど、チョット変わったものを食べたいときは大阪のスパイスカレー なんてどうでしょう。近年大阪では、既成の概念をぶち壊し、独特の進化を遂げたひと皿に魅了されるカレー好きが続出。今回は、新しい国民食となりつつあるスパイスカレーの世界をご紹介します。 カレーはルウとスープだけじゃない!新ジャンル「スパイスカレー」の定義とは? カレーにスパイスが入っているのはむしろ当然。なのにわざわざスパイスカレーと名付けるからにはそれなりの定義があるのでは、と思いますよね。簡単に言えば「小麦粉やルウを […]

全67件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
桜と京都と日本人
徹底研究!桜と日本人/京都 桜を巡る旅2020/京都一の桜の里「原谷苑」を知っているか!?/京都在住カメラマン3人がおすすめ 穴場の花見スポット全発表!/華やか!京都・花見弁当の美学/「桜の骨董」を探して、ぶらり京都散歩/夜桜のあとは、この居酒屋で一献いかが?/2020京都・春の特別公開案内【特別付録】国芳 “浮世絵”エコバッグKUJIRA
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
桜と京都と日本人
徹底研究!桜と日本人/京都 桜を巡る旅2020/京都一の桜の里「原谷苑」を知っているか!?/京都在住カメラマン3人がおすすめ 穴場の花見スポット全発表!/華やか!京都・花見弁当の美学/「桜の骨董」を探して、ぶらり京都散歩/夜桜のあとは、この居酒屋で一献いかが?/2020京都・春の特別公開案内【特別付録】国芳 “浮世絵”エコバッグKUJIRA
和樂最新刊のご紹介