ごはん

 

ごはんに関する読み物

全76件、1-10件を表示中
旅と食
クイズ!7月に咲く花「梔子」読める? 初夏の香りを楽しむレシピも紹介!

「香りは、記憶と深く結び付いている」 この言葉を聞いて、どんな香りを思い出しますか。 私が真っ先に思い出したのがクチナシの香り。道端などでクチナシの甘くて濃い香りに触れると、夏の思い出がふわりとよみがえり、今年も暑い夏がやって来たなと感じます。 初夏の香りとしても知られるクチナシですが、花だけでなく実も古くから人々に親しまれてきました。特に実には「疲労回復効果」が期待され、東海道の名物料理や漢方薬として使われてきた歴史もあるんです。 ではさっそく、ちょっと不思議なクチナシの魅力をお届けしていきますね。 独特の香りと幸運な花言葉 6~7月にかけて白い花を咲かせるクチナシは、アカネ科の常緑性低木。 […]

旅と食
インド人は、わさびをスパイスだと思っているのか?南インド料理の巨匠に聞いてみた

僕は和の食材を使ったカレー作りにお熱だ。 和樂webでも梅、味噌、納豆といった日本の定番食材や調味料を使ってカレーを作ってきた。でも、今回はちょっと趣向を変えたいと思う。逆がやってみたくなった。 つまり、インド人シェフに日本の食材でカレーを作ってもらおうってこと! 食材は僕の中でもう決まっていた。 わさびである。外国の方からはジャパニーズスパイスなんて呼ばれたりもする。 なぜ、わさびかというと、僕の大先輩である東京カリー番長のリーダー伊東さんの言葉がきっかけだ。伊東さんは、店を持たず20年以上出張カレーイベントや料理教室でカレーを作り続けてきた猛者中の猛者である。 そんな伊東さんに僕は質問した […]

旅と食
江戸から続くヘチマ信仰!?「ヘチマ」は祈りや薬膳料理でも親しまれる貴重な存在だった

夏の野菜がぶらーりぶらーり。 こう聞くと、真っ先に思い出すのはナスやトマト、ゴーヤーなどの野菜かもしれませんが、今回注目したいのは「ヘチマ」! これも、夏の代表的なぶらぶら野菜のひとつです。 ヘチマと言えば、タワシや化粧水にも使われる素材。それだけでなく、薬膳料理として食べられたり、神経性の病気平癒の信仰に使われたりもする、とても貴重な存在なんです。 ではさっそく、知っているようで知らないヘチマの魅力についてお伝えしていきますね。 刺激で肌を丈夫にする「ヘチマタワシ」 入浴時に身体を洗うスポンジとして使われる、ヘチマタワシ。人工的に作られたボディスポンジとは違って、何とも言えない存在感がありま […]

旅と食
ピラミッド建設、参勤交代にも一役買った!簡単にんにくオイルで疲れた身体を労ろう

梅雨に入って、最近ちょっと疲れやすいなぁと感じている方も多いかもしれません。そんな時こそ、食べものの力を借りて、美味しく手軽に養生したいですね。 そこで今回は、誰もが知っているパワーフード「にんにく」に注目! ではさっそく、にんにくの歴史や効能とともに、元気が出るにんにく活用法などをご紹介していきますね。 参勤交代を下支えした「にんにく卵黄」 にんにくと聞くと「スタミナが付きそう」というイメージをお持ちの方も多いと思います。古代エジプトでピラミッドを建設する際に労働者が愛用していたという話は有名ですが、日本においても「滋養を付ける食材」として古くから注目を集めてきました。 例えば、江戸時代の「 […]

旅と食
今が旬のジャパニーズペッパー!家呑みが盛り上がる「山椒の塩漬け」と3つのアレンジレシピ

どんな時にも、癒しの時間って大切だなぁと感じるこの頃。「家呑み」をする人が増えているのも、その表れなのかもしれません。また癒しと言えば香りにまつわるものも多く、香りのよい食材はお酒との相性も抜群です。 そのなかでも今回は、今が旬の山椒に注目! 知られざる山椒の歴史や効能とともに、家呑みがもっと美味しく楽しくなる「山椒の実の塩漬け」の作り方と、我が家でも人気のアレンジレシピをご紹介したいと思います。山椒のピリリとした香りで、身体の内側からリフレッシュしませんか。 では、さっそく進めていきますね。 日本人に古くから親しまれてきた山椒 山椒と聞くとすぐに思い出すのは、うなぎの蒲焼に添えられた粉山椒。 […]

旅と食
旬の和ハーブで気分爽快!江戸時代に人気を集めた「シソ飯」と簡単レシピ

ピリリとした爽やかな香りを持つ、シソ。和のハーブの代表であり、身近な香味野菜としても親しまれていますが、実は、古くから薬草として用いられるほどにパワーを秘めた食材であることをご存知でしょうか。 例えば、食中毒にかかった人を蘇らせたという昔話や、江戸時代に人気を集めた「シソ飯」など。最近はアンチエイジングにも役立つとも言われ、時を越えて注目を集めています。また、独特の香りはお酒との相性も抜群! 家呑みにもぴったりの食材なんです。 そこで今回は、シソの歴史や効能とともに、香りを存分に楽しめる簡単レシピなどを紹介したいと思います。ではさっそく進めていきますね。 食中毒にかかった若者がよみがえった! […]

旅と食
歴史は古代エジプトまで遡る!?が、今宵はおかん直伝・究極ずぼらメシ「大根おろしごはん」で

煮物、漬物、薬味まで和食には欠かせない大根。しかし大根の起源を探ってみると、ルーツはなんと古代エジプト! 和食に欠かせない食材がはるか彼方のアフリカから入ってきているとは、驚きです。 日本では江戸時代には庶民に広まりすでに馴染み深い大根ですが、異国の地が起源ということはもしかして、和食のみならずさまざまな食べ方ができるのでは? 答えは……イエス! 今回は大根大好きの筆者が、大根における日本の食文化とより美味しく食べられる意外なレシピを紹介したいと思います。 室町時代にはすでに大根のおろし器が存在していた! 前述したようにエジプトで大根が食されていたのは今から約5000年 […]

旅と食
カレー研究家は葛飾北斎の夢を見るか?浮世絵の染料で実際にカレー作ったった!

先日、アロハシャツを予約注文した。僕はカレー研究家で、夏はアロハシャツとエプロンでキメ込みたいのだ。SOFTMACHINE(ソフトマシン)というこちらのブランドはいつもシャツが素敵で毎シーズン買っているんだけど、今回は妖怪の浮世絵をモチーフにしたシリーズ。百鬼夜行の類にアメリカンな世界がチラッと混ざり込む。カッコいい。 で、注文後、妖怪の浮世絵を描いた絵師ってどんな人がいたのか気になって調べてみた。いろんな文献を見ているうちに浮世絵の着色成分に辿り着いたのだが、その染料という項目に見覚えのあるヤツを見つけてしまったのだ。 その資料には 「黄色はウコン、キハダ。赤色は紅花。青色は藍。」 と書いて […]

旅と食
日本最古のアンチエイジング食材?新わかめを使ったおすすめ簡単料理

春にぜひ味わいたい食材のひとつ、わかめ。1年中出回っていますが、3~5月の新わかめは本当に美味しいです。 そんなわかめと日本人の間には奥深い関係があり、「若返りの妙薬」としても人々に親しまれてきたことをご存知でしょうか。 和樂webでは歴史上の美女の記事が人気を集めているようですが、(他人事ではなくて)自分自身も美しくありたいですね!わかめは、そんな方にもぴったりの食材と言えそうです。 かくいう私自身は昆布好きがこうじて「昆布大使(日本昆布協会認定)」を務めていますが、実はわかめも大好き!(昆布からわかめに浮気しているわけではありません笑) そこで今回は、わかめへの深い愛とともに、わかめの歴史 […]

旅と食
豆腐料理100品掲載!江戸時代のレシピ本からチーズそっくりの「味噌漬け」をつくってみた!

最近のものだと思っていたら、実は昔からあるものだったという話はよくあること。先人の知恵に感服することもしばしばです。 今回ご紹介する「豆腐の味噌漬け」もそのひとつ。「チーズの味に似ている」ということから、乳製品を控えている方やベジタリアンの方などに支持されている一品です。しかし実は、江戸時代に人気を集めた料理本「豆腐百珍」にすでに紹介されていたんです! さらに豆腐百珍を眺めてみると、美味しくて簡単に作れそうな豆腐レシピがたくさん紹介されています。 新型コロナウィウルスの影響による自粛ムードが続いていますが、「自宅で美味しい食事が食べたい」「簡単に作れる料理レパートリーを増やしたい」という方も多 […]

全76件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
スゴイぞ! 北斎 浮世絵頂上対決!
【大特集】さあ! 北斎vs5大絵師対決の始まりです! vs広重風景画対決、vs歌麿美人画対決、vs写楽人物画対決、vs国芳奇想対決、vs蕙斎キャラ対決/北斎って実はこんな人! びっくりエピソード集/ 江戸琳派抱一と浮世絵北斎、これはスゴイぞ!名作比べ/え!? 天才・北斎の娘は北斎以上の天才絵師だったなんて!/The UKIYO-E 2020 史上最強の浮世絵展が始まる!/夏、文豪と避暑地の物語/【綴じ込み保存版】あぁ!美しい! 絶景のニッポン!/浪速の名割烹「本湖月」の真実/納涼! 浮世絵切子まつり誌上通販/優待クーポン券付き! 全国厳選! 美術展カレンダー【特別付録】北斎“花鳥画”ミニうちわ
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
スゴイぞ! 北斎 浮世絵頂上対決!
【大特集】さあ! 北斎vs5大絵師対決の始まりです! vs広重風景画対決、vs歌麿美人画対決、vs写楽人物画対決、vs国芳奇想対決、vs蕙斎キャラ対決/北斎って実はこんな人! びっくりエピソード集/ 江戸琳派抱一と浮世絵北斎、これはスゴイぞ!名作比べ/え!? 天才・北斎の娘は北斎以上の天才絵師だったなんて!/The UKIYO-E 2020 史上最強の浮世絵展が始まる!/夏、文豪と避暑地の物語/【綴じ込み保存版】あぁ!美しい! 絶景のニッポン!/浪速の名割烹「本湖月」の真実/納涼! 浮世絵切子まつり誌上通販/優待クーポン券付き! 全国厳選! 美術展カレンダー【特別付録】北斎“花鳥画”ミニうちわ
和樂最新刊のご紹介