ネタ

 

ネタに関する読み物

全3件、1-10件を表示中
芸能と文化
明治はくじ引きで決まった?新聞社が読み方を誤報?元号にまつわるビックリな話

2019年4月1日。新元号の発表に、朝からそわそわしていた人も多いのでは。額縁に入った墨書を菅義偉内閣官房長官が恭しく掲げたのは、「令和」の文字。 「これって平成のときと同じ発表だ」。1989年「平成」の新元号発表当時、中学生だった私の記憶がよみがえりました。インターネットがない当時、家族で食い入るようにテレビの画面を見ていました。 そこで疑問に思ったのが、平成以前はどのように新元号を発表していたのかということ。 ということで、明治以降の新元号の発表にまつわるこぼれ話を紹介します。 前代未聞! 「明治」はくじ引きで決められた!? 慶應4~明治元年 1867(慶應3)年江戸幕府が倒れ、天皇を中心 […]

芸能と文化
もしも戦国時代にインターネットがあったら、織田信長はSNSをこう駆使していた!?

権謀術数うずまく戦国時代。通信技術が未発達で、じかに会うか手紙くらいしかコミュニケーションの手段がなかった時代は、誰もが疑心暗鬼と不安にとらわれていたことでしょう。 でも、もしこの時代にインターネットが整備されていたら、どうなっていたでしょうか? そんな妄想を1冊の書籍にまで昇華させたのが、大手ネットメディアで働くスエヒロさんです。 スエヒロさんは、自身のTwitterで、歴史上の人物・出来事と現代のメディアをミックスさせたパロディ画像を作成・投稿して人気を呼び、フォロワー数は10万人を超える方。それらを元にした著書に『【至急】塩を止められて困っています【信玄】』(飛鳥新社)、『豊臣秀吉を名乗 […]

芸能と文化
日本のハロウィン!?じじ・ばばが闊歩する「素隠居」とは【岡山】

すっかり秋の風物詩となった感のあるハロウィン。もとは古代ケルトでは、11月1日が新年とされており、その前夜の10月31日から、秋の収穫を祝う、盛大なお祭りを開いていたようです。また、この日は、死後の世界との扉が開き、先祖の霊や悪魔や魔女なども死後の世界からやってくると考えられており、人々は彼らと同じ格好に仮装して仲間だと思わせて身を守ろうとしました。その後、アメリカでは「ジャック・オ・ランタン」「トリック・オア・トリート」の風習が広まりました。現代では大人でも仮装を楽しむ人が多い日本のハロウィンは、もともとのハロウィンに近いかもしれません。 ところで、日本にも仮装をするお祭りがあることをご存じ […]

全3件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
桜と京都と日本人
徹底研究!桜と日本人/京都 桜を巡る旅2020/京都一の桜の里「原谷苑」を知っているか!?/京都在住カメラマン3人がおすすめ 穴場の花見スポット全発表!/華やか!京都・花見弁当の美学/「桜の骨董」を探して、ぶらり京都散歩/夜桜のあとは、この居酒屋で一献いかが?/2020京都・春の特別公開案内【特別付録】国芳 “浮世絵”エコバッグKUJIRA
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
桜と京都と日本人
徹底研究!桜と日本人/京都 桜を巡る旅2020/京都一の桜の里「原谷苑」を知っているか!?/京都在住カメラマン3人がおすすめ 穴場の花見スポット全発表!/華やか!京都・花見弁当の美学/「桜の骨董」を探して、ぶらり京都散歩/夜桜のあとは、この居酒屋で一献いかが?/2020京都・春の特別公開案内【特別付録】国芳 “浮世絵”エコバッグKUJIRA
和樂最新刊のご紹介