ホテル

 

ホテルに関する読み物

全6件、1-10件を表示中
旅と食
商店街が丸ごとホテル? 街に活気を呼び戻す「商店街HOTEL 講 大津百町」のユニークな戦略

割烹着につっかけサンダル、買い物かごを手に提げて……「今日の夕飯、何にしようかしら?」 昭和の時代、食料品や日用品の買い物の場は商店街が当たり前だった。青果店、精肉店、衣料品店に電気店まで、あらゆる個人商店が連なるエリアは地域に密着した商業空間。海外では日用品を扱う小さな店舗は露天市場や屋台街に並ぶところが多いので、日本のような面構えのしっかりした店舗が連なる景色は珍しいらしい。で、「商店街ホテル」だ。この日常ど真ん中の場所がホテルってどーいうこと!? 商店街の数が増えたのは戦後の復興期から高度成長期にかけて。街道沿いなど人通りの多い場所に自然発生的に生まれて、地域の祭りやイベントを支える「街 […]

旅と食
「日帰りなんてマジカ」ポスターを勝手に検証!実際に奈良に泊まってみた結果は…?

「鳴くよウグイス平安京」。794年に京都に都が遷る以前、ここ奈良が日本の中心でした。長い歴史を紡いできた奈良には、歴史ある建造物や国宝などが数多く残り、職人たちによって受け継がれてきた伝統工芸や、他の地域になかなか出回らない伝統野菜 “大和野菜” が息づいています。そして公園だけではなく道路を気ままに行き来する鹿も奈良を訪れる人に人気です。でも京都や大阪と比べて、奈良は日帰り観光のほうが多いという傾向もあるようです。 今回は奈良の魅力がギュッと詰まった滞在を、観光名所である興福寺や猿沢池のそばという抜群の立地にある「セトレならまち」に宿泊して体験してきました! 「泊まれ!!」奈良は日帰りじゃも […]

日本美術
装飾に秀吉の兜も? 泊まれる重要文化財「東京ステーションホテル」は大和魂のカタマリだった

ニッポンの「顔」となった歴史的建造物を使い継ぐ、クラシックホテル もはや東京の顔でなく、ニッポンの顔。2024年発行予定の新一万円札裏面に描かれる、東京駅丸の内駅舎内にあるのが「東京ステーションホテル」だ。東京駅開業の翌年、1915年(大正4年)にオープンし、当時の建物をいまに引き継いで営業するこのクラシックホテルは、国指定重要文化財の中に宿泊できる国内唯一のホテルでもある。 「宝石の原石のようなホテルに関われることに、喜びを感じました」。総支配人、藤崎斉(ひとし)さんは、着任した再開業準備当時をそう振り返る。2020年、日本は空前のホテル開業ラッシュに沸き立つ。そんな今だからこそ、日本のホテ […]

旅と食
これが新潮流だ! 「ノーガホテル 上野 東京」が導くホテルの未来像

ライフスタイルホテル:地域それぞれの個性を届ける発信基地 ホテルに新しい波が起こっている。それも世界中で。特別な日に非日常を楽しんだり、ビジネスや観光を終えて寝るためだけじゃない、新しいスタイルが注目を集めているのだ。旅好き、宿好きの果てなき欲望を満たしてくれるホテルは「ライフスタイルホテル」と呼ばれる。 ライフスタイルと形容されるのは、働く、待ち合わせる、食事をする、アートを観るといった生活そのものが入っているから。理想とする暮らしのデザインや時間の過ごし方を提案して、ゲストにインスピレーションも与えてくれる。スタッフの応対は友だちのように気さく。デザインに気を配った空間で、肩肘張らずに過ご […]

旅と食
ラグジュアリーホテルなのにまるで戦国美術館!宿泊者限定のアートガイドでプチ戦国萌えっ

大阪・梅田のランドマーク「空中庭園展望台(梅田スカイビル)」がある新梅田シティ。ここに、大阪中心部にありながら緑に囲まれた都会のオアシス「ウェスティンホテル大阪」があります。新梅田シティの中自然(ちゅうしぜん)の森を散歩していると、気が付けばウェスティンホテル大阪に誘われていた…そんな都会にありながら自然に溶け込むような佇まいが魅力のホテルです。 ウェスティンホテルといえば世界展開する「マリオット・インターナショナル」のプレミアムブランドのひとつ、いわゆる外資系ラグジュアリーホテルです。世界のVIPに愛されるホテルに相応しく、素晴らしい美術品が楽しめることは以前から知られていましたが、実は宿泊 […]

旅と食
まるでギャラリー!「ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ」はアート好きこそ訪れるべきホテルです

NOTギャラリーBUTホテル!温泉とアートが融合したら… エントランスをくぐると、そこには圧巻の竹アートが…。新しいギャラリーではありません。ここは8月に大分・別府にオープンしたラグジュアリーホテル「ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ」。国内屈指の温泉地に、インターコンチネンタルホテルズグループが、世界初として手がけた温泉スパリゾートなのです。しかしながらホテル内には、いたるところに現代作家のアートワークが。その風景はまるでギャラリーか美術館のようです。温泉とアート…なんだか不思議な組み合わせのようにも思えますが、実際に訪れてみると、心からリラックスできる特別な空間でした。 まずは […]

全6件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
新しい歌舞伎の時代がやってくる!
独占掲載!市川海老蔵、團十郎襲名への思いを語る!/ 巻頭特別グラビア 十一代目市川海老蔵の助六/ 今こそ知りたい! 團十郎と歌舞伎十八番のすべて!/ 市川團十郎、元禄以来の三百年物語/ プレイバック『和樂ムック 市川海老蔵 成田屋の粋と艶』/ 浮世絵は歌舞伎をどう描いてきたか徹底研究!/ ニッポンの伝統芸能を支える人々スペシャル 鳥居派九代目絵師 鳥居清光/ 絵巻「原寸」美術館オープン!/ 東大寺、大仏 神秘の大宇宙/ おにぎりと日本人 【特別付録】国芳浮世絵ミニノートNEKOZUKUSHI! 【特別企画】東大寺“大仏”大ポスター(三好和義撮影)
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
新しい歌舞伎の時代がやってくる!
独占掲載!市川海老蔵、團十郎襲名への思いを語る!/ 巻頭特別グラビア 十一代目市川海老蔵の助六/ 今こそ知りたい! 團十郎と歌舞伎十八番のすべて!/ 市川團十郎、元禄以来の三百年物語/ プレイバック『和樂ムック 市川海老蔵 成田屋の粋と艶』/ 浮世絵は歌舞伎をどう描いてきたか徹底研究!/ ニッポンの伝統芸能を支える人々スペシャル 鳥居派九代目絵師 鳥居清光/ 絵巻「原寸」美術館オープン!/ 東大寺、大仏 神秘の大宇宙/ おにぎりと日本人 【特別付録】国芳浮世絵ミニノートNEKOZUKUSHI! 【特別企画】東大寺“大仏”大ポスター(三好和義撮影)
和樂最新刊のご紹介