ラグビー

 

ラグビーに関する読み物

全2件、1-10件を表示中
茶の湯
ラグビーと茶道を比較してみたら人生訓がつまってた?意外とあった共通点

ラグビーワールドカップの興奮を冷めやらぬ今、トップリーグが始まりました。前年とは比べ物にならないほどチケットの売れ行きに、「ラグビー人気は本物だ」という声が上がっています。 私は昔から主に大学ラグビーを見ていたので、嬉しい悲鳴ですね! ラグビーの試合を見るたびに、思い出す日本文化があります。それは茶道。ストイックでありながら人とのコミュニケーションが欠かせない茶の湯が、ラグビーとダブって見えたのです。考えてみたところ、実は意外と共通点が多かったんです! 「にじり口」はロッカールーム?別世界へのそれぞれの入り口 先日ラグビージャーナリストである村上晃一さんから、元日本代表・林敏之さんの話を伺う機 […]

茶の間ラボ
ラグビーファンのお土産にぴったり!ラガー招き猫で勝利を呼べ!

和樂で掲載されるたびに大人気となる、江戸木目込の招き猫。2019年9月20日に開催されるラグビーワールドカップにあわせて、ラグビーのユニフォームを着た招き猫が登場! 小さいながらも堂々とした出で立ちは、さながらラグビー選手のよう! 「江戸木目込人形」とは? 製作は江戸木目込人形の名店「柿沼人形」。 そもそも「木目込人形」とは、人形の型に1〜2mmの筋を彫り、のりをいれて布を“きめこむ”人形の一種。約280年前に京都で発祥しました。のちに江戸に伝わり、発展したものが「江戸木目込人形」です。「柿沼人形」では土台の製作から木目込まで、すべて職人の手でおこなわれており、2015年に「木目込招き猫」が誕 […]

全2件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
新しい歌舞伎の時代がやってくる!
独占掲載!市川海老蔵、團十郎襲名への思いを語る!/ 巻頭特別グラビア 十一代目市川海老蔵の助六/ 今こそ知りたい! 團十郎と歌舞伎十八番のすべて!/ 市川團十郎、元禄以来の三百年物語/ プレイバック『和樂ムック 市川海老蔵 成田屋の粋と艶』/ 浮世絵は歌舞伎をどう描いてきたか徹底研究!/ ニッポンの伝統芸能を支える人々スペシャル 鳥居派九代目絵師 鳥居清光/ 絵巻「原寸」美術館オープン!/ 東大寺、大仏 神秘の大宇宙/ おにぎりと日本人 【特別付録】国芳浮世絵ミニノートNEKOZUKUSHI! 【特別企画】東大寺“大仏”大ポスター(三好和義撮影)
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
新しい歌舞伎の時代がやってくる!
独占掲載!市川海老蔵、團十郎襲名への思いを語る!/ 巻頭特別グラビア 十一代目市川海老蔵の助六/ 今こそ知りたい! 團十郎と歌舞伎十八番のすべて!/ 市川團十郎、元禄以来の三百年物語/ プレイバック『和樂ムック 市川海老蔵 成田屋の粋と艶』/ 浮世絵は歌舞伎をどう描いてきたか徹底研究!/ ニッポンの伝統芸能を支える人々スペシャル 鳥居派九代目絵師 鳥居清光/ 絵巻「原寸」美術館オープン!/ 東大寺、大仏 神秘の大宇宙/ おにぎりと日本人 【特別付録】国芳浮世絵ミニノートNEKOZUKUSHI! 【特別企画】東大寺“大仏”大ポスター(三好和義撮影)
和樂最新刊のご紹介