一陽窯

 

一陽窯に関する読み物

全3件、1-10件を表示中
旅と食
お気に入りの「道具」がミソ! 岡山で“お茶のある時間”の楽しみかたを発見しました

村田珠光や千利休など茶人に愛された備前焼の郷であり、日本の茶祖・栄西禅師の生まれ故郷でもある岡山県。江戸中期からは晴れの国・吉備津(きびつ)の肥沃な大地で茶葉を栽培、煎茶だけでなく独特な製法での番茶の生産が続いています。実は茶文化とかかわりの深い土地でもある岡山。どんな“お茶のある時間”が楽しまれているのでしょう。 道具を愛でる岡山茶文化、ここにあり! うかがったのは、和樂でもおなじみの備前焼窯元の一陽窯。3代目の木村肇さんのものづくり仲間である木工作家の小林克久さんと家具作家の木多隆志さんが一陽窯の工房に集まるというので、愛用しているお茶の道具を持ち寄っていただきました。 驚いたのは、みなさ […]

茶の間ラボ
名画「牛乳を注ぐ女」の ピッチャーは岡山産!?フェルメール備前焼ピッチャー誕生物語

鈍い艶ときらめきをもち、ざらっとしているようでいてなめらかな肌。茶褐色とも錆茶色(さびちゃいろ)ともいわれる神秘的な色。2017年に日本遺産にも登録された日本六古窯(こよう)のひとつ、岡山県の備前地区で作陶される備前焼の特徴です。この素焼きのやきものと、生涯オランダのデルフトで作画を続けたフェルメールの名作「牛乳を注ぐ女」には、何やら親和性が…? 備前焼の窯元、一陽窯(いちようがま)の木村肇(はじめ)さんと和樂による、商品開発の物語をお届けします。 これって備前焼っぽくない? すべてはこのひらめきから生まれました ことのはじまりは、編集部での商品開発会議。特集「若冲とフェルメール、美の三原色」 […]

茶の間ラボ
和樂×一陽窯「フェルメール備前焼ピッチャー」

山々に囲まれながらも南に瀬戸内海を擁する自然豊かな備前市。そんな土地で制作されたのが、フェルメールの「牛乳を注ぐ女」からイメージした、大きさ違いのピッチャーです。 「牛乳を注ぐ女」のピッチャー! 花器として使っても素敵 大きさは、大小の2種類。上写真で花器として使ったのが大きいほう、食卓でウォーターピッチャーにしたり、小花を入れるのにちょうどいいのは小。備前焼は表面に微細な凹凸や気泡が現れることから、水がおいしくなるとか、泡が細かく立ってビールグラス向きともいわれています。 しっかり握りやすい持ち手や、水切れのいい注ぎ口は、絵の中にわずかに見えるピッチャーの口や握った手の感じと、一陽窯の木村肇 […]

全3件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
楽しいぞ!民藝の旅/クリムトvs日本美術 絢爛豪華8大対決!!/<緊急追悼特集>ありがとう!ドナルド・キーン先生/<ロングインタビュー>十五代目片岡仁左衛門/特別付録 かわいいミニ便箋&封筒「クリムト“黄金の名作“レターセット」
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
楽しいぞ!民藝の旅/クリムトvs日本美術 絢爛豪華8大対決!!/<緊急追悼特集>ありがとう!ドナルド・キーン先生/<ロングインタビュー>十五代目片岡仁左衛門/特別付録 かわいいミニ便箋&封筒「クリムト“黄金の名作“レターセット」
和樂最新刊のご紹介