健康

 

健康に関する読み物

全3件、1-10件を表示中
芸能と文化
病気をポップかつエキセントリックに描く!平安時代の衝撃的な絵巻『病草紙』を見てくれっ

医療が発達した現代でも病気はなくなりません。病気とハッピーな気分が結びつく人なんて、この世にほとんどいないでしょう。でも、日本には『病草紙』という、病気をポップに描いたエキセントリックな作品があるのです。 まずはその一部をご覧ください。 「眼病の男」 男性が白内障の治療で目に針を刺され、大量に血を吹き出しています。その隣で、女の人がとっても楽しそうに笑っています。これは非常に奇妙な光景です。想像したただけで痛くて怖い。それなのになんで、彼女は笑っているの??しかもギャラリーが集まりすぎです。 平安時代に描かれた『病草紙』は、まだまだわからないことが多い絵巻です。どうしてこんなにポップに描かれた […]

芸能と文化
風邪もだるさも一晩速攻!漢方の基本と活用術

わたしは風邪を引きやすく長引きやすい。この冬もさっそく風邪を引き、ネット情報を手掛かりに漢方薬を試すとなんと一晩で回復。その情報を知人の医師に見せたところやや怪しかったみたい(結果として治ったからよかったけど)。そこで、いい機会なので、漢方の基礎知識から自分で使いこなせるようになる方法までをまとめてみます。 指導してくれたのは、医師でシンガーで漢方に精通する女医の木村至信(しのぶ)さんです。 そもそも漢方ってなんだろう? 医学には、西洋医学と東洋医学というふたつの大きな潮流があります。 西洋医学の始祖は、紀元前400~300年頃のギリシアの医師・ヒポクラテス。東洋医学の始祖は、150~220年 […]

芸能と文化
【お灸フェスレポート】いいこと尽くめのお灸を楽しんで知る!

2019年9月23日、両国駅から徒歩10分ほどの神社で「お灸フェス」が行われました。鍼灸って日本の文化ですが、詳しいことはまったくわかりません。そんな知識ゼロ状態での参加でしたが、尊い学びの連続でした。奥深いお灸の話を皆様へ。 神社と鍼灸のコラボ「お灸フェス」 お灸フェスとは、東京都鍼灸師会の青年部が主催する「お灸を通して鍼灸を知ってもらうイベント」とのこと。2016年に東京での開催がはじまり、2019年で4回目となります。 会場は、墨田区の江島杉山(えじますぎやま)神社。神社の境内どころか、普段は入れない本堂に会場を設置してフェスが行われます。これだけでもすでにありがたく、ご利益がありそうな […]

全3件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
新しい歌舞伎の時代がやってくる!
独占掲載!市川海老蔵、團十郎襲名への思いを語る!/ 巻頭特別グラビア 十一代目市川海老蔵の助六/ 今こそ知りたい! 團十郎と歌舞伎十八番のすべて!/ 市川團十郎、元禄以来の三百年物語/ プレイバック『和樂ムック 市川海老蔵 成田屋の粋と艶』/ 浮世絵は歌舞伎をどう描いてきたか徹底研究!/ ニッポンの伝統芸能を支える人々スペシャル 鳥居派九代目絵師 鳥居清光/ 絵巻「原寸」美術館オープン!/ 東大寺、大仏 神秘の大宇宙/ おにぎりと日本人 【特別付録】国芳浮世絵ミニノートNEKOZUKUSHI! 【特別企画】東大寺“大仏”大ポスター(三好和義撮影)
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
新しい歌舞伎の時代がやってくる!
独占掲載!市川海老蔵、團十郎襲名への思いを語る!/ 巻頭特別グラビア 十一代目市川海老蔵の助六/ 今こそ知りたい! 團十郎と歌舞伎十八番のすべて!/ 市川團十郎、元禄以来の三百年物語/ プレイバック『和樂ムック 市川海老蔵 成田屋の粋と艶』/ 浮世絵は歌舞伎をどう描いてきたか徹底研究!/ ニッポンの伝統芸能を支える人々スペシャル 鳥居派九代目絵師 鳥居清光/ 絵巻「原寸」美術館オープン!/ 東大寺、大仏 神秘の大宇宙/ おにぎりと日本人 【特別付録】国芳浮世絵ミニノートNEKOZUKUSHI! 【特別企画】東大寺“大仏”大ポスター(三好和義撮影)
和樂最新刊のご紹介