取り寄せ

 

取り寄せに関する読み物

全12件、1-10件を表示中
旅と食
ご飯のお供におすすめ。お取り寄せしたい「金糸瓜の粕漬」とは?

第7回「安藤醸造の金糸瓜の粕漬」 選・本記事担当 藤田優 「金糸瓜(きんしうり)の粕漬は、2018年和樂8・9月号のニッポンを知る100の旅へ! の特集で秋田・角館(かくのだて)を訪ねたときに出合った味。つい数か月前に食べたものですが、その味が忘れられず東京に戻ってから、ご飯のお供にと再び取り寄せました」 金糸瓜は果肉が糸状の繊維になっている野菜。ゆでると果肉がほぐれて糸状になるため、別名「そうめんかぼちゃ」とも呼ばれています。冬が長い秋田の食卓には漬物が欠かせません。金糸瓜も漬物の対象なのです。 「角館に入って取材前に昼食をとったお店で食べたのが最初の出合い。定食に付いていた漬物のうちのひと […]

旅と食
ほっかほかのご飯に!神宗の「細切り柚子昆布」がたまらない!【大阪】

第6回「神宗の細切り柚子昆布」 選・服飾、宝飾担当 福田詞子 生まれ育ったのは東京の下町。古きよき東京が残る“谷根千”が好きで、ずっと根津に暮らしているという福田さん。ご飯のお供の好みは必然的に江戸前。そんな福田さんと大阪の昆布文化を象徴する老舗「神宗(かんそう)」の佃煮を結びつけたものは、意外なところに。それは“宝塚歌劇団”! 「大阪の“ヅカ友”のおばさまが来京するたびに、小箱に入った神宗の塩昆布をくださって。まだ東京で神宗を買える場所が限られていたころから、ここのファンになりました。東京で昔から食べられてきたごはんのおともはたいてい甘辛く、醬油でしっかり炊いた味ですが、大阪でつくられている […]

旅と食
忍者の携帯食!伊賀の名品「養肝漬」がご飯にも酒にも合う!

日本の辺境・異境を物ともせずに旅に出る和樂スタッフが、「自分史上最高のご飯のお供」を、自前のお茶碗に盛ってプレゼン。故郷を思い出す味、取材で知った味…個性あふれる和樂スタッフの生の声をお楽しみください。 第4回「宮崎屋の養肝漬」 選・副編集長 福持名保美 三重県を故郷にもつ福持。海と山に囲まれた三重は、どちら側に近いかで大きく食文化が異なるそう。実家があるのは“山寄り”ということで、ご飯のお供といえば漬物が定番だったとか。そこで挙がったのが「養肝漬(ようかんづけ)」。「ようかん」という名前の由来に興味津々、実物を見てさらにびっくり。「ね? 人に紹介すると言葉の響きでまず驚かれるんです。地元では […]

旅と食
鰹節だけじゃない!昆布の削りたても最高だって!富山のふわっふわ「特白とろろ」

新米も出回りはじめ、ご飯のおいしい季節。和樂webでは、新米特集 全10回をお届けしています!日本の辺境・異境を物ともせずに旅に出る和樂スタッフが、「自分史上最高のご飯のお供」を、自前のお茶碗に盛ってプレゼン。故郷を思い出す味、取材で知った味…個性あふれる和樂スタッフの生の声をお楽しみください。 第8回「八島こんぶ店の特白とろろ」 選・古里典子 「ちょっと惜しいなぁと思うのは、削りたての鰹節の美味しさは広く知られているのに、ご飯のお供として昆布の削りたてについては知られていないこと」 物心ついたときから、昆布でご飯を食べていたという古里。江戸時代、北前船(きたまえぶね)によって大量の昆布が富山 […]

旅と食
冷蔵庫に必ずある!福岡っ子の常備食、ごはんが進みすぎて困っちゃうんだよ

日本の辺境・異境を物ともせずに旅に出る和樂スタッフが、「自分史上最高のご飯のお供」を、自前のお茶碗に盛ってプレゼン。故郷を思い出す味、取材で知った味…個性あふれる和樂スタッフの生の声をお楽しみください。 第2回 「ふくやの明太子」 選・文化担当 高橋亜弥子 「どの家の冷蔵庫にも明太子が常備されているものかと思ったら、そうでもないんですよね。上京して驚いたことのひとつです(笑)」 とは博多っ子である高橋さん。編集部ではいちばん地方出張が多く、つねに“旅の空の下”のスナフキン的存在。どんなご飯のお供が飛び出してくるかと思いきや、故郷の代名詞ともいえる明太子が挙がりました。 「明太子って昔からある食 […]

旅と食
ん〜っ、シャクシャクした食感と甘めの味付けがご飯に合う!「天安の生あみ」

新米も出回りはじめ、ご飯のおいしい季節。和樂webでは、新米特集 全10回を毎週木曜日に更新しています! 日本の辺境・異境を物ともせずに旅に出る和樂スタッフが、「自分史上最高のご飯のお供」を、自前のお茶碗に盛ってプレゼン。故郷を思い出す味、取材で知った味…個性あふれる和樂スタッフの生の声をお楽しみください。 第3回 「天安の生あみ」 選・旅担当 小竹智子 えびのように見えて、えびではない。小型甲殻類に分類される小さな生き物「あみ」。茨城・霞ヶ浦が代表産地として知られ、関東圏の人にとって佃煮といえばあみは欠かすことができないもの。食べた人にはわかるこの味、あみをこよなく愛する小竹さんのアピールは […]

旅と食
一度は食べたい!恐ろしいほどごはんが進む「牛肉茶漬」に挑戦せよ!【神戸】

日本の辺境・異境を物ともせずに旅に出る和樂スタッフが、「自分史上最高のご飯のお供」を、自前のお茶碗に盛ってプレゼン。故郷を思い出す味、取材で知った味…個性あふれる和樂スタッフの生の声をお楽しみください。 第9回「大井肉店の牛肉茶漬」 選・茶の湯担当 植田伊津子 明治4(1871)年に神戸初の牛肉専門店として開業した大井肉店(おおいにくてん)。日本人の肉食の歴史と共にあり、関西肉文化を牽引してきた名店として知られています。創業者の岸田伊之助(いのすけ)は、牛の目利きであり、商売の才覚が優れていました。明治35(1902)年には「牛肉味噌漬」や「牛肉佃煮」の製造販売を始め、全国に広まっていったとか […]

旅と食
ごはんのお供に丸赤の「いかの塩辛」がたまらないっ…!しかも皮あり・なしで選べる!

本の辺境・異境を物ともせずに旅に出る和樂スタッフが、「自分史上最高のご飯のお供」を、自前のお茶碗に盛ってプレゼン。故郷を思い出す味、取材で知った味…個性あふれる和樂スタッフの生の声をお楽しみください。 「丸赤のいか塩辛」 ご飯に塩辛? そもそもその発想がなかった! と新居さんに伝えると「私もよ」との返事が。 「取材で旅館に泊まると、海沿いの地域だと朝食にも塩辛が出てきたりするでしょう? ごはんの湯気で生温かくなった塩辛のにおいが私はちょっと苦手。塩辛そのものは大好きなので、ご飯にも合うものってないのかな、と思っていたんです」 そこで巡り合ったのが、丸赤(まるあか)の塩辛でした。この店の塩辛には […]

旅と食
ご飯のお供にはこのオイルサーディンが合う!しらすの名産地・駿河湾の絶品土産【静岡】

日本の辺境・異境を物ともせずに旅に出る和樂スタッフが、「自分史上最高のご飯のお供」を、自前のお茶碗に盛ってプレゼン。故郷を思い出す味、取材で知った味…個性あふれる和樂スタッフの生の声をお楽しみください。 第10回「カネキ水産のかえりちりめんのオリーブオイル漬」 選・美術担当 山本 毅 和樂で17年編集に携わってきた山本さん。長きにわたり、フードジャーナリスト・向笠千恵子さんとの食紀行や温泉宿を巡る連載などを担当してきました。日本のすみずみまで取材を重ねてきた先輩に旅取材の楽しみをたずねたところ、「道の駅巡り、それから駅の直売所をのぞくこと」とのこと。その土地のよさを直接的に感じられるのは風土に […]

旅と食
新米の季節到来! ご飯のお供は「京都のちりめん山椒」がオススメ

日本の辺境・異境を物ともせずに旅に出る和樂スタッフが、「自分史上最高のご飯のお供」を、自前のお茶碗に盛ってプレゼン。故郷を思い出す味、取材で知った味…個性あふれる和樂スタッフの生の声をお楽しみください。 第1回「手づくり処 いち川のちりめん山椒」 選・編集長 高木史郎 「京都の知人から『だまされたと思って食べてみて』と言われて、ここのちりめん山椒を食べてみたら、本当にだまされちゃいました」 と笑いながら高木編集長がすすめるのが、こちらの一品。「手づくり処いち川」は、昭和63(1988)年に、ある主婦が京都・嵯峨野にある自宅で始めた、ちりめん山椒の専門店。今でこそ京都土産として定着しているちりめ […]

全12件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介