取り寄せ

 

取り寄せに関する読み物

全11件、1-10件を表示中
旅と食
ご飯のお供10選まとめ 〜白米にはこれだ! 日本各地から厳選〜

「これさえあれば何杯でも食べれちゃう!」そんな、こだわりの“ご飯のお供”はありませんか? 和樂INTOJAPANでは、日本の辺境・異境を物ともせずに旅に出る和樂スタッフが、「自分史上最高のご飯のお供」を紹介。お米が美味しい新米の季節、日本各地のさまざまな“ご飯のお供”を、ぜひお試しください! 和樂スタッフがおすすめする「ご飯のお供」10選! 1.ちりめん山椒 【京都】 「京都の知人から『だまされたと思って食べてみて』と言われて、ここのちりめん山椒を食べてみたら、本当にだまされちゃいました」と、高木編集長がおすすめする「手づくり処 いち川のちりめん山椒」。シンプルなのに飽きがこない、毎日でも食べ […]

旅と食
ご飯のお供にはこのオイルサーディンが合う!しらすの名産地・駿河湾の絶品土産

第10回「カネキ水産のかえりちりめんのオリーブオイル漬」 選・美術担当 山本 毅 和樂で17年編集に携わってきた山本さん。長きにわたり、フードジャーナリスト・向笠千恵子さんとの食紀行や温泉宿を巡る連載などを担当してきました。日本のすみずみまで取材を重ねてきた先輩に旅取材の楽しみをたずねたところ、「道の駅巡り、それから駅の直売所をのぞくこと」とのこと。その土地のよさを直接的に感じられるのは風土に根付いたご飯のお供に勝るものはないそう。 買い物をするときのアドバイスは? 「加工品の場合は材料の表示を必ず見ます。名物といいながらその土地のものでないものも最近多いしね。添加物が入っていないものならベス […]

旅と食
ご飯のお供に贅沢! 最高級黒毛和種牛肉を使用した「牛肉茶漬」

第9回「大井肉店の牛肉茶漬」 選・茶の湯担当 植田伊津子 明治4(1871)年に神戸初の牛肉専門店として開業した大井肉店(おおいにくてん)。日本人の肉食の歴史と共にあり、関西肉文化を牽引してきた名店として知られています。創業者の岸田伊之助(いのすけ)は、牛の目利きであり、商売の才覚が優れていました。明治35(1902)年には「牛肉味噌漬」や「牛肉佃煮」の製造販売を始め、全国に広まっていったとか。ここで紹介する「牛肉茶漬」は14年ほど前に開発されたもので、長い歴史をもつこの店にとっては、新しいもの。関西にはごはんの〆はお茶漬け、という習慣があり、お茶漬け用にあっさりと食べられる牛肉の佃煮を、とい […]

旅と食
ご飯のお供に削りたての“昆布”がオススメ!鰹節だけじゃない絶品土産

第8回「八島こんぶ店の特白とろろ」 選・副編集長 古里典子 「ちょっと惜しいなぁと思うのは、削りたての鰹節の美味しさは広く知られているのに、ご飯のお供として昆布の削りたてについては知られていないこと」 物心ついたときから、昆布でご飯を食べていたという古里。江戸時代、北前船(きたまえぶね)によって大量の昆布が富山に運ばれた経緯もあって昆布消費量は国内トップクラスを誇る富山の出身です。“昆布でごはん”といっても、佃煮ではありません。ふわっと“削りたて”の昆布が地元の人には、最高のごはんのおともだとか。となると、お気に入りは「八島こんぶ店」。昭和初期に開業し、北海道産天然真昆布を扱う地元でも一目置か […]

旅と食
ご飯のお供におすすめ。お取り寄せしたい「金糸瓜の粕漬」とは?

第7回「安藤醸造の金糸瓜の粕漬」 選・本記事担当 藤田優 「金糸瓜(きんしうり)の粕漬は、2018年和樂8・9月号のニッポンを知る100の旅へ! の特集で秋田・角館(かくのだて)を訪ねたときに出合った味。つい数か月前に食べたものですが、その味が忘れられず東京に戻ってから、ご飯のお供にと再び取り寄せました」 金糸瓜は果肉が糸状の繊維になっている野菜。ゆでると果肉がほぐれて糸状になるため、別名「そうめんかぼちゃ」とも呼ばれています。冬が長い秋田の食卓には漬物が欠かせません。金糸瓜も漬物の対象なのです。 「角館に入って取材前に昼食をとったお店で食べたのが最初の出合い。定食に付いていた漬物のうちのひと […]

旅と食
ご飯のお供に、おにぎりに。お取り寄せしたい神宗の「細切り柚子昆布」

第6回「神宗の細切り柚子昆布」 選・服飾、宝飾担当 福田詞子 生まれ育ったのは東京の下町。古きよき東京が残る“谷根千”が好きで、ずっと根津に暮らしているという福田さん。ご飯のお供の好みは必然的に江戸前。そんな福田さんと大阪の昆布文化を象徴する老舗「神宗(かんそう)」の佃煮を結びつけたものは、意外なところに。それは“宝塚歌劇団”! 「大阪の“ヅカ友”のおばさまが来京するたびに、小箱に入った神宗の塩昆布をくださって。まだ東京で神宗を買える場所が限られていたころから、ここのファンになりました。東京で昔から食べられてきたごはんのおともはたいてい甘辛く、醬油でしっかり炊いた味ですが、大阪でつくられている […]

旅と食
ご飯のお供はちょっと意外。丸赤の「いかの塩辛(皮なし)」

新米も出回りはじめ、ご飯のおいしい季節。和樂INTOJAPANでは、新米特集 全10回を毎週木曜日に更新しています! 日本の辺境・異境を物ともせずに旅に出る和樂スタッフが、「自分史上最高のご飯のお供」を、自前のお茶碗に盛ってプレゼン。故郷を思い出す味、取材で知った味…個性あふれる和樂スタッフの生の声をお楽しみください。 第5回「丸赤のいか塩辛」 選・歌舞伎担当 新居典子 ご飯に塩辛? そもそもその発想がなかった! と新居さんに伝えると「私もよ」との返事が。 「取材で旅館に泊まると、海沿いの地域だと朝食にも塩辛が出てきたりするでしょう? ごはんの湯気で生温かくなった塩辛のにおいが私はちょっと苦手 […]

旅と食
ご飯のお供に漬物は間違いなし。 新米と食べたい伊賀の名品「養肝漬」

新米も出回りはじめ、ご飯のおいしい季節。和樂INTOJAPANでは、新米特集 全10回を毎週木曜日に更新しています! 日本の辺境・異境を物ともせずに旅に出る和樂スタッフが、「自分史上最高のご飯のお供」を、自前のお茶碗に盛ってプレゼン。故郷を思い出す味、取材で知った味…個性あふれる和樂スタッフの生の声をお楽しみください。 第4回「宮崎屋の養肝漬」 選・副編集長 福持名保美 三重県を故郷にもつ福持。海と山に囲まれた三重は、どちら側に近いかで大きく食文化が異なるそう。実家があるのは“山寄り”ということで、ご飯のお供といえば漬物が定番だったとか。そこで挙がったのが「養肝漬(ようかんづけ)」。「ようかん […]

旅と食
ご飯のお供にピッタリ! 新米と食べたい「天安の生あみ」

新米も出回りはじめ、ご飯のおいしい季節。和樂INTOJAPANでは、新米特集 全10回を毎週木曜日に更新しています! 日本の辺境・異境を物ともせずに旅に出る和樂スタッフが、「自分史上最高のご飯のお供」を、自前のお茶碗に盛ってプレゼン。故郷を思い出す味、取材で知った味…個性あふれる和樂スタッフの生の声をお楽しみください。 第3回 「天安の生あみ」 選・旅担当 小竹智子 えびのように見えて、えびではない。小型甲殻類に分類される小さな生き物「あみ」。茨城・霞ヶ浦が代表産地として知られ、関東圏の人にとって佃煮といえばあみは欠かすことができないもの。食べた人にはわかるこの味、あみをこよなく愛する小竹さん […]

旅と食
ベストオブご飯のお供は「ふくやの明太子」。新米が美味しい季節

新米も出回りはじめ、ご飯のおいしい季節。和樂INTOJAPANでは、新米特集 全10回を毎週木曜日に更新しています! 日本の辺境・異境を物ともせずに旅に出る和樂スタッフが、「自分史上最高のご飯のお供」を、自前のお茶碗に盛ってプレゼン。故郷を思い出す味、取材で知った味…個性あふれる和樂スタッフの生の声をお楽しみください。 第2回 「ふくやの明太子」 選・文化担当 高橋亜弥子 「どの家の冷蔵庫にも明太子が常備されているものかと思ったら、そうでもないんですよね。上京して驚いたことのひとつです(笑)」 とは博多っ子である高橋さん。編集部ではいちばん地方出張が多く、つねに“旅の空の下”のスナフキン的存在 […]

全11件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
楽しいぞ!民藝の旅/クリムトvs日本美術 絢爛豪華8大対決!!/<緊急追悼特集>ありがとう!ドナルド・キーン先生/<ロングインタビュー>十五代目片岡仁左衛門/特別付録 かわいいミニ便箋&封筒「クリムト“黄金の名作“レターセット」
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
楽しいぞ!民藝の旅/クリムトvs日本美術 絢爛豪華8大対決!!/<緊急追悼特集>ありがとう!ドナルド・キーン先生/<ロングインタビュー>十五代目片岡仁左衛門/特別付録 かわいいミニ便箋&封筒「クリムト“黄金の名作“レターセット」
和樂最新刊のご紹介