和食

 

和食に関する読み物

全90件、1-10件を表示中
芸能と文化
寺子屋の教科書に漉き込まれた髪の毛を分析!?江戸の食生活がわかる「同位体分析」とは

江戸時代の食文化は、農業や漁業の発展、陸路や海路の整備、流通や運輸技術の向上、そして何より泰安な世が続いたことで、社会全体で豊かに育まれていきました。 江戸時代には多くの出版物が出され、現存するものはこの時代の食文化や生活を知るための貴重な資料となっています。しかし文献を読むことだけが、歴史の謎をひも解く手段とは限りません。江戸時代に作られた本の中には髪の毛がすき込まれているものがあり、この毛を使えば、当時の食を科学的に分析することも可能なのだとか。「わ、気持ち悪」と引いてしまったアナタ、まだこのページから離れないで! もうしばらくこの記事に付き合ってください。 では、古書に残された髪の毛を使 […]

茶の湯
夏こそ燗だ!燗酒に特化した「梅津酒造」と燗酒専門「山枡酒店」12000字徹底レポート!

お燗にしておいしいお酒に出合うことなくして、お燗酒にハマることはない というのがこの2年ほどで急速に燗酒好きになったわたしの実感。ところがこの出合いはどこにでもあるわけではないのが、お燗に向いている酒を追いかける面白さであり、歯がゆいところでもある。なぜなら世の人は圧倒的に冷やしたお酒に飲み慣れているので、冷やして飲んでうまい酒をそろえている店が圧倒的多数だから。 燗酒(今の時代、ここは純米酒でいきたい。アルコールが添加されている醸造酒が燗酒向きという話は昔からあるが、わたしは悪酔いしちゃうので苦手)がおいしく飲める店にたどり着けたらしめたもの。燗酒好きは自分が少数派であることに自覚があるので […]

茶の湯
旬の和ハーブで気分爽快!江戸時代に人気を集めた「シソ飯」と簡単レシピ

ピリリとした爽やかな香りを持つ、シソ。和のハーブの代表であり、身近な香味野菜としても親しまれていますが、実は、古くから薬草として用いられるほどにパワーを秘めた食材であることをご存知でしょうか。 例えば、食中毒にかかった人を蘇らせたという昔話や、江戸時代に人気を集めた「シソ飯」など。最近はアンチエイジングにも役立つとも言われ、時を越えて注目を集めています。また、独特の香りはお酒との相性も抜群! 家呑みにもぴったりの食材なんです。 そこで今回は、シソの歴史や効能とともに、香りを存分に楽しめる簡単レシピなどを紹介したいと思います。ではさっそく進めていきますね。 食中毒にかかった若者がよみがえった! […]

茶の湯
東郷平八郎が開発?舞鶴vs呉で「発祥の地」戦争勃発?日本人の国民食「肉じゃが」フクザツな誕生物語

和食の定番「肉じゃが」。街の食堂でも家庭でもお馴染みの定番メニューだが、ある料理を作ろうとした際の失敗から生まれたという話はご存知だろうか? また肉じゃがの誕生には、明治時代の海軍司令・東郷平八郎が関わっている、京都府の舞鶴と広島県の呉で発祥地論争が巻き起こっているなど、キナ臭い噂があるらしい。 今回は、これからも安心して(?)肉じゃがを食するため、あのほっこりとした味にまつわる真相を究明していきたいと思う。 東郷のため、何としてもビーフシチューを作りたかった 肉じゃが誕生に東郷が関わっているという逸話の真相は、こうだ。 若い頃イギリスに留学していた東郷は、そこで食べたビーフシチューにいたく感 […]

茶の湯
日本最古のアンチエイジング食材?新わかめを使ったおすすめ簡単料理

春にぜひ味わいたい食材のひとつ、わかめ。1年中出回っていますが、3~5月の新わかめは本当に美味しいです。 そんなわかめと日本人の間には奥深い関係があり、「若返りの妙薬」としても人々に親しまれてきたことをご存知でしょうか。 和樂webでは歴史上の美女の記事が人気を集めているようですが、(他人事ではなくて)自分自身も美しくありたいですね!わかめは、そんな方にもぴったりの食材と言えそうです。 かくいう私自身は昆布好きがこうじて「昆布大使(日本昆布協会認定)」を務めていますが、実はわかめも大好き!(昆布からわかめに浮気しているわけではありません笑) そこで今回は、わかめへの深い愛とともに、わかめの歴史 […]

茶の湯
豆腐料理100品掲載!江戸時代のレシピ本からチーズそっくりの「味噌漬け」をつくってみた!

最近のものだと思っていたら、実は昔からあるものだったという話はよくあること。先人の知恵に感服することもしばしばです。 今回ご紹介する「豆腐の味噌漬け」もそのひとつ。「チーズの味に似ている」ということから、乳製品を控えている方やベジタリアンの方などに支持されている一品です。しかし実は、江戸時代に人気を集めた料理本「豆腐百珍」にすでに紹介されていたんです! さらに豆腐百珍を眺めてみると、美味しくて簡単に作れそうな豆腐レシピがたくさん紹介されています。 新型コロナウィウルスの影響による自粛ムードが続いていますが、「自宅で美味しい食事が食べたい」「簡単に作れる料理レパートリーを増やしたい」という方も多 […]

茶の湯
たけのこ料理の効果とは?愛知県最古のお寺・真福寺でたけのこのフルコース「竹膳料理」!

少しずつ温かくなり、いよいよ本格的な春がやってきました!冬の間に寒さで滞っていた身体を目覚めさせて、身体の内側から春を楽しむ準備をしていきたいですね。 春にはいろいろな山菜が旬を迎えるようになりますが、昔から食養生では「春には苦味を盛れ」と言われ、山菜の「ほろ苦い」味には体内の老廃物を排出する働きがあるとされています。「春は何だか調子が悪い」「やる気が出ない」という方は、もしかすると不要なものが体内に溜まっているかもしれません。 そこで今回のテーマは、身近な春の山菜「たけのこ」。その神秘的な力や栄養、愛知県最古のお寺で食べられる「竹膳料理」などについてご紹介します!たけのこパワーで、すっきりと […]

茶の湯
ひな祭りの定番食材!はまぐりの名産地、三重県桑名で絶品料理に舌鼓!

3月3日のひなまつりに欠かせないものと言えば、はまぐりのお吸い物。上品な味わいがあることから、好きな方も多いと思います。 高級食材としてのイメージが強いはまぐりですが、実は縄文時代から食べられ、平安時代には遊びや嫁入り道具としても使われるなど、私たちの暮らしと深い関わりがあることをご存知でしょうか。 そこで今回は、はまぐりの歴史や魅力、はまぐりの一大生産地「桑名市」の訪問レポートをお届けしたいと思います! ひな祭りに「はまぐり」を食べるのはなぜ? 女の子の節句であるひな祭りに食べるものと言えば、ちらし寿司とはまぐりのお吸い物。では、どうして「はまぐり」なのでしょうか。 いくつかの説がありますが […]

茶の湯
和菓子じゃないよ珍味だよ!八丁味噌を使った愛知県の郷土料理「いなまんじゅう」ってなに?

「珍しい味」と書いて「珍味」ですが、珍味はただ「珍しい」だけでなく、その土地の食文化や風土がギュッと詰まったものがたくさんあります。 今回ご紹介する「いなまんじゅう」もそのひとつ。知る人ぞ知る、愛知県海部郡蟹江町を代表する郷土食のひとつで、和菓子ではなく料理!本などでもたびたび紹介され、珍味やお酒が好きな方の間でよく好まれています。 以前から気になっていた料理ですが、今回作り手を訪ねてみて衝撃を受けたのは、イナを採る人が少なくなり「いなまんじゅうが作れない!」という厳しい状況にさらされているということ。 昔から祝いの席には欠かせない料理として親しまれてきた、いなまんじゅう。この伝統ある料理を後 […]

芸能と文化
「平成のコメ騒動」とは?タイ米が店頭に並んだ1993年夏の記憶と消えたササニシキ

あれは、筆者が小学3年生の頃だった。 異常な夏だったことははっきり覚えている。いつまでも雨が止まず、まったく暑いとは感じない夏。そのせいで、夏休みの宿題で出されていたアサガオの観察日記を完成させることができなかった。 その程度のことなら別に支障はないのだが、アサガオだけでなく田んぼのイネも枯れてしまったのだから大変だ。これがいわゆる「1993年コメ騒動」の始まりである。 日本人とコメの関係性は、この騒動をきっかけに大きく変容していくのだ。 水稲農林一号の功績 日本の東北地方は「コメどころ」とされているが、そうなったのは戦後からだ。 そもそも、イネは熱帯原産の植物である。寒さに対しては極めて脆弱 […]

全90件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
世界を癒やす104の名作一挙公開!「日本美術」は世界を救う! 
【大特集】日本を代表する美術史家12人と考えた、世界を癒やす104の名作一挙公開!/ 辻惟雄さん特別寄稿「美術には人を救う力がある!」祈りの日本美術10選 / 歌って!踊って!元気が出る日本美術オンパレード! / ニッポン、祈りの名画全6選 / 名画で味わう、美しきニッポンの日常 / “かわいい は最強!この名画で、笑ってもっとベイベー”♥/ バーチャルミュージアムで世界中の名画を味わい尽くす! 【第二特集】紅葉ニッポン2020 / 紅葉の絶景列島をめぐる / 京都在住のカメラマン3人が教える、錦繍の「新」名所&「真」名所発表! / “都の秋 お取り寄せ 紅葉の京菓子図鑑 ”/ スペシャルインタビュー 安藤忠雄 / やっぱり美味いぞ!土鍋ご飯 / “究極のご飯プロジェクト 第”2弾!「祈りの土鍋」を限定販売します! / 全国厳選!美術展カレンダー【特別付録】和樂謹製 若冲エコバッグ
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
世界を癒やす104の名作一挙公開!「日本美術」は世界を救う! 
【大特集】日本を代表する美術史家12人と考えた、世界を癒やす104の名作一挙公開!/ 辻惟雄さん特別寄稿「美術には人を救う力がある!」祈りの日本美術10選 / 歌って!踊って!元気が出る日本美術オンパレード! / ニッポン、祈りの名画全6選 / 名画で味わう、美しきニッポンの日常 / “かわいい は最強!この名画で、笑ってもっとベイベー”♥/ バーチャルミュージアムで世界中の名画を味わい尽くす! 【第二特集】紅葉ニッポン2020 / 紅葉の絶景列島をめぐる / 京都在住のカメラマン3人が教える、錦繍の「新」名所&「真」名所発表! / “都の秋 お取り寄せ 紅葉の京菓子図鑑 ”/ スペシャルインタビュー 安藤忠雄 / やっぱり美味いぞ!土鍋ご飯 / “究極のご飯プロジェクト 第”2弾!「祈りの土鍋」を限定販売します! / 全国厳選!美術展カレンダー【特別付録】和樂謹製 若冲エコバッグ
和樂最新刊のご紹介