喫茶店

 

喫茶店に関する読み物

全8件、1-10件を表示中
旅と食
京都の喫茶店に注目!世界に誇る名店と坪庭が魅力の店4選

世界にその名を轟かせるカフェや喫茶店。そして季節や時間によって表情を変える、京都の人たちがずっと大切にしてきた坪庭。京都独自の魅力を余すところなく満喫できる、おすすめのスポットを「世界の名店」と「坪庭」の観点から2軒ずつご紹介します。 パリでもニューヨークでも東京でもなく、世界の名店はなぜ京都に出店するのか? 京都の喫茶店1. マリベル京都本店 食のトレンドを発信するニューヨークから、人気スイーツ店が続々と京都に上陸。2012年にチョコレートショップ「マリベル」が、2016年にはブラウニー専門店の「ファットウィッチベーカリー」が。どちらも海外初出店の地として京都を選択しています。 素材を最大限 […]

旅と食
【東京】本とコーヒーの町、神保町に行ったら訪れたい!名喫茶店3選

温かいコーヒーをのみながら読書をする、幸せな時間。今回は、文庫本を持って行きたくなる、コーヒーが美味しい喫茶店を、世界最大の古書店街と呼ばれる神保町から、和樂編集部がピックアップしてご紹介します。 実は喫茶店の街、神保町 読書を楽しむためカフェへ行くのか。カフェでのひとりの時間をもてあまして本を開くのか。手に入れた本を読みたくてカフェに腰を下ろすのか。いずれにしても、おいしいコーヒーと本は蜜月の関係です。 ご紹介する神保町という街は、本とコーヒー、読書とカフェがとても近い関係にあります。 江戸から時代が明治に移ると、神田から九段下にかけての一帯に大学が乱立し、屋敷町や町人町とともに学生の街がで […]

旅と食
試したい!表参道の「即今」で楽しめるのはまったく新しい茶空間だった【東京】

2019年春、表参道の南青山にオープンした「即今(そっこん)」。 伝統文化を体験する場所って、実はとても限られていますよね。 「雰囲気の落ち着いたクラシシックな趣の茶室で、気軽に、ちょっとおいしい和菓子とお茶でゆるゆるとひと休みしたい。抹茶体験してみたい!」という和の初心者にやさしいお店が、ファッションビルが立ち並ぶ表参道・骨董通りのビルの地下にできました。 その名も「即今」。ここは茶道を軸に、さまざま日本文化が体験できるお店です。 靴を脱いで店内に入ると、「わっ、これ、本物の茶室ですよね」と思わずつぶやいてしまいそうな、茶の美空間が出現。 四畳半の周囲に3つの腰掛け席を設けた広間「爛酔亭(ら […]

旅と食
世界屈指の純喫茶は京都にある!街歩きに疲れたらここで一休み

昭和レトロな純喫茶に学生御用達喫茶室、サードウェーブコーヒーまで。学生と文学と美術が町の空気をつくり上げている京都は、時代とともに生まれ、時代が変わっても流されず、そしてまた時代が生んだ新店舗をも受け入れる、成熟した喫茶文化が息づく町です。今回は、旅行者がはじめて訪れても心地いい、そんなおすすめの3軒をご紹介。どこも店主が素敵なお店です。 京都の喫茶店1. 寺町李青 出町柳(でまちやなぎ)の季朝喫茶「李青(りせい)」。店主の鄭玲姫(チョンヨンヒ)さんが「70歳の私もくつろげる店を」と、2017年秋にはじめた喫茶店です。チョンさんと女性スタッフがテキパキと、けれどせわしくはなく仕事をしてる姿から […]

茶の湯
「喫茶去」を味わうなら、銀座、目黒の名店へ。

心が安らぐ「喫茶去」の空間は、すぐには行けない場所であったとしても、「いつかここに行く」と心に留めておくだけで、気持ちがちょっと上を向きます。そんな場所で静かに好きなことに思いを巡らせたい。こうしたゆとりが、日々の元気につながっていくような気がするのです。 今回は、唯一無二の空間の中で喫茶去が楽しめるお店をご紹介します。ひそやかな和の隠れ家的な「八雲茶寮」、昭和23年創業、文人たちも愛した「カフェ・ド・ランブル」。少しだけ時間を忘れて、ほっと一息してみませんか? 1 八雲茶寮(目黒) 庭には大きな梅があって、花の季節はそれは見事な光景を描く 都心から少しはずれた「八雲茶寮」は、昭和の住宅を生か […]

旅と食
喫茶店・バー・和菓子店。地元民から愛される京都の名店9選

「茶味」とは、わび・さびに代表されるような茶の湯で確立された美意識。茶の湯のふるさとである京都を訪れたとき、ハッと感じるときめきはこの茶味にあるのではないかと思います。季節が感じられる店、目に見えないところにまでおもてなしを感じられる店、奥行きのあるつきあいができる店…。京都の名店には茶味(=茶のこころ)が潜んでいます。そんな名店を9軒ご紹介して、地元で愛される伝統の店、新しい店の秘密にも迫ります。 京都・茶味なる名店9選 1 亀屋良永 寺町通を上がり、御池通にぶつかる手前の左角。「亀屋良永」は道行く人たちに四季折々の景色を届ける京菓子店です。名物「御池煎餅」に並んでウィンドーを飾るのは、自身 […]

茶の湯
「喫茶去」って何?お茶でも飲んで去れ?いえいえ違います。

お茶のある時間は、日常における極上のリラックスタイムです 「喫茶去」という言葉は耳慣れないかもしれません。この言葉は「まあお茶でもお飲みなさい」という意味なのだそうですが、本来は「お茶でも飲んで去れ」と相手を叱咤するものでした。そもそも中国・唐時代の趙州従諗禅師のエピソードが元になった禅語です。そのエピソードとは、ふたりの僧が趙州禅師に「前にここに来たことがあるのか?」と尋ねられたとき、それぞれ「来たことがない」「来たことがある」と答え、どちらに対しても「喫茶去」と禅師がお茶をすすめたことでした。 喫茶去の意味する禅の境地とはどんなものなのかわかりませんが、「難しい話は抜きにして、お茶でも一杯 […]

旅と食
京都の新旧名店が集まる注目通り4選

「インテリア通り」「アンティーク通り」「昭和レトロ通り」「パン屋通り」をご存知ですか? 大路小路が縦横に走り、「錦小路(にしきこうじ)通」「寺町通」といった名物通りの多い町。そんな京都で新たな注目の通りを見つけました。1㎞足らずの道に骨董店が軒を連ねる「姉小路通(あねやこうじどおり)」や、地元っ子御用達のパン屋が並ぶ「北山通」。京の文化が詰まった個性派通りは、旅の行きつけになること請け合いです。 1 インテリア通り、夷川通(えびすがわどおり) 北欧アンティークから手仕事の道具まで 注目を集めているエリアといえば、京都御所の南側、御所南界隈。その中でも今、一番の賑わいを見せているのが「夷川通」で […]

全8件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介