寿司

 

寿司に関する読み物

全4件、1-10件を表示中
旅と食
この世は米の戦国時代!厳しい戦いに挑む寿司専米「ムツニシキ」とは?【青森】

かつて、海をまたいだ北海道・函館で「幻の米」と呼ばれ、多くのお寿司屋さんや料理屋で使われていたお米がありました。それが青森県黒石産「ムツニシキ」です。 さまざまな理由があり途絶えてしまった「ムツニシキ」ですが、5年前から作付けを徐々に増やして2018年に復活デビューし、ブランド化に取り組んでいます。 寿司専米「ムツニシキ」とは? 2019年9月に開催された、寿司専米「ムツニシキ」試食会に参加。黒石市の寿司職人がその場で寿司を握り、振る舞われた 「ムツニシキ」は1972年(昭和47年)にデビューした米の品種。平成10年までは青森県の奨励品種として、青森県内の津軽地方を中心に作付けされていました。 […]

旅と食
11/1は寿司の日!日本全国の変わり寿司を大公開!あなたはいくつ知っている?

その昔、炊いた米の発酵を利用して魚を長期保存したことからはじまった日本の寿司。新鮮な海の幸を享受できるのも寿司なら、ご当地素材や風土、習慣を感じることができるのもまた、寿司の魅力なのです。そんな日本人の智恵や工夫、豊かな食文化が育んだ各地の変わり寿司、郷土寿司、伝統寿司は、知れば知るほど楽しさいっぱい!今や日本各地からお取り寄せも可能なので、お気に入りの寿司を見つけてみませんか? 日本の国民食「寿司(すし)」の発祥は東南アジア!? 東南アジアの山岳地帯から、中国や朝鮮半島を経て、稲作とともに奈良時代に伝わったものが日本の“すし”のはじまりです。もともとは、川魚などを炊いた米とともに長期間漬け込 […]

旅と食
今年の秋は“食べる紅葉狩り”? 秋限定〈紅葉 柿の葉すし〉が美しすぎる

奈良名物として知られる「柿の葉すし」。実は、秋にしか食べられないお寿司があることをご存知でしょうか? それは、赤や黄色などカラフルに紅葉した柿の葉で包んだ「紅葉 柿の葉すし」です。 一年のうちでもわずかな期間しかお目にかかれない貴重なグルメの楽しみ方を、「紅葉 柿の葉すし」を販売する『柿の葉すし本舗 たなか』の広報担当の方にお聞きしました。 「柿の葉すし」ってどんなお寿司? ツヤツヤとハリのある柿の葉っぱに一口サイズのお寿司を包んだ「柿の葉すし」。旅行や出張の時に駅弁として購入する方も多いのではないでしょうか? 葉をほどくと爽やかな香りがふわっと広がり、酢飯の程よい酸味と魚の旨味が相まって三位 […]

旅と食
じゅるり。贅沢丼も行列店のラーメンも食べたいッ!松坂屋名古屋店で「秋の大北海道物産展」開催!

ヨッ、待ってました〜〜〜!! 松坂屋名古屋店で2019年10月2日(水)より、大好評の「秋の北海道物産展」が開催。会場には前期と後期合わせ、のべ112店舗が登場します。贅沢丼に高級食パン、行列のできるラーメン…増税後でも、北海道グルメは別腹っ! 今回は、注目メニューを一挙ご紹介いたします。 ​幻の魚を使った寿司と丼が登場! 北海道でもなかなか食べられない!? 貴重な魚を使ったメニューは、今回の目玉です! 「鮨茶寮 四季彩」釧路 幻の魚といわれる「いとう」と、希少な鮭児で寿司やどんぶりを作ります。 レプンカムイ(1杯 各日50杯限り) 税込4,400円 被災地の食材を使ったコロッケや […]

全4件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
桜と京都と日本人
徹底研究!桜と日本人/京都 桜を巡る旅2020/京都一の桜の里「原谷苑」を知っているか!?/京都在住カメラマン3人がおすすめ 穴場の花見スポット全発表!/華やか!京都・花見弁当の美学/「桜の骨董」を探して、ぶらり京都散歩/夜桜のあとは、この居酒屋で一献いかが?/2020京都・春の特別公開案内【特別付録】国芳 “浮世絵”エコバッグKUJIRA
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
桜と京都と日本人
徹底研究!桜と日本人/京都 桜を巡る旅2020/京都一の桜の里「原谷苑」を知っているか!?/京都在住カメラマン3人がおすすめ 穴場の花見スポット全発表!/華やか!京都・花見弁当の美学/「桜の骨董」を探して、ぶらり京都散歩/夜桜のあとは、この居酒屋で一献いかが?/2020京都・春の特別公開案内【特別付録】国芳 “浮世絵”エコバッグKUJIRA
和樂最新刊のご紹介