川尻潤

 

川尻潤に関する読み物

全6件、1-10件を表示中
茶の間ラボ
和樂×川尻潤「ROCK茶碗 銘 南蛮」

16世紀後半に来日した、南蛮人の衣装が発想の源。その様子は絵師・狩野内膳の屏風画などにも描かれている。かつて織田信長が夢中になったように、派手で斬新なデザインや柄を身につけるのは当時のロック魂ではないかと想像し、それを茶碗に仕上げた。 約口径13.5×高さ9.5㎝。陶器。桐箱(箱書き付き)付属。日本製。[限定数1] 黒と白、それに加わる金とのコントラストが重厚な華やぎを醸している。しかしながら、どこか女性らしさも漂わせるのは、全体がシックな色使いだから。高台に「Jun」のサイン入り。 南蛮衣装の派手さはまさに前衛的。穴の開いた器は仁清の作品にも。 「ROCK茶碗」制作秘話はこちらから! 和樂× […]

茶の間ラボ
和樂×川尻潤「ROCK茶碗 銘 轟」

ロックがもつ激しいリズムを、抹茶碗に落とし込んだら…という発想で制作。表面にはドラムの譜面の音符、もしくは革ジャンなどに見られるスタッズを彷彿させる突起を随所に配した。深みのある黒は、内側のみ釉薬を塗り、つやを出すことで奥行きをもたせている。 約口径14×高さ9㎝。陶器。桐箱(箱書き付き)付属。日本製。[限定数1] 見込みには紅葉が。伝統的なモチーフだが、それを現代的にアレンジし、何かが爆発したようなロックな雰囲気を表現した。高台に「Jun Kawajiri」のサイン入り。 不規則な音符の並びがヒントに。見込みにはモダンな紅葉を。 「ROCK茶碗」制作秘話はこちらから! 和樂×川尻潤「ROCK […]

茶の間ラボ
和樂×川尻潤「ROCK茶碗 銘 眩暈」

ある日、川尻さんが偶然見かけたパッケージのチェック柄からデザインを発想。日本では古くから襖絵や着物の柄として愛されてきた市松柄は、写楽の浮世絵にも登場するほど(東京五輪のエンブレムにも!)。この柄を内側に描くことを前提に碗の形を決めたそう。 約口径14×高さ9㎝。陶器。桐箱(箱書き付き)付属。日本製。[限定数1] ひとマスだけ金を塗っている点も遊び心があふれている。ラバーソールをイメージした高台も派手で、「こんな茶碗をつくる作家はほかにいない」という思いから、あえてサインはなし。 歌舞伎役者の佐野川市松が衣装に取り入れ、人気を集めた市松柄。 「ROCK茶碗」制作秘話はこちらから! 和樂×川尻潤 […]

茶の間ラボ
和樂×川尻潤「ROCK茶碗 銘 破壊」

「粉々になったものを再生する」というロックの原点を、日本古来の伝統技術・金継ぎに重ね合わせて。金とプラチナを贅沢に使って描いた破片を、鮮やかなブルーの継ぎ目でつなぎ合わせた大胆さに注目して! 約口径14×高さ9㎝。陶器。桐箱(箱書き付き)付属。日本製。[限定数1] 見込みには2色のブルーを使って破片が描かれている。絵柄が引き立つよう、茶碗の形はあえてゆるやかに成形。しかしながら高台の中は赤という、ちょっとした驚きも潜ませている。高台に「Jun」のサイン入り。 「名碗大図鑑」を眺めながら、金継ぎの美しさや新しさを再発見。 「ROCK茶碗」制作秘話はこちらから! 和樂×川尻潤「ROCK茶碗 銘 破 […]

茶の間ラボ
京都の陶芸家・川尻潤さん作。ROCKな抹茶碗が完成しました!

革新的でかっこいいロックな茶碗をつくりたい! 京都の陶芸家・川尻潤さんが、和樂のそんな熱い思いを叶えてくださいました。当初は曲のタイトルや、革ジャン、ギターといったまさにロックらしいモチーフを取り入れる予定でしたが、アイディアを練るうちに「日本の伝統技術を新しく表現することこそロックなのでは!」と思い至るように。斬新な中にクラシックな面持ちを秘めた5点が完成しました。銘もロックにこだわっています。 これはかっこいい…! ROCKな抹茶碗5点が完成 1.銘「轟(とどろき)」 強い印象の黒は、外側はマット、内側はつやとふたつの表情が。全面に配されたさまざまな形の突起は楽譜の音符、それもドラムの譜面 […]

茶の間ラボ
クリムトの美を抹茶碗に。妖艶、甘美、絢爛の5つの名作が誕生!

クリムトの美をモチーフにした抹茶碗をつくりたい!そんな構想が、編集部でスタートしてから約3か月…ついに完成しました! 優美かつ華麗な絵柄のイメージソースは、『接吻(せっぷん)』『ダナエ』『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像』など、クリムトの代表的名画。また、装飾と同じくらい大切にしたのが茶碗のフォルム。クリムトの絵を思わせる流麗な丸みも、手にしたときの心地よい感触も、会心の出来ばえです。完成作品は全5点。それぞれにふさわしい銘も付けました。 京都の陶芸家が手がけたジャポニスム碗! 京都の陶芸家、川尻潤さんの工房『清水焼禎山窯』で。江戸時代から続く陶芸家に生まれ、東京藝術大学でデザインを専攻。西 […]

全6件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
浮世絵だけじゃない! 世界が愛した日本美術/ミュシャと日本美術 奇跡の類似性!/<スペシャルインタビュー>千住博/【特別付録】和樂オリジナル ミュシャトートバッグ/【綴じ込み付録】小原古邨 ポストカードセット
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
浮世絵だけじゃない! 世界が愛した日本美術/ミュシャと日本美術 奇跡の類似性!/<スペシャルインタビュー>千住博/【特別付録】和樂オリジナル ミュシャトートバッグ/【綴じ込み付録】小原古邨 ポストカードセット
和樂最新刊のご紹介