建築

 

建築に関する読み物

全26件、1-10件を表示中
芸能と文化
なぜ法隆寺は世界最古の木造建築なのか?長寿の秘訣を探る

世界最古の木造建築として注目を集める法隆寺。約1300年の長い歴史をくぐり抜けてきたこの建物には、長寿の秘訣が隠されています。木造建築と聞くと長持ちしない印象を持つ方も多いでしょう。木材は焚き火の燃料になることからもわかるように、火事に弱いはず。日本は世界有数の地震大国のため、ほかの素材に比べ衝撃に弱いのではと考える人もいます。さらに日本は湿気の多い国であるので、菌が繁殖して建物が劣化するリスクもあります。それでも法隆寺は、約1300年もその姿を保ち続けています。何故こんなに法隆寺は長寿なのでしょうか。その秘密を解き明かすべく、まずはその構造に着目してみましょう。 法隆寺はなぜ世界最古?木材に […]

芸能と文化
シャッターはどうして生まれたのか?全国100軒の古民家を取材した筆者が見た商店街

新型コロナウイルスの影響で、多くの店が閉店や休業に追い込まれている。そのため多くの店がシャッターを下ろし、閑散とした風景をよく見かける。しかし、様々な絵が描かれたシャッターが目に留まり、ついつい立ち止まってしまう。古民家鑑定士の資格を取得した私が、シャッターの歴史と現代における意義について考えてみたいと思う。 浅草の仲見世通りに並ぶシャッター 朝7時に浅草の仲見世通りをトボトボと歩く。ああ、シャッターって面白い。一枚一枚違う絵が描かれている。これらは浅草の伝統行事や四季の風物詩が描かれた『浅草絵巻』だ。シャッターが閉まっていたとしても、浅草の街は十分楽しめる。 シャッターは、客にとって店の開店 […]

工芸
147の木のパーツで巨大な屋根を構成! 日本のハイレベルな建築技術を神戸・竹中大工道具館で目撃せよ

修学旅行や遠足も含めて、京都・奈良を訪れる人は多いと思います。でも、そこで日本を代表する木造建築を目にした時、一体どうやってつくられたのか?というところまでは考えないんじゃないでしょうか。何を隠そう、私もそうでした。すごいなーとは感じても、どこか人が関わっているという実感が伴わないというか。そこで、日本の木造建築に使われていた道具と技の歴史が学べると評判の、竹中大工道具館へ出かけてみました。 世界最古の木造建築、法隆寺建設でも使われた大工道具! いきなりですが、これなんだかわかりますか?ヤリガンナという大工道具です。法隆寺など飛鳥時代(592年~710年)の寺社建築で使われていたもので、現在の […]

芸能と文化
ロボット棟梁は宮大工の夢を見るか?千葉大学平沢研究室の自動化施工技術化施工技術

日本にはたくさんの寺社仏閣など伝統木造建築があり、それらの新築や修復を手掛ける職人が宮大工です。伝統木造建築は木の柔軟性を活かし、複雑に切り込みを入れた部材を組み上げて建物を構成するのが最大の特徴。金物を使わず、仕口・継ぎ手といわれる刻みを入れた部材をはめ合わせることでつなげていきます。一方、現在の木造建築で主流となっているのは、ボルトやプレートなどの金物を使った接合方法。木材に複雑な加工を必要とせず、大量生産に適した工法です。 伝統木造建築に必要な非常に高度な技術を学ぶには地道な下積みが必要なことに加え、職人特有の師弟制度が敬遠されるようになり、現在は宮大工の人材育成が難しくなっています。そ […]

日本美術
装飾に秀吉の兜も? 泊まれる重要文化財「東京ステーションホテル」は大和魂のカタマリだった

ニッポンの「顔」となった歴史的建造物を使い継ぐ、クラシックホテル もはや東京の顔でなく、ニッポンの顔。2024年発行予定の新一万円札裏面に描かれる、東京駅丸の内駅舎内にあるのが「東京ステーションホテル」だ。東京駅開業の翌年、1915年(大正4年)にオープンし、当時の建物をいまに引き継いで営業するこのクラシックホテルは、国指定重要文化財の中に宿泊できる国内唯一のホテルでもある。 「宝石の原石のようなホテルに関われることに、喜びを感じました」。総支配人、藤崎斉(ひとし)さんは、着任した再開業準備当時をそう振り返る。2020年、日本は空前のホテル開業ラッシュに沸き立つ。そんな今だからこそ、日本のホテ […]

芸能と文化
隈研吾氏設計の明治神宮ミュージアム、見どころは?東京観光のおすすめスポットを徹底レポート!

令和2年(2020年)に明治神宮鎮座百年祭を迎える明治神宮。記念行事の一環として、令和元年(2019年)10月に明治神宮ミュージアムがオープンしました。建物の設計は2020年東京五輪主会場となる新国立競技場の設計も手掛けた隈研吾氏。さっそく、代々木の杜に生まれた新たな明治神宮のシンボルをご案内します。 明治神宮の杜を見わたす2階ロビー部分 明治神宮宝物殿と明治神宮ミュージアム 明治神宮は明治天皇と皇后の昭憲皇太后を御祭神として大正9年(1920年)に鎮座になりました。翌大正10年(1921年)には、明治天皇・昭憲皇太后のご愛用の品を納めた宝物殿を造営。神宮の本殿は太平洋戦争末期の昭和20年(1 […]

旅と食
大阪「絹谷幸二 天空美術館」のアクセス・展示作品・楽しみ方は?見どころ解説!

関西へ旅行に訪れる外国人が高確率で立ち寄る、人気スポットがあります。それは、JR大阪駅から徒歩約9分の梅田スカイビル。40階建ての超高層ビル2棟を最上部の「空中庭園」で連結させた斬新なフォルムは、完成から20年以上経過しても、前衛的な魅力を保ち続けています。2008年に英紙「THE TIMES」で、パルテノン宮殿やサクラダ・ファミリアと並んで「世界の建築TOP20」に選ばれると、口コミで評判が広がり海外の旅行者や建築愛好家がこぞって訪れる名所となっています。 アミューズメント感覚で楽しめる最新型ミュージアム 2016年にはこの梅田スカイビルタワーウエスト27階に、「絹谷幸二 天空美術館」がオー […]

芸能と文化
神保町でランチするなら、学士会館でクラークカレーを!美しい建築の魅力や歴史も紹介

新陳代謝の早い東京の街にあって、そこだけ時間の流れがゆっくりと感じる建物があります。神保町駅からほど近い、神田錦町の「学士会館」。黄土色のスクラッチタイルを全面にまとった建物は、重厚かつ端正な洋館建築。「学士会館」の名称と、中折れ帽に背広の紳士が出入りする光景に尻込みするかもしれないけれど、大丈夫。宴会場やホテル、そしてレストランは一般客も使うことができるのです。 アーチ型の入り口の横に、平成15年(2003年)に復元された大灯籠がある 学士会館とは? そもそも「学士会館」とはなんなのか。旧帝国大学(現在の国立7大学-北海道大・東北大・東京大・名古屋大・京都大・大阪大・九州大)出身者の親睦と知 […]

旅と食
凄いぞ大阪商人!全国経済を自由に動かした船場商人ゆかりの建築がああ美しき…

関西随一の金融街として名高い大阪市北浜地区。江戸時代から商業地船場(せんば)の勘定方として役割を果たしてきました。谷崎潤一郎の「細雪」や、近年では古川智映子の「小説 土佐堀川」をモチーフとしたNHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」などの舞台でもあります。 ビルの立ち並ぶイメージのこの北浜。中野島公会堂のレトロな建築は有名ですが、実は他にも明治や大正、昭和初期のレトロな建物が利用されていることをご存じでしょうか。 そんなレトロ建築を巡りながら、大阪屈指のビジネス街の歴史を紐解いてみました。 想像以上に多く残る、北浜に残る往年の美しき建造物たち 旧小西家住宅 薬種商人が集まっていた北浜道修町界隈。 […]

芸能と文化
無印良品が平屋を作ったら?新発売の「陽の家」は日本の家の良さがいっぱい

2019年9月、無印良品の家(株式会社MUJI HOUSE)が5年ぶりに新商品を発表しました。その名も「陽(よう)の家」。以前からリクエストの多かったという平屋を、無印良品ならではの発想で実現したこの家。千葉県いすみ市にあるモデルハウスの見学に行ってみると、「おぉ、やっぱ平屋暮らしっていいな」と思わせるポイントが満載でした。 無印良品の家が満を持して発売!「陽の家」の魅力って? 可愛い、狭い、昭和っぽい、かっこいい、自由、のんびりできそう―― 平屋に抱くイメージは十人十色。見晴らしのいいタワマン暮らしもいいけれど、平屋は日本人が竪穴式住居の頃から続けてきた、地面に近い暮らしができる家。なじみ深 […]

全26件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
世界を癒やす104の名作一挙公開!「日本美術」は世界を救う! 
【大特集】日本を代表する美術史家12人と考えた、世界を癒やす104の名作一挙公開!/ 辻惟雄さん特別寄稿「美術には人を救う力がある!」祈りの日本美術10選 / 歌って!踊って!元気が出る日本美術オンパレード! / ニッポン、祈りの名画全6選 / 名画で味わう、美しきニッポンの日常 / “かわいい は最強!この名画で、笑ってもっとベイベー”♥/ バーチャルミュージアムで世界中の名画を味わい尽くす! 【第二特集】紅葉ニッポン2020 / 紅葉の絶景列島をめぐる / 京都在住のカメラマン3人が教える、錦繍の「新」名所&「真」名所発表! / “都の秋 お取り寄せ 紅葉の京菓子図鑑 ”/ スペシャルインタビュー 安藤忠雄 / やっぱり美味いぞ!土鍋ご飯 / “究極のご飯プロジェクト 第”2弾!「祈りの土鍋」を限定販売します! / 全国厳選!美術展カレンダー【特別付録】和樂謹製 若冲エコバッグ
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
世界を癒やす104の名作一挙公開!「日本美術」は世界を救う! 
【大特集】日本を代表する美術史家12人と考えた、世界を癒やす104の名作一挙公開!/ 辻惟雄さん特別寄稿「美術には人を救う力がある!」祈りの日本美術10選 / 歌って!踊って!元気が出る日本美術オンパレード! / ニッポン、祈りの名画全6選 / 名画で味わう、美しきニッポンの日常 / “かわいい は最強!この名画で、笑ってもっとベイベー”♥/ バーチャルミュージアムで世界中の名画を味わい尽くす! 【第二特集】紅葉ニッポン2020 / 紅葉の絶景列島をめぐる / 京都在住のカメラマン3人が教える、錦繍の「新」名所&「真」名所発表! / “都の秋 お取り寄せ 紅葉の京菓子図鑑 ”/ スペシャルインタビュー 安藤忠雄 / やっぱり美味いぞ!土鍋ご飯 / “究極のご飯プロジェクト 第”2弾!「祈りの土鍋」を限定販売します! / 全国厳選!美術展カレンダー【特別付録】和樂謹製 若冲エコバッグ
和樂最新刊のご紹介