招き猫

 

招き猫に関する読み物

全2件、1-10件を表示中
茶の間ラボ
猫の日にゲットしたい! 坂東玉三郎さんプロデュースの招き猫「たま」

和樂はこれまで、伝統的な工芸である江戸木目込人形の職人技に、西洋のファブリックを融合させて、新しい時代の招き猫をプロデュースしてきました。江戸木目込人形の名店「柿沼人形」の職人集団の手でつくられる招き猫は、その仕上がりの美しさで好評を博しています。今回は、女形歌舞伎俳優・坂東玉三郎さんの審美眼で選んだ、品質のよい丹後ちりめんを使って、とっておきの招き猫をプロデュースしました! 丹後ちりめんでつくる最上級の招き猫「たま」 江戸時代中期に丹後で生産が始まった美しい絹織物、丹後ちりめん。折しも、2017年は「300年を紡ぐ絹が織り成す丹後ちりめん回廊」が、日本遺産に認定されました。さて、玉三郎さんは […]

茶の間ラボ
第4弾は英国ニャンコ! 和樂の招き猫がリバティプリントになった!

和樂の招き猫プロジェクトが始まって早くも1年。世界のさまざまな有名ブランドのファブリックともコラボレーションして、前代未聞のカワイイ招き猫を続々と誕生させてきました。発売するやいなや、なんと3日で完売するモデルもあり大反響。ますますうれしくなって、今回、第4弾のプロジェクトです! 英国伝統リバティ・ファブリックスのテキスタイルとコラボ! ぷっくり愛らしい招き猫 英国の思想家・詩人・工芸家・デザイナーであるウィリアム・モリスがデザインした人気の柄とやわらかな黄色のペイズリー柄の2種類のかわいい猫ちゃん。最上質のコットン製でなめらかなボディがインテリアにマッチします。 深い森をイメージさせるような […]

全2件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介