散歩

 

散歩に関する読み物

全64件、1-10件を表示中
旅と食
歩くだけで楽しい温泉街! 365日湯けむりの町、別府・鉄輪温泉へ【大分】

源泉数2500か所以上、湧出量は毎分8万7616ℓ(どのくらい多いのか想像つきません!)と、いずれも日本一の温泉地、別府。今回ご紹介するのは、懐かしい昭和感がただよう別府の鉄輪温泉(かんなわおんせん)です。 鉄輪温泉の町をまるごと満喫しましょう。 鶴見岳と別府湾の間に、別府、明礬(みょうばん)、亀川(かめがわ)、柴石(しばせき)、鉄輪、堀田(ほりた)、観海寺(かんかいじ)、浜脇と8つの温泉街があり、これを別府八湯と呼びます。大分県内の源泉数と湧出量の多くをこの別府八湯が占め、11種類しかない泉質のうち10種類があるという別府は、「泉都(せんと)」と呼ばれるのも納得の温泉天国! その別府八湯のな […]

旅と食
別府八湯の1つ、鉄輪温泉。湯煙立ちのぼる町のぶらぶら散策ガイド【大分】

個性豊かな別府八湯のなかで、最も温泉街風情が楽しめる鉄輪温泉は、町を俯瞰できる高台があったり、迷路のような小径が続いたり。町のサイズがぶらぶら歩きにちょうどよく、居心地のいい喫茶店もおいしいコーヒーも、素敵な工芸品も…と、派手さはないけれど、旅ゴコロをくすぐるアイテムがたくさんあってしみじみ好きだなぁと思わせる温泉街なのです。選りすぐりの鉄輪6選、ご紹介します。 1.鉄輪温泉の湯 まずは訪れたい「共同浴場」 写真左はたたずまいも風情がある「渋の湯」(6時30分~21時)、右は一遍上人ゆかりの「上人湯」(10時~18時)小さな共同浴場は、皆で譲り合ってどうぞ。 ひとつふたつ、ジモセンへ。ぶらぶら […]

旅と食
城崎温泉に行くなら! 町を丸ごと楽しめる、7つのおすすめガイド【兵庫】

昭和の温泉街の風情を色濃く残す、兵庫県・城崎(きのさき)温泉。外湯めぐりはもちろん、昭和レトロな遊技場や文芸館、そして現在33年ぶりに開帳されている温泉寺の秘仏など… 城崎温泉を丸ごと楽しめる、7つのおすすめスポットをご紹介します。 1.7つの公共浴場、どうめぐる? 日本海へと注ぐ円山川(まるやまがわ)の支流、大谿川(おおたにがわ)の両側に宿が並ぶ城崎温泉。その景色も城崎人気の理由のひとつですが、城崎名物といえばやっぱり外湯めぐり! 1400年の歴史を誇る山陰随一の温泉郷では、7つの外湯が楽しめます。城崎温泉発祥の「鴻の湯」、温泉サウナがある「御所の湯」、願掛けの「まんだら湯」、貸切り風呂もあ […]

旅と食
熊本・阿蘇に行くなら! グルメ・おみやげ・宿のオススメ3店

阿蘇の地でカルデラ暮らしを続ける人には、どこか気概を感じます。歴史を受け継ぐ店主によるこだわりの立ち寄りどころを厳選しました。今食べるべき、買うべき、泊まってお湯につかるべきなのはこの3軒! 神々の地・阿蘇の食べる、買う、泊まる 阿蘇ブランドのあか牛に舌つづみ! 隠れ茶房 茶蔵カフェ阿蘇店 写真の料理は人気の然(ぜん)ランチ 肥後赤牛の炭火焼。ねぎやしょうがを炒めて旨味を出した、特製のチャコールソースとともに。 農家に育った若きオーナーシェフが力を入れるのは、あか牛を使った“自産自消”のランチメニュー。築200年の納屋蔵を用いた店内には大観峰を望むカウンター席があり、そこでいただく濃厚で力強い […]

アート
谷根千をぐるり!広重が描いた浮世絵目線でほっこり!

 日本全国を浮世絵に描いた風景画の天才、歌川広重(うたがわひろしげ)。東京に生まれた広重は、名勝・景勝地を描いたと同じように、東京の下町に暮らす人々の生活の一部を切りとったような景色を愛し、描きました。湯島天満宮にお参りする人々、その鳥居の脇の茶屋で宴を楽しむ男性たち。満開の桜の上野公園や千駄木の団子坂。そして庶民の憩いの場であった〝虫聞き〟の名所、道灌山(どうかんやま)。  前回の「散りゆく桜の下…上のお花見、下町散歩」でご紹介した湯島から上野公園に続き、本日は上野公園から歩を進め、広重が描いて谷中、根津、千駄木の、通称〝谷根千(やねせん)〟へまいりましょう。 写真/東京では希少価値となった […]

旅と食
週末にいかが?谷根千で見つけたアートな景色【東京】

美術館や博物館が立ち並ぶ日本最大のアートスポット・上野から徒歩圏内の、谷中、根津、千駄木。このエリアにはかわいらしい美術館もありますが、町中にも美しい建物や自然など、素敵な景色が!行ったり来たり路地に入ったりして、あなただけのアートな景色を探しに谷根千(やねせん)へ出かけてはいかがですか? 町で出会った景色を、美術館の展示作品風にご紹介していきます! 谷中エリア 『池を囲む』 朝倉彫塑館 彫刻家・朝倉文夫(あさくらふみお)が自ら設計し、暮らし、門下生を育成した館。国の有形文化財に登録されている建物も見事。 この美術館では、彫刻作品とともに建築や庭園にも注目。庭がほぼ池、が凄い! WEBサイト […]

旅と食
3時間で京都を満喫。南禅寺巡りってほんと楽しい!

京都の南禅寺は、絶景の三門や国宝の方丈、狩野派の襖絵に枯山水の庭園…、と見どころ満載。南禅寺敷地内の移動が中心なので、コンパクトに回れるのも魅力です。今回は、そんな南禅寺を3時間で堪能できるおすすめルートをご紹介。南禅寺の塔頭寺院である金地院から、フォトスポットとしても人気の水路閣まで、ぐるりと巡ってみませんか? 南禅寺を3時間で巡れるおすすめルート ■目次 「金地院」で日本美に触れる 見上げても見下ろしても絶景な「南禅寺三門」 「天授庵」の池泉回遊式庭園は青もみじパラダイス 「南禅寺方丈」で狩野派の作品に癒される レトロな近代建築「南禅院・水路閣」でしめくくり 南禅寺散策後におすすめのスポッ […]

旅と食
【島根】民藝の器で自家焙煎のコーヒーはいかが?出雲旅のひとやすみはこのカフェで

神話と民藝の里『出雲』と、手仕事とコーヒーの町『松江』。山陰きっての散策パラダイスを旅してみませんか? STRINGS COFFEE ROASTERS 今回紹介するのは、出雲の住宅街にある小さなコーヒーショップです。 「旅の目的は到着ではない。道程である」と語ったのはドイツの詩人ゲーテですが、今回出かけた出雲は、寄り道や途中下車がことのほか楽しい街。出雲大社や出西窯へ向かう道中で、ちょっと回り道するのもいいものです。たとえば大社から車で20分ほどの小さなコーヒーショップ。時間を気にせずのんびりと進めば、目の前に次々と美しい景色が現れます。なだらかな緑の山々や、大きな空の下に広がる川の流れ。思い […]

旅と食
【東京】江戸っ子の粋を味わうならここ!老舗巡りがこんなに楽しいなんて

食から職人技まで、江戸時代創業の老舗が今も健在! 江戸前、江戸っ子、江戸風情。どれもきっぱりさっぱりとした言葉です。粋でいなせでせっかちで、人情味があってお人よし。そんな愛すべき人々が住み、行き交った江戸という町は、なんと魅力にあふれていたことでしょう。江戸で創業し、江戸が東京と呼ばれるようになって久しい今も、当初の情熱や心意気をもち続ける店には、私たちを惹きつける特別なものがあります。日本各地から江戸入りし、そこをわが町としながら腕を磨いた職人たち。新しもの好きな江戸っ子を満足させ続けた、匠の技や味。当時のにぎわいや面影を見つけに、江戸の老舗散歩へ出かけましょう。 江戸の成り立ち 天正18( […]

旅と食
【東京】本とコーヒーの町、神保町に行ったら訪れたい!名喫茶店3選

温かいコーヒーをのみながら読書をする、幸せな時間。今回は、文庫本を持って行きたくなる、コーヒーが美味しい喫茶店を、世界最大の古書店街と呼ばれる神保町から、和樂編集部がピックアップしてご紹介します。 実は喫茶店の街、神保町 読書を楽しむためカフェへ行くのか。カフェでのひとりの時間をもてあまして本を開くのか。手に入れた本を読みたくてカフェに腰を下ろすのか。いずれにしても、おいしいコーヒーと本は蜜月の関係です。 ご紹介する神保町という街は、本とコーヒー、読書とカフェがとても近い関係にあります。 江戸から時代が明治に移ると、神田から九段下にかけての一帯に大学が乱立し、屋敷町や町人町とともに学生の街がで […]

全64件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
発見! 誰も知らなかった静寂の京都!/鏑木清方 麗しき「美人画」の秘密に迫る/白洲正子の“きもの”伝説/【特別付録】和樂の京都コンプリートガイド THE BEST of KYOTO 100/【綴じ込み付録】小原古邨 かわいい名作クリアフォルダー
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
美の国ニッポンをもっと知る!
発見! 誰も知らなかった静寂の京都!/鏑木清方 麗しき「美人画」の秘密に迫る/白洲正子の“きもの”伝説/【特別付録】和樂の京都コンプリートガイド THE BEST of KYOTO 100/【綴じ込み付録】小原古邨 かわいい名作クリアフォルダー
和樂最新刊のご紹介