散歩

 

散歩に関する読み物

全64件、1-10件を表示中
旅と食
スペイン料理、和菓子、喫茶。京都中京区をぐるりと楽しむグルメスポット

はじめてでも何度でも訪れたい名店。この秋、京都旅で楽しみたい美味トピックスを集めました。今回は中京区にある「プラト・デ・ピコス」、「亀屋良永」、「スマート珈琲店」の3店をご紹介します。 京都中京区グルメスポットはこちら!おすすめ名店3選 1日1客。心尽くしの隠れ家スパニッシュ 「プラト・デ・ピコス」 進取の気性に富んだ京都人、実は、スパニッシュテイストも大好き。そんな土地柄で、老舗のスパニッシュレストランで修業を積んだのちに、独立した小倉里延(おぐらりえ)さんは、これまでとはひと味違った方法で、スペイン料理の魅力を伝えています。 この日は女性4人で貸し切り。中央がシェフの小倉里延さん。町家など […]

旅と食
京都旅で立ち寄りたいコーヒーとお茶。名喫茶おすすめ3選

京都の旅で疲れた体をホッと癒してくれる、休憩にぴったりなお店をご紹介。「茶菓円山」、「アラビカ京都」、「ZEN CAFE」。どのお店も、はじめてでも何度でも訪れたい名喫茶です。 京都旅の休憩はここ。おすすめ名店 京都旅の休憩喫茶1. 「茶菓円山」 「人里離れた庵(いおり)に招かれ、特別の時間を過ごす」そんな雰囲気が魅力の「茶菓円山」。 左/外観、右/棚から好きな急須を選べる 2014年秋のオープン以来、感度の高い人たちの間で話題の茶房です。八坂神社を抜け、円山公園の中を上ること5分、容易には見つからない入り口を探し当てるのもお楽しみ。いざ戸を引けば、朱塗りのカウンターの奥で、しゅんしゅんと湯が […]

旅と食
京都で味わう絶品グルメ2選!鰻の「松乃鰻寮」パン好きも唸る「ナカガワ小麦店」

はじめてでも何度でも訪れたい名店。京都旅で楽しみたい美味トピックスを集めました。今回は左京区にある「松乃鰻寮(まつのまんりょう)」、「ナカガワ小麦店」、の2店をご紹介。 京都の山荘でうなぎ?しかも「鍋!」が大正解 「松乃鰻寮」 祇園の南座といえば、にしんそばでおなじみの「松葉」。その並びに鰻(うなぎ)専門店「松乃」があることはご存じ?「松葉」の長女・松野里香さんは弟に「松葉」を預け、自身は独力で「松乃」を創業したという「祇園の女」。相当な趣味人であり、「松乃」に使われる重箱などの什器は私財をはたいて求めたといいます。その里香さんが京都を代表する民芸陶芸家・上田恒次(うえだつねじ)氏に設計依頼し […]

旅と食
織田信長ゆかりの街・岐阜県長良川観光、おすすめスポットをご案内!

水うちわに、岐阜大仏。大小の名物を竹と和紙が支えている 旅の前半で元気ハツラツな鵜に心躍らせた後は、レトロな街をのんびりお散歩 長良橋の右岸と左岸付近は、16世紀、斎藤家から織田家の時代の川湊に始まり、江戸時代の尾張藩のころには商業の町として重要な役割を担いました。左岸の当時の呼び名は「中川原」、今は通称「川原町」。川が生んだ州の土地に、上流から材木や和紙、竹などが船で運ばれ、桑名を経て江戸や大坂へ。現在は江戸期から昭和初期の紙問屋や材木問屋の建物が残り、端正な木格子の佇まいが流通した材のよさを語ります。町家の軒先で川原町提灯が揺れる。細い竹骨と薄い典具帖紙でつくる岐阜提灯の技が見事。 通りで […]

旅と食
プリッとやわらか〜あっつあつ!京都下鴨「加茂みたらし茶屋」のだんごがうまい

みんな大好き、みたらし団子。その発祥地は下鴨でした。下鴨神社の門前にある「加茂みたらし茶屋」は、大正11(1922)年創業です。 タレのバランスがたまらない!「加茂みたらし茶屋」のみたらし団子 小粒でまんまる、プリッとやわらかなこちらの団子、味は2種類あります。黒砂糖ベースの甘じょっぱいタレと、香りも味も香ばしい醬油だれ。お土産用も人気ですが、なんといってもここのは熱々が絶品です。注文を受けてから団子の表面をササッと炙り、焦げ目をつけたところへタレをかける。この焦げとタレのバランス加減が抜群で、思わず「んー、おいしい!」。 団子をくわえたまま串を引き抜く食べ方がお約束だけど、この店では、端っこ […]

旅と食
京都観光の穴場スポット20選、ランチも喫茶店も土産もまとめて紹介

京都を愛する和樂編集部スタッフおすすめの穴場観光スポットまとめです。京都に行く前にぜひチェックを。  京都観光の穴場スポット1 ランチ「京極かねよ」 -文/和樂スタッフ藤田優(京都取材歴ナンバーワン。食をはじめ雑貨にも詳しい)- 丼にふたは付きもの。ぴったりとふたをすることで保温性も高まれば、中身もふっくら蒸し上がる。昔の人は知恵があったな。そう考えると、この店の「きんし丼」はどうだ。鰻の蒲焼きの上に特大の玉子焼、その上にふた。よって鰻は最後までアツアツで食べることができる。創業当時からある一品というから、「きんし丼」の誕生は明治末期のころ。考案した店主のぶっとんだセンスに脱帽である。 ■お店 […]

旅と食
ニャンともかわいい猫電車で行く!招き猫の聖地「豪徳寺」×カラフルな御朱印ラブ「太子堂八幡神社」

2017年から約1年間運行され、人気を博した東急世田谷線「幸福の招き猫電車」が帰ってきた!新たに猫耳が追加され、「猫感」が増した2代目招き猫電車に乗って、招き猫ゆかりの「豪徳寺」、かわいい御朱印が毎月いただけると評判の「太子堂八幡神社」へぶらり旅してきました。 世田谷に路面電車? 東急世田谷線は、東急電鉄でただひとつの軌道線で、都内でも数少ない路面電車のひとつ。都心とは思えないようなのどかな風景が広がる三軒茶屋-下高井戸間(約5km)を300系車両の2両編成でのんびりと走っています。 2代目「幸福の招き猫電車」 「玉電110周年記念イベント」の一環として運行され、惜しまれながら終了した「幸福の […]

旅と食
歩くだけで楽しい温泉街! 365日湯けむりの町、別府・鉄輪温泉へ【大分】

源泉数2500か所以上、湧出量は毎分8万7616ℓ(どのくらい多いのか想像つきません!)と、いずれも日本一の温泉地、別府。今回ご紹介するのは、懐かしい昭和感がただよう別府の鉄輪温泉(かんなわおんせん)です。 鉄輪温泉の町をまるごと満喫しましょう。 鶴見岳と別府湾の間に、別府、明礬(みょうばん)、亀川(かめがわ)、柴石(しばせき)、鉄輪、堀田(ほりた)、観海寺(かんかいじ)、浜脇と8つの温泉街があり、これを別府八湯と呼びます。大分県内の源泉数と湧出量の多くをこの別府八湯が占め、11種類しかない泉質のうち10種類があるという別府は、「泉都(せんと)」と呼ばれるのも納得の温泉天国! その別府八湯のな […]

旅と食
別府八湯の1つ、鉄輪温泉。湯煙立ちのぼる町のぶらぶら散策ガイド【大分】

個性豊かな別府八湯のなかで、最も温泉街風情が楽しめる鉄輪温泉は、町を俯瞰できる高台があったり、迷路のような小径が続いたり。町のサイズがぶらぶら歩きにちょうどよく、居心地のいい喫茶店もおいしいコーヒーも、素敵な工芸品も…と、派手さはないけれど、旅ゴコロをくすぐるアイテムがたくさんあってしみじみ好きだなぁと思わせる温泉街なのです。選りすぐりの鉄輪6選、ご紹介します。 1.鉄輪温泉の湯 まずは訪れたい「共同浴場」 写真左はたたずまいも風情がある「渋の湯」(6時30分~21時)、右は一遍上人ゆかりの「上人湯」(10時~18時)小さな共同浴場は、皆で譲り合ってどうぞ。 ひとつふたつ、ジモセンへ。ぶらぶら […]

旅と食
城崎温泉に行くなら! 町を丸ごと楽しめる、7つのおすすめガイド【兵庫】

昭和の温泉街の風情を色濃く残す、兵庫県・城崎(きのさき)温泉。外湯めぐりはもちろん、昭和レトロな遊技場や文芸館、そして現在33年ぶりに開帳されている温泉寺の秘仏など… 城崎温泉を丸ごと楽しめる、7つのおすすめスポットをご紹介します。 1.7つの公共浴場、どうめぐる? 日本海へと注ぐ円山川(まるやまがわ)の支流、大谿川(おおたにがわ)の両側に宿が並ぶ城崎温泉。その景色も城崎人気の理由のひとつですが、城崎名物といえばやっぱり外湯めぐり! 1400年の歴史を誇る山陰随一の温泉郷では、7つの外湯が楽しめます。城崎温泉発祥の「鴻の湯」、温泉サウナがある「御所の湯」、願掛けの「まんだら湯」、貸切り風呂もあ […]

全64件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介