散歩

 

散歩に関する読み物

全65件、21-30件を表示中
旅と食
長野県・善光寺、サブスクリプションで地域とつながる「シンカイ」に行ってみた!

長野県長野市・善光寺のすぐ近くに、和樂のオリジナル商品を取り扱うお店「やってこ!シンカイ」があります。一体どんな場所で、展示販売されているのか。和樂編集部が実際に訪ねてみました。 サブスクリプションで地域と繋がる店「シンカイ」 「やってこ!シンカイ」は2018年6月にオープンしたお店です。店内には、洋服や書籍、さまざまな商品が並びます。でもただの小売店ではありません。「お店2.0」と銘打つシンカイ、イベント開催やコワーキングスペースとしての利用など、さまざまな場所の使い方でお店を応援できるユニークな仕組みがあるのです。 従来の「店舗と客」という関係性にとらわれることなく、地域と地域を応援したい […]

旅と食
江戸時代のメイン文化ルート・ 中山道の木曽福島。奈良井宿、1泊2日ぶらぶら旅【長野】

今も受け継がれている日本文化のルーツがたくさん生まれた江戸時代。そのひとつに、お伊勢参りや富士講、四国四十八か所巡礼など、空前の旅行ブームがありました。なぜ人々は旅に出かけたのか――。その理由の第一には信仰があげられるのですが、江戸幕府が諸藩に義務づけた参勤交代によって東海道や中山道、日光街道、奥州街道、甲州街道の五街道をはじめとしたインフラが全国に整備されたことも見逃せません。 1泊2日で満喫!中山道の懐かしさたっぷりの宿場町 江戸の旅行ブームを生み出したのが街道だと考えると、街道歩きこそニッポンの旅の原点! そこで、江戸時代の風情が今も色濃く残る中山道のなかでも、江戸と京の中間地点として栄 […]

旅と食
【奈良】白洲正子も心酔した! 聖林寺の十一面観音立像へ。1泊2日の奈良弾丸寺社巡り

奈良桜井にある古刹、聖林寺。ここには、数奇な運命をたどった美しき十一面観音立像が安置されています。天平仏の最高峰とも称されるこの十一面観音立像に会うために、今回聖林寺を旅最大の目的として1泊2日の奈良弾丸寺社巡りをしてきました。奈良・桜井を楽しみ尽くす、おすすめの寺社巡りをご紹介します。 旅人・小竹智子 1泊2日の奈良・桜井寺社巡り 聖林寺を含め、お参りに訪れた寺社は全部で8つ。スタートは新横浜駅、ゴールは奈良駅。1日目のAM・PM、2日目の3つに分けてやりきった感満載のコースでお届けします! 聖林寺の国宝・十一面観音立像って? 和樂2018年2・3月号では国宝・十一面観音立像のスクープ撮影に […]

旅と食
刀剣ファン必見。天下三名槍「御手杵」と茨城県結城市の観光まとめ

「天下三名槍(さんめいそう)」と呼ばれる3つの槍をご存知でしょうか。蜻蛉切(とんぼきり)、日本号、そして御手杵(おてぎね)。それぞれ個性の異なるかたちとユニークなエピソードを持つ槍は、今日まで愛されてきました。今回は、そのひとつ御手杵と主人である結城晴朝(はるとも)の暮らしていた茨城県結城市をガイドします。 御手杵ってどんな槍? 江戸時代には「西の日本号、東の御手杵」と称されていた屈強な槍・御手杵。鞘(さや)がまるで杵のような形をしていることから「御手杵」の名前がつきました。 御手杵が生まれたのは、室町時代。下総国(現在の茨城県結城市)の大名だった結城家17代当主・晴朝が、鍛冶師・五条義助に作 […]

旅と食
京都の近代建築で巡る!2泊3日のレトロな街歩きスポット

京都は近代建築の宝庫です。文明開化の香りを伝える洋館、大正時代の和洋折衷、スペインやロシアの影響を受けたヨーロッパ建築…。変わらぬ姿のまま愛され続けている建物もあれば、外観を生かしつつカフェやお店に改装された建物も。「ここは海外!?」「タイムスリップ!?」と思わされる眺めも、実は京都ならではなのです。 そんな古都の懐深さを知る、2泊3日のレトロな街歩き。京都の近代建築をいくつも見て歩くうち、新しく楽しい発見に出会えます。 初日は七条から祇園で、明治建築を堪能 町家が並ぶ路地に、突如現れる赤い壁と緑青色のドーム屋根!近代建築の旅は、明治建築の隠れた宝庫、七条通からスタートです。 モダンと浪漫が交 […]

旅と食
清澄白河を1日観光。カフェや雑貨店など散歩で巡る観光スポット5選

東京の下町、深川の一角にあり、門前仲町の北に位置する江東区「清澄白河」。コーヒーの町、アートの聖地と呼ばれる清澄白河ですが、私とま子が真っ先に思い浮かべるのはブルーボトルコーヒーの日本1号店。そんなイメージでしたが、商品開発のためにこの町の江戸切子メーカーを訪れるうちに、一体この町には他にどんなお店があるんだろう? と興味が湧いてきました。というわけでお天気の良い2月中旬、清澄白河を1日かけて散策してきました。 清澄白河と奥の細道の関係 「月日は百代(はくたい)の過客(くわかく)にして、行きかふ年も又旅人也」(現代語訳/時は永遠の旅人で、人生は旅そのものである)という時間を旅人に例えた有名な序 […]

旅と食
会津若松でぶらり旅。おすすめ観光スポット6選

福島県会津若松を、ゆったりと満喫できるスポットを厳選!実直な老舗を巡り、掛け流しの温泉に浸かり、のんびと…歴史情緒あふれる会津若松の城下町を、ご堪能ください。 小澤蠟燭店 雪国で花の代わりに使われた絵蠟燭 菖蒲と南天と菊が描かれた絵蠟燭 約500年前、藩主の芦名盛信公が漆樹の栽培を奨励したことから始まった会津の絵蠟燭。婚礼には色鮮やかな花が描かれた一対の会津絵蠟燭が灯され、「華燭の典」の語源にもなりました。また花の少ない会津の冬には、花の代わりに仏壇に絵蠟燭を供えるようになったそうです。伝統技術を守り、芯から一本一本手づくりする老舗。100年以上前の絵蠟燭が店内のガラス棚に飾られていました。 […]

旅と食
京都で出会う「一生もの」の手仕事巡り

手仕事大国ニッポンの中でも、京都の手わざが生み出す美しさは特別です。誠実なものづくりを続けてきた工房や、意匠を守り伝えてきた老舗が、この街にはたくさん存在するのです。 そんな京都の美意識を、自分の暮らしに取り入れることができるのが「手仕事を買う旅」。これぞ京都ならではの楽しみを、2泊3日でめぐってみませんか?この街でしか出合えない、世界一のものづくりが待っています。 初日は京都駅から歩いて、七条・五条界隈を散策 日本一の歴史を誇る銅の茶筒、穴窯で焼いた急須、料理のプロも絶賛する打ち出し鍋。京都駅から徒歩圏内の七条・五条界隈には、毎日使える食卓の宝物がいっぱい。初日から心躍ること必至です。まずは […]

旅と食
夏休みは「池袋・川越アートトレイン」で小江戸にタイムスリップ!

蔵造りの街並みに時の鐘、菓子屋横丁に川越氷川神社など、近年観光地としての人気がグイグイと上がっている埼玉・川越市。レトロな街並みをつくる歴史的建造物をはじめ、縁結びスポットや食べ歩きなどが人気を呼び、友達同士や家族連れ、海外旅行客など多くの人々でにぎわっています。 そんな川越観光に便利な東武東上線に、若手画家の描き下ろしイラストが施された「池袋・川越アートトレイン」が登場しました。 10両編成の電車に描かれた作品には、川越を代表する観光スポットやモチーフがズラリ! アートトレインに乗って行くぶらり小江戸川越さんぽ。あなたなら、どのモチーフから巡りますか? 池袋・川越アートトレインとは? 埼玉県 […]

旅と食
2,000個越えの江戸風鈴。川越氷川神社の縁むすび風鈴が可愛くって、ありがたい

雨が降ったりやんだりの梅雨の季節にもかかわらず、海外からの観光客や年配のご夫婦、女性同士のグループや浴衣姿の若者たちが吸い込まれるように皆、川越氷川神社に入って行きます。 鳥居をくぐる前から聞こえる涼やかな音、出迎えてくれたのは風に揺れる色とりどりの江戸風鈴でした。 2019年で6度目を迎えた埼玉・川越氷川神社の「縁むすび風鈴」。境内に掛かる風鈴の数はなんと2,000個以上! 願いを込めた短冊を風鈴に結ぶこのおまつりはどこを切り取っても可愛く、そしてありがたいものでした。 川越氷川神社とは 今から約1,500年も前の古墳時代に創建されたと伝えられる川越氷川神社は、太田道真と道灌親子により川越城 […]

全65件、21-30件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
史上最大の浮世絵イヤーがやってきた!
教えて、コバチュウ先生!スペシャル 浮世絵の2020年的楽しみ方、教えてください!/鈴木春信“超絶かわいい美人画”に大注目だ!/やっぱりすごいゾ! 浮世絵アヴァンギャルド!/お江戸東京“浮世絵散歩”に出かけよう!/浮世絵スーパー基礎知識 A to Z【特別付録】すごいゾ! “北斎”美術館散策トート【綴じ込み付録】小村雪岱名作ポストカードセット
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
史上最大の浮世絵イヤーがやってきた!
教えて、コバチュウ先生!スペシャル 浮世絵の2020年的楽しみ方、教えてください!/鈴木春信“超絶かわいい美人画”に大注目だ!/やっぱりすごいゾ! 浮世絵アヴァンギャルド!/お江戸東京“浮世絵散歩”に出かけよう!/浮世絵スーパー基礎知識 A to Z【特別付録】すごいゾ! “北斎”美術館散策トート【綴じ込み付録】小村雪岱名作ポストカードセット
和樂最新刊のご紹介