旅とグルメ

 

旅とグルメに関する読み物

全15件、1-10件を表示中
旅と食
不動産会社に入社したはずが、ホテルの総支配人に!その意外なきっかけとは? 9月開業「ノーガホテル 秋葉原 東京」 

人生、何が進路を変えるかわからない。「ノーガホテル 秋葉原 東京」総支配人、中村泰士(なかむら・やすし)さんの場合は、「あること」がキャリアを大きく変えた――。 大学卒業後、野村不動産に入社し、商業施設や賃貸マンションの開発を手掛けていた中村さん。2015年、同社が初めてホテル事業に参入するにあたり、同事業部へ異動に。そして、2020年9月1日開業の「ノーガホテル 秋葉原 東京」で新しいスタートを切った。 手探りからはじめた、新しいホテルブランドづくり 「ノーガホテル 秋葉原 東京」はJR秋葉原駅からなら徒歩6分。周囲には電気店、メイドカフェといった、ザ・アキハバラな店が並んで街のただ中にある […]

旅と食
「聖地」天橋立を大胆ライトアップ!情熱が実を結んだ「天橋立まち灯り」を徹底レポート

「日本三景」の一角を担う、言わずと知れた京都北部の特別名勝「天橋立」。名前のとおり天にかかる橋のような絶景を眺めるべく、全国から多くの観光客が訪れる人気の観光スポットです。地元の人たちをして「聖地」と言わしめるほど格式が高く、落ち着いた厳かな雰囲気から年配の方々を中心に支持されてきました。 しかし、近年ではそんな天橋立を若者にも気軽に訪れてもらうべく、天橋立の砂浜を中心に町中をライトアップする「天橋立まち灯り」というイベントが開催されていることをご存知でしょうか。 「天橋立に行ってみたいけど、高尚すぎて気が引けてしまうかも……」と思ってしまう皆様。幻想的にライトアップされる天橋立を見れば、きっ […]

茶の湯
京都の名喫茶店に名物あり。「市川屋珈琲」のフルーツサンドはまた食べたくなる秘密がいっぱい

京都といえば、老舗喫茶店巡りが面白い。戦火を免れたこともあり、戦前から続く喫茶店も現存する全国でも希少な街であるからだ。提供するのはコーヒーのみならず、文化。サロン的な空間と、そこに集まる人々の心を潤すもてなし、それに呼応するように小粋な客のふるまいが老舗の喫茶店にはある。 さらに長く続いてきた店には、コーヒーのおともとなる名物メニューが必ずあるのだ。「進々堂 京大北門前」のフレンチロール、「イノダコーヒ」のナポリタン(正式名称は「イタリアン」)、「スマート珈琲店」のフレンチトースト、「フランソア喫茶室」のレアチーズケーキ、「六曜社珈琲店」のドーナツ…ああ、書き出したら止まらない。まだ挙げたい […]

旅と食
昭和レトロな「パタパタ」って何のこと?伊丹空港がオシャレに大規模リニューアル!

伊丹空港の「パタパタ」って何のことだかわかりますか? 正式名称は「ソラリー式反転フラップ」と言って、空港ではフライトをお知らせする案内板として使われていましたが、今ではほとんどLEDや液晶が主流に。どこの空港でも徐々に姿を消す中で、伊丹空港は日本第二の都市・大阪の玄関口でありながら、昔ながらの「パタパタ」が見られるレトロ感じ漂う空港として、一部のマニアらから人気でした。そんな伊丹空港の到着口にあった「パタパタ」も2018(平成30)年に姿を消すことに。2020(令和2)年に完了した大規模リニューアルでは、なんと、あの昭和の面影を残す伊丹空港が「え、あなた誰?」というくらい、今ふうのオシャレな空 […]

旅と食
い、癒される~!!もふもふ苔の三大聖地・奥入瀬渓流の世界

「趣味は苔(コケ)の観察です」なんて言ったら一昔前なら “暗い人” “オタク” などと言われたかもしれませんが、今や苔は疲れた現代人を癒やす存在として注目を集めています。苔を使った苔玉はインテリアとして国内のみならず海外でも人気ですが、最近は京都のお寺も御朱印を苔で表現したり(モシュ印)、苔の注目度は高まるばかり。今回はマイナスイオンたっぷりの奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)の、もふもふ苔まみれの癒し時間をお届けします。 日本庭園と相性の良い苔 苔と言うと日本庭園を思い浮かべる方も多いでしょう。特に京都には苔で有名な寺社や庭園が多数あり、三千院、 […]

旅と食
「縁日」イベント開催中!京都駅徒歩2分。ホテル「THE THOUSAND KYOTO」で非日常を体験する

JR・地下鉄京都駅から徒歩2分の位置に佇む「THE THOUSAND KYOTO(ザ・サウザンド キョウト)」。「京都の豊かな知恵に触れる」がコンセプトのパーソナル・コンフォート・ホテルです。贅沢な空間構成のなか、アートや緑に囲まれる。賑やかな駅前で過ごしていることを忘れてしまうほど、非現実的なゆったりとした時間を体験できます。 ロゴマークに込められた思い THE THOUSAND KYOTOのロゴマークには、「1000年の歴史」「これからの1000年の無限の約束」「京都の知恵」この3つの意味が込められています。悠久の時を刻んでいることを忘れることなくお客様をお迎えする。そんな思いを込めて「イ […]

旅と食
そうだ秘境、行こう。片道約5時間半、トイレ休憩たったの3回。日本最長の路線バス旅!

「あの〜うちに泊まられたことはありますか?」 予想していなかった問いかけに、ちょっと言葉に詰まる。瞬間脳裏に浮かぶのは、ここで「はい」とウソをついたほうがいいのかどうか。もしかすると、一見さんはお断りなのかもしれない。いやいや、ここでウソをついて切り抜けたところで、すぐにボロは出てしまうだろう。なにしろ、これから我が身一つで泊まりにいくのだから。   だから「いいえ」と答えると「ああ、そうですか」で話は終わった。名前と電話番号を尋ねられて「では、お待ちしています」と。 これが日本最長路線バスの旅の始まりであった。 和歌山をめざすために奈良へ 奈良県は橿原市(かしはらし)の近鉄線大和八木(やまと […]

旅と食
いや、桃鉄の都市はみんな実在してるよ!君は「新宮」を知っているか?いざ途中下車の旅!

ここは面白い街に違いない。 取材で初めての街を訪れた時にそう感じるのは、初めの一歩を踏み出した瞬間である。 そこそこの規模の街だと、駅前に観光案内所があるから、そこで一人目と話をした瞬間である。 和歌山県は新宮市を訪れた時は、まさにそうだった。 東京からは新幹線や特急を乗り継いでも、九州よりも遠いいわば最果ての地。でも、この街の名前は結構知られている。 『桃鉄』では必ず立ち寄る有名な都市 「新宮にいったんですよ」 そういうと10人のうち半数くらいはこう答える。 「ああ、いったことはないけど知ってる」 そう、桃鉄……『桃太郎電鉄』をやったことがあるから。スーパーファミコンからプレイステーションへ […]

旅と食
東京-石川2週間550㎞の徒歩旅で2つの大聖寺を発見!日本移動史の裏側を知る

僕は2019年の夏に、東京都文京区から石川県加賀市まで550kmの道のりを2週間で歩きました。理由は単純で、どういう景色が広がっているのだろうと好奇心が湧いたからです。また、歩いてその地に赴くことで、石川県に住む知り合いが喜んでくれたり驚いてくれたりしたらいいなと思ったからというのもあります。 僕が最終的に目指したゴールは、石川県加賀市の「大聖寺」。これは地名で、かつてその場にあった大聖寺というお寺に由来します。道中、長野県飯山市で目的地と同じ名前の「大聖寺」というお寺に出会いました。双方について調べてみたところ、意外な事実が明らかになったのです。まずは、浄土真宗の開祖・親鸞を始め、その後脈々 […]

旅と食
自転車発祥の地、埼玉で自粛太りを解消!皇女和宮も通った中山道を「ポタリング」で巡る

「埼玉県民には通行手形が必要」――映画の中の話ではあるが、できれば無用な心配は避けたい。ナンバープレートもなく、映画のように「埼玉狩り」に遭遇する心配もない乗り物といえば、自転車である。 群馬県渋川市と東京ディズニーランドを結ぶ、川沿いを走る日本一長いサイクリングロード。その全長170kmのうち、87.9kmが埼玉県内を通っている。また、県内は平坦な道が多いこともあり、県民の自転車保有率が高い。平成30(2018)年の調査(自転車保有実態に関する調査報告書)によると、保有率は東京、大阪に次いで全国3位。そして意外にも、埼玉は自転車発祥の地でもある。 本庄の発明家から生まれた世界最古の自転車「陸 […]

全15件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
世界を癒やす104の名作一挙公開!「日本美術」は世界を救う! 
【大特集】日本を代表する美術史家12人と考えた、世界を癒やす104の名作一挙公開!/ 辻惟雄さん特別寄稿「美術には人を救う力がある!」祈りの日本美術10選 / 歌って!踊って!元気が出る日本美術オンパレード! / ニッポン、祈りの名画全6選 / 名画で味わう、美しきニッポンの日常 / “かわいい は最強!この名画で、笑ってもっとベイベー”♥/ バーチャルミュージアムで世界中の名画を味わい尽くす! 【第二特集】紅葉ニッポン2020 / 紅葉の絶景列島をめぐる / 京都在住のカメラマン3人が教える、錦繍の「新」名所&「真」名所発表! / “都の秋 お取り寄せ 紅葉の京菓子図鑑 ”/ スペシャルインタビュー 安藤忠雄 / やっぱり美味いぞ!土鍋ご飯 / “究極のご飯プロジェクト 第”2弾!「祈りの土鍋」を限定販売します! / 全国厳選!美術展カレンダー【特別付録】和樂謹製 若冲エコバッグ
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
世界を癒やす104の名作一挙公開!「日本美術」は世界を救う! 
【大特集】日本を代表する美術史家12人と考えた、世界を癒やす104の名作一挙公開!/ 辻惟雄さん特別寄稿「美術には人を救う力がある!」祈りの日本美術10選 / 歌って!踊って!元気が出る日本美術オンパレード! / ニッポン、祈りの名画全6選 / 名画で味わう、美しきニッポンの日常 / “かわいい は最強!この名画で、笑ってもっとベイベー”♥/ バーチャルミュージアムで世界中の名画を味わい尽くす! 【第二特集】紅葉ニッポン2020 / 紅葉の絶景列島をめぐる / 京都在住のカメラマン3人が教える、錦繍の「新」名所&「真」名所発表! / “都の秋 お取り寄せ 紅葉の京菓子図鑑 ”/ スペシャルインタビュー 安藤忠雄 / やっぱり美味いぞ!土鍋ご飯 / “究極のご飯プロジェクト 第”2弾!「祈りの土鍋」を限定販売します! / 全国厳選!美術展カレンダー【特別付録】和樂謹製 若冲エコバッグ
和樂最新刊のご紹介