日本刀

 

日本刀に関する読み物

全37件、1-10件を表示中
芸能と文化
かつては世界屈指の武器輸出大国!日本人はなぜ鉄砲を捨て、刀を選んだのか?

戦国時代の日本は、世界有数の鉄砲保有国だった。 応仁の乱の頃には影も形もなかった武器が、関ヶ原の戦いの頃になると「当たり前のもの」と化した。それがなければ戦に勝てない。もはや時計の針を戻すことはできなくなったのだ。 鉄砲の火力を借りて、豊臣秀吉は唐入りを実行した。最終的には寸土も得られなかったとはいえ、鉄砲が失われたわけではない。フビライ・ハーンは2度の日本遠征失敗にもかかわらず、3度目の計画を思案していた。それと同じように、徳川家康が決断を下せばさらに大規模の対外侵攻が行われていたはずだ。 が、実際にはそうならなかった。 日本人は鉄砲を捨てたのだ。 世界有数の陸軍を持っていた日本 今回はノエ […]

工芸
武士の心の支え、日本刀。新撰組・近藤勇と土方歳三、2人の愛刀はどんな姿だった?

日本刀は武士の「精神的な支え」とされてきました。平安時代、馬に乗り戦った武士たちの主要武器は弓と矢。日本刀はあくまでもいざという局面でつかう武器であると同時に心の支えだったのです。しかし、これを覆したのが新撰組。「本気の武器」として刀を操った、幕末京都の剣客集団です。彼らが愛したのはどんな刀だったのでしょう。 これぞ「本気の武器!」新撰組の愛刀 近藤勇 「長曽祢虎徹」 局長の刀“コテツ”は四つ重ねた胴も一刀両断! 局長・近藤勇の愛刀は“虎徹”。江戸の刀工・長曽弥興里(ながそねおきさと)による「長曽祢虎徹」です。四つ胴の斬れ味、すなわち人間の胴を4つ重ねて斬れるほどの剛刀でした。 ながそねこてつ […]

工芸
日本刀の「残欠」で中世イギリス風「ヴァイキングのナイフ」を作ってみた

日本刀の「残欠」というものがある。 これは何かしらの事情で折れてしまった刀のブレードを指すのだが、蚤の市やネットオークションなどにもこの残欠が数多く出品されている。 日本刀が折れてしまった理由は、いろいろある。無論、自然破損もあるだろう。しかし案外多いのは「規制回避」という理由だそうだ。 日本には銃刀法という法律があり、刃渡り15cm以上の刀剣の所持には登録証が求められる。が、登録証作成の手間を避けるために敢えて刀を折ってしまう、ということがよくあるそうだ。これは和樂Webの同志・あきみずさんに教わったことである。 そこで筆者は、こんなことを考えた。残欠をナイフにしたら面白いんじゃないか? ヴ […]

工芸
アツすぎて火傷注意っ!マニアが語る刀剣&ナイフ座談会

「刀剣」「ナイフ」と聞いてあなたはどんなイメージを思い浮かべますか? かっこいい、それともちょっぴり怖い…? なんとなくマニアックな世界で遠い存在だと思っている方も多いのではないでしょうか。この記事で登場する和樂webのライターはそれぞれ刃物に魅せられた熱狂的な刀剣ファン&ナイフマニア。一体刀とナイフのどんなところに惹かれたのか、日本の刃物の素晴らしさとは? そして刀とナイフに共通点はあるのか? 熱く語っていただきました! 左からきむらさん、あきみずさん、澤田さん、きんじょうさん 登場人物の紹介 ◆澤田真一:ナイフマニアの漢・澤田。和樂webでは日本文化としてのナイフの魅力を発信。錆びた刃物が […]

工芸
刀剣ファン必見!令和元年に蘇った「太刀 村正」その姿を守るクラウドファンディング、始動!

徳川家康も所有していたと伝わる「村正」の刀。そんな日本に伝わる名刀を、少しでも多くの人が見られる、知ることができる機会を増やしたいと立ち上がったのは、三重県桑名市にある「桑名宗社(春日神社)」。2020年2月7日から、新たなプロジェクトがスタートします! 「村正」ってなんだ? 刀剣に興味のない方でも、「村正」という名前を一度は耳にしたことがあるはずです。村正は刀の名称ではありません。日本刀をつくる職人の名前です。 画像提供:桑名宗社(春日神社) 村正の刀は切れ味が凄まじく、徳川家康ら三河の武士を中心に愛用されていたと伝えられています。当時は、芸術品というよりは実戦用として重宝されていたそう。戦 […]

日本美術
刀剣は「持つ」ともっと楽しい! 老舗に聞く、所持・購入方法とその魅力

刀剣は誰が手に取っても、購入して所持しても、まったく問題ありません。刀剣は法律上も「美術品」なので、刀剣自体に登録証という住民票のような書類が付いていれば、誰でも触れることができるのです。 とはいえ、実際に持つのは……とためらってしまうかたも多いのでは。 江戸時代から続いている老舗刀剣店に伺って、刀剣を「持つ」魅力をたっぷりお聞きしてきました! 武家御用達、創業150年の老舗・服部美術店 東京駅から徒歩5分、日本橋駅から徒歩3分、ビジネスパーソンやお買い物客で賑わう東京日本橋のビルの2階に、服部美術店(はっとりびじゅつてん)はあります。階段を上って入り口でお声がけすると、笑顔で出迎えてください […]

工芸
刀剣界のオールラウンダー・安綱がすごいんじゃ! 多くの名刀が生まれた「古伯耆」ってなに?

刀剣を鑑賞するとき、あなたはどんなポイントに惹かれますか? いろいろな楽しみ方がありますが、作り手の知名度・美しさ・伝承・歴史的価値、そうした要素をすべて備えたオールラウンダーの1つが「古伯耆安綱(こほうきやすつな)」の刀です。 「安綱」ってなんだ? 安綱(やすつな)は、日本刀をつくる職人でした。伯耆国、現在の鳥取県中・西部で平安時代末期に活躍し、山伏と呼ばれる、山での修行を大切にする修験者であったともされます。 安綱の作った刀は、美しさと力強さを兼ね備えた作風で、昔も今も高い評価を受けています。 重要文化財「太刀 銘安綱(鬼切丸)」 前期展示(12月28日~1月26日)京都府・北野天満宮蔵 […]

旅と食
刀剣ファン垂涎のチョコレート菓子が新登場!「鍔ちょこ」のクオリティがすごいゾ

人気ゲームの波及効果で、刀剣ブームが起きてから数年余り。ファンの多くにとって刀剣への関心の対象は、ひとえに優美な反りが入った刀身であり、「山鳥毛(さんちょうもう)」や「鬼切丸」といった名刀・妖刀にまつわるエピソードだと思います。 ですが、日本刀にはもう1つ別の面白さがあります。それが、刀身以外の部分、つまり刀身を収め、装う「刀装具」です。 刀装具には、手で握る部分の「柄(つか)」、柄につけられた飾り金具である「目貫(めぬき)」、刃を収める「鞘(さや)」などありますが、特に注目したいのが「鍔(つば)」。鍔とは、刀身と柄の間にあって、柄を握る手が刃へと滑るのを防ぐとともに、敵から防護する役割をなす […]

工芸
武士の間で愛された「硬くて柔らかい」関の刀!今こそ日本の最後の砦、刃物産業を知るべし!

刃物産業の町、岐阜県関市。 筆者は三十路もしばらくしてから、この町に関わるようになった。自分がナイフマニアだからこその必然とも言えなくもないが。誰に指示されたわけでもなく、己の意思のみでまったく縁のない土地に出向いた行動力は自分でも大したものだと思う。 国内有数の刃物メーカーが軒を連ねる関は、世界的にもその名が知られている。関で鍛冶の修業を積んだ海外の職人が、ヒストリーチャンネル『刀剣の鉄人』でチャンピオンになったこともある。 そんな関が1年のうちに最も賑わうのは、10月の『関刃物まつり』である。 2019年は中止 10月11日は筆者の誕生日だ。しかし令和元年の誕生日は、パーティーやプレゼント […]

工芸
「俺のナイフにも刃文をつけたい!」海外の職人も魅せられた日本のナイフクオリティ

日本のナイフ産業は、極めて高い技術力を有している。 このことは筆者の他の記事でも言及してきたが、残念ながら日本では「ナイフは危険なもの」という悪印象だけがひとり歩きしている。 昭和30年代の刃物追放運動は、あくまでも民間の団体が始めたものに過ぎなかった。当時の政治家はこの運動に慎重か、もしくは反対の姿勢を示していた。しかし池田勇人首相は、自分の先代の宰相が「デモの力」で退陣に追い込まれた光景を目の前で見てきた。所得倍増計画を達成するために、国民が政権に反発する要素を少しでも減らしたかったのだろう。 だが、そのために日本人自身が「日本のナイフのクオリティー」について考える機会は失われた。 一方で […]

全37件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
桜と京都と日本人
徹底研究!桜と日本人/京都 桜を巡る旅2020/京都一の桜の里「原谷苑」を知っているか!?/京都在住カメラマン3人がおすすめ 穴場の花見スポット全発表!/華やか!京都・花見弁当の美学/「桜の骨董」を探して、ぶらり京都散歩/夜桜のあとは、この居酒屋で一献いかが?/2020京都・春の特別公開案内【特別付録】国芳 “浮世絵”エコバッグKUJIRA
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
桜と京都と日本人
徹底研究!桜と日本人/京都 桜を巡る旅2020/京都一の桜の里「原谷苑」を知っているか!?/京都在住カメラマン3人がおすすめ 穴場の花見スポット全発表!/華やか!京都・花見弁当の美学/「桜の骨董」を探して、ぶらり京都散歩/夜桜のあとは、この居酒屋で一献いかが?/2020京都・春の特別公開案内【特別付録】国芳 “浮世絵”エコバッグKUJIRA
和樂最新刊のご紹介