日本刀

 

日本刀に関する読み物

全27件、1-10件を表示中
工芸
鐔って何?な人でも楽しめる刀装具鑑賞入門!超絶技巧と遊び心に胸キュン!

最近「刀剣女子」と呼ばれる若い女性達が、日本刀や刀装具人気の火付け役となり、ムーブメントを起こしているそうです。私はティーンエイジャーの頃、祖父と時代劇に熱中していましたが、刀はもっぱら武器として描かれることが多く、特に気に留めないで過ごしてきました。こんな刀や刀装具の知識が全くない私でも楽しめそうな催しが、大阪歴史博物館で開催中と知りました。「決定版刀装具鑑賞入門」をレポートします。 会場は大阪城のすぐ近く! 会場の大阪歴史博物館は、JR大阪駅から地下鉄谷町線に乗り換え「谷町四丁目」9号出口出てすぐ。アクセスの良い場所です。近くには大阪城があるので刀装具を見学するのにはぴったりですね! 高層 […]

工芸
「鞘」に注目せよ! 刀剣博物館学芸員に聞く、刀と漆の深ぁ〜い関係

食器や家具など、身近な日用品にも使用されている漆。お箸にも漆塗りのものが多くありますし、とても身近な存在の1つですよね。 そんな漆塗りの技法の発展に、刀剣の鞘が大きく貢献していたのはご存知でしょうか? 日本の刀剣研究の最高機関である、日本美術刀剣保存協会の学芸員、小菅太一(こすげたいち)さんにお話を伺いました。 正倉院の宝物にも見られる鞘の漆塗り – 漆が刀の鞘に塗られ始めたのは、いつ頃からなのでしょうか? 小菅さん(以下、敬称略):正確な出発点というのは分かっていませんが、正倉院の大刀の鞘に漆が塗られており、さらに蒔絵の源流も見られます。漆は防水や補強の目的で塗られています。鞘は […]

芸能と文化
え、徳川家康も持ってたの? 村正は本当に「妖刀」なのか、その実像に迫る!

刀にはいろいろな怪異の伝承を持つものがあります。鬼を斬った、物の怪を斬った、灯籠を斬ったなどなど……中でも、もっとも有名なのが、「妖刀」村正(むらまさ)ではないでしょうか。 徳川家に祟ったとして江戸時代には所持がご法度になった、と言われ、「村正」の名は恐ろしいイメージとともによく知られています。現在でも漫画やアニメをはじめ、様々な物語作品に登場する有名な刀の1つなのですが、調べてみると、どうもちょっと様子が違うようです。 「妖刀」村正の実像に少しだけ迫ってみましょう。 村正とは 村正というのは、ある1つの刀を指した名前ではなく、刀工、つまり、作者の名前です。伊勢の国、現在の三重県で活躍した千子 […]

芸能と文化
ブームが博物館を動かした!地鉄や映りの様子がよ〜くわかる刀剣展示の最前線

近年、刀剣の展覧会が多く開かれるようになりました。展覧会会場が大勢の若い女性で賑わっている光景も珍しくありません。熟練の目利きが難しい顔をして眺めている、というようなイメージもかつてはあった刀剣展示ですが、数年前に発表されたゲームなどの影響を受けて、いまや女性が入場者の多くを占めているといいます。 日本刀剣研究の最高機関であり、年間を通して刀剣が見られる「刀剣博物館」を併設する日本美術刀剣保存協会の広報担当、荒川史人(あらかわふみと)さんにお話を伺いました。 刀剣博物館について – 刀剣博物館、そして日本美術刀剣保存協会について、お教えいただけますでしょうか。 荒川さん(以降、敬称 […]

芸能と文化
「映画刀剣乱舞-継承-」の審神者役で注目の名優!堀内正美は熱いハートの持ち主だった!

渋いダンディな俳優として人気の堀内正美さん。「映画刀剣乱舞-継承-」では品格漂う審神者(さにわ)役を演じ、注目を集めています。神戸の町を愛し拠点としながら、しなやかに俳優を続ける堀内さんの魅力に迫ります! 「映画刀剣乱舞-継承-」とは 原案は、名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた「刀剣男士」を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シュミレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」。今までに、アニメ、ミュージカル、舞台など数多くのメディアミックスが成功を収めています。2019年1月に初の実写映画としてスクリーンに登場すると、大きな話題となり幅広い層から支持を得ました。日本史最大のミステリーとも言われる「 […]

日本美術
秀吉も家康も日本刀に願いを込めた!斬るだけじゃない刀の物語

戦国武将も新選組も使っていた日本の武器の代表といえば日本刀。手打ちにしたのが36人だから、和歌の三十六歌仙(さんじゅうろっかせん)にちなんで「歌仙兼定(かせんかねさだ)」と名付けられた日本刀があったり、謀反の一族を討伐した場所に由来して「狐ケ崎(きつねがさき)」と名付けられた日本刀もあったり。 こんな恐ろしい(?)逸話ばかりだと「日本刀は怖い」というイメージを持ってしまうのも仕方がありません。 しかし三種の神器に「天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)」があるように、日本刀は昔から信仰の対象でもありました。病気平癒に子々孫々の繁栄。時に人は日本刀に向かって祈り、願いを込めてきたのです。 そんな人々 […]

工芸
実は今も作られている!若手刀匠に聞く、刀の魅力とは?

刀剣は、昔に作られた、昔のもの、というイメージがあるかたも多いのではないでしょうか? 平安時代や鎌倉時代の名刀も多く現存しており、1000年ほど昔のものとは思えないほどの美しさを今に伝えています。 しかし、令和の今でも、刀剣は新しく作り出されているんです。今回は刀を作る職人、刀匠(とうしょう)、黒本 知輝(くろもと ともき)さんにお話を伺いました。 刀匠・黒本知輝さんに聞いた、刀の魅力とは? 黒本 知輝刀匠 プロフィール 1986年4月2日生まれ。大阪府出身。 2012年 無鑑査刀匠・吉原義人氏に入門 2017年 刀匠資格取得 2018年 独立 2019年 株式会社 日本玄承社設立、代表取締役 […]

工芸
刀の展示ってどうして刃の向きがバラバラなの? 刀剣のいろはと鑑賞ポイントを解説!

博物館や美術館、神社の宝物殿などで、偶然、刀を見かけたことはありませんか? 刀なんて縁がない、と思っていても、意外と身近な場所にあったりするものです。 でも、刀ってよく分からない、どれも同じに見える……。興味を持って見始めても、分からないことだらけなのが刀剣の世界です。 今回は刀剣のはじめの一歩、分類や展示方法の世界を、ちょっと覗いてみましょう。 刀剣の分類 長いのと短いのと、反っているのと真っ直ぐなのと、なんかあったけれど、どれもほぼ同じ? 初めて刀を見たら、だいたいの人はこんな感想を抱くのではないでしょうか。それが普通ですし、刀の見方には少しコツがあるので、まずはそれでOK。 現在、一般的 […]

工芸
石川五エ門の刀は実は昼寝中だった!? 刀剣の鞘と手入れのあれこれ

ルパン三世の人気キャラクター、石川五ェ門。彼の持っている刀、斬鉄剣(ざんてつけん)の鞘は、一見して刀だと分からないように作られた「仕込み杖」だとも言われますが、以下のような画像に似ていますよね。 これは、白鞘(しらさや)と呼ばれるもの。朴(ほお)の木などを削って表面をきれいに整えた、木だけで作られている白木の鞘です。 この白鞘に納められている斬鉄剣、実は五ェ門に「時間外労働」させられているかもしれません。 白鞘は「寝巻き」 よく時代劇などで見る刀の鞘は、こんな感じではないでしょうか? 鞘の表面には漆が塗ってあり、手に持つ部分である柄(つか)には巻きが施されています。また、いろいろな金具も使われ […]

工芸
【島根】玉鋼で作ったナイフの切れ味がスゴイ!だって日本刀と同じ素材なんだから

たたら製鉄とは、巨大なふいごをつかって炉の温度を上げ、砂鉄から鋼鉄を精製する技術である。 たたら製鉄は「ロストテクノロジー」と言えるものかもしれない。 日本刀の素材である玉鋼は、巨大なふいごを使った特殊な製法で生産される。今の島根県に該当する奥出雲は、たたら製鉄のメッカのような地域だった。 戦国時代はこの奥出雲を傘下に入れることこそが、強い国を作るための絶対条件だった。日本最高峰、というよりも世界最高峰の製鉄所を確保し、その玉鋼から武器を作って自慢の軍団に装備させる。16世紀の戦国大名がたたら製鉄のために費やした労力は、我々現代人の想像を遥かに超えるものだ。 たたら製鉄と尼子氏 中国地方の戦国 […]

全27件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
死ぬまでに見たい!ニッポンの名画100
教えて、コバチュウ先生!スペシャル これだけは見ておくべき日本美術史の名作ってなんですか?/若冲vs北斎 名画アヴァンギャルド対決!/秋、十一面観音巡礼の旅へ/【特別付録】2020Wカレンダー 1)小原古邨かわいい四季花鳥図カレンダー、2)北斎! 歌麿! 写楽! 広重! 国芳! 五大絵師競演! 浮世絵名作カレンダー
和樂最新刊のご紹介