日本刀

 

日本刀に関する読み物

全52件、1-10件を表示中
工芸
マッカーサーも欲しがった!刀剣史上最高傑作?大包平が超絶かっこいい!

あまたある日本の刀剣のうち、空前絶後の最高傑作と評される太刀があります。 ガラスケース越しでも相対するとビリビリ痺れるような圧倒的存在感を放っていて、その威容には神々しさすら感じさせられます。 太刀の名は、国宝「大包平(おおかねひら)」。 大包平とは? 大包平は備前で活躍した刀工・包平の作品です(製作年代については後述)。 岡山藩主・池田家に伝わり、家中の正月行事の際に毎年飾られるなど、非常に大切にされてきました。 刃長は2尺9寸4分強(89.2センチ)、反り1寸1分半(3.5センチ)、3尺に迫る長大で幅広な姿をしており、刀身は薄く、表裏に重量軽減のための溝である「樋(ひ)」が彫られています。 […]

工芸
太刀に海が息づく!明治天皇に献上された、今荒波の太刀

今荒波(いまあらなみ)。この名前、何に付けられたものだと思いますか? 力士? 日本犬? 老舗料亭? 実は、鎌倉時代に作られた太刀の名前なのです。 今荒波とは? 今荒波は、鎌倉時代中期に備前(現在の岡山県南東部)で活躍した刀工・片山一文字則房(かたやまいちもんじのりふさ)の作と伝わる重要文化財の太刀です。 かつて駿河の今川家のものだったとも言われ、江戸時代に彦根の井伊家で長らく愛蔵された後、明治天皇に献上されました。現在は東京国立博物館の所蔵となっています。 刃長は2尺3寸弱(69.1センチ)、反りは8寸弱(2.4センチ)、鋒(きっさき)が少し短く詰まったような「猪首鋒(いくびきっさき:猪の首を […]

工芸
刀剣は凶器にあらず。日本刀を壊滅の危機から救った、悲劇と絆の物語

失って初めて気付くものがある。あって当たり前だから、感謝することもないし、存在にすら思い至っていないかもしれない。さりげなく与えられていた親切、平穏な日々、健康もその類いのものだろうし、連綿と受け継がれてきた物や技術が途絶えて、ようやく焦り始めるなども同源だろう。 『鬼滅の刃』『るろうに剣心』『BLEACH』『犬夜叉』『あずみ』『どろろ』『刀剣乱舞』『ラストサムライ』『座頭市』……漫画やゲームの世界にも、時代小説や大河ドラマ・時代劇・映画にも、日本刀はごく自然に登場する。刀剣が出てきたことを特別な事象と思うことはあまりないだろう。それほどまでに刀剣は日本人の中にごく当たり前のものとして息づいて […]

工芸
上杉謙信・景勝親子のお気に入り!変わった形の太刀・からかしわって?

空をゆく雲や木のうろなどが、なんとなく別のものの形に見えたりすることはありませんか? 刀剣にも、刃文を山や桜の花などにたとえる風習があります。 義に厚いことで知られる越後の戦国武将、上杉謙信・景勝の愛刀だった「からかしわ(唐柏)」も、見た目からその名前が付けられた1つです。 からかしわとは? からかしわは、南北朝時代に山城(現在の京都府)で活躍した刀工・長谷部国信(はせべくにのぶ)が打った太刀です(ただし、銘に疑問を呈する説もあり)。 上杉謙信・景勝に愛されたこの太刀は、上杉三十五腰の1つにも数えられており、重要美術品に指定されています。 刃長は2尺6寸3分(79.7センチ)、全長は3尺3寸3 […]

工芸
小さいけれどパワフルボディ!?虎の群れを追い払った上杉謙信の愛刀・五虎退

刀剣にはいろいろな長さや形状があります。そして、名刀と呼ばれるものの中にも、刃長が30センチ以下の短刀が多数含まれています。 かわいらしいサイズでも、びっくりするほどパワフルなエピソードを持つ短刀「五虎退(ごこたい)」をご紹介いたします! 五虎退とは? 五虎退の作者は、鎌倉時代末期(中期とも)の山城(現在の京都府)で活躍した名刀工・粟田口藤四郎吉光(あわたぐちとうしろうよしみつ)です。 刃長は8寸3分弱(25.1センチ)、すらっとした優雅な姿で、表裏ともに元のほうに2筋の溝が彫られています。研磨による手入れのため、鉄肌が本来の見え方とはやや異なっているものの、作られた当初の美しく精緻な地鉄(じ […]

工芸
刀身に雪が降っている!?信長も愛した美しい刀・へし切長谷部

名刀には、斬れ味の良さを誇る名前を付けられたものが多数あります。しかし同時に、その美しさによっても高い評価を得ているものがあるのです。 へし切長谷部(へしきりはせべ)もそんな1振。 へし切長谷部とは? へし切長谷部は、国宝にも指定されている名刀で、南北朝時代の山城(現在の京都府)で作られたものと見られます。 もともとはかなり長く、現在の分類でいう「太刀」として作られたものでしたが、後世の所有者によって短く切り詰められて作者銘がなくなっているため、現在では「刀」の分類となっています。 刃長は2尺1寸4分弱(64.8センチ)、持ち手部分の茎(なかご)に金象嵌で「長谷部国重本阿(花押)/黒田筑前守」 […]

工芸
切れ味も美しさもここから生まれる!刃物を使う職人を支える天然砥石の魅力

旬の食材を美味しく料理する日本料理職人、木造家屋を建てる大工や神社仏閣を建てる宮大工、近年注目を集める日本刀の美を引き出す研師(とぎし)……こういった職人の仕事に欠かせないものが、刃物を精緻に美しく研ぎ上げる砥石(といし)です。 現在、一般的に使われる砥石のほとんどは人工的に作られた人造砥石です。しかし、工業化が進むまで日本では天然の石を使った天然砥石が使われていました。そして今でも、刃物道具を使う職人の中には天然砥石を大切に使い続けている人がいます。 今回は、天然砥石とはどういった石なのか、人造砥石との違いはなにか、なぜ今でも職人に使い続けられているのかについて紹介します。 そもそも、砥石っ […]

工芸
兜ごと真っ二つ!?鬼と呼ばれた佐竹義重の愛刀・八文字長義

戦場でメインの武器として使われたのは弓や鉄砲などで、刀は現在思われているほど使用頻度の高いものではなかったと言われています。 しかし、もちろんまったく使われなかったわけではなく、戦闘での武功によって名前が付けられた名刀も多くあります。 その1つが、「八文字長義(はちもんじながよし)」。 八文字長義とは? 八文字長義は、「鬼義重」の異名で恐れられた常陸(現在の茨城県)の戦国武将、佐竹義重(さたけよししげ)が所持し、その後も佐竹家で大切にされてきた名刀です。 現在の刃長は2尺5寸8分強(78.3センチ)ですが、持ち主の使い勝手に合わせて作者の銘がなくなるほど切り詰められており、本来はもっと長いもの […]

工芸
織田信長が今川義元から奪った名刀!焼けても復活した義元左文字って?

由緒ある名刀を持つことは、武士のステータスでもありました。 そのため、戦いに勝利して手に入れた相手の名前が付けられている刀がいくつかあります。 義元左文字(よしもとさもんじ)・宗三左文字(そうさんさもんじ・そうざさもんじ)と呼ばれる刀もその1つ。 義元左文字(宗三左文字)とは? 室町時代の武将・三好宗三(みよしそうさん)から武田信虎、今川義元、織田信長、豊臣秀吉、豊臣秀頼、徳川家康、建勲神社(けんくんじんじゃ)へ受け継がれてきたとされる名刀です。天明3(1657)年の大火事で一度焼けてしまいましたが、残っていた記録をもとに再度刃が焼き直され、大切に保管されています。 刃長は2尺2寸1分強(67 […]

工芸
止まっただけでトンボ真っ二つ!?槍の名手・本多忠勝が愛用した蜻蛉切

鋭い斬れ味から名前(愛称)が付けられた刀剣はたくさんあります。 有名な戦国武将が愛用したものの中にも、ちょっと先端に止まっただけの虫が真っ二つになってしまった、という、ものすごい伝説を持つ槍があります。 その名も「蜻蛉切(とんぼきり)」。 蜻蛉切とは? 蜻蛉切は、笹の葉のような形をした「大笹穂槍(おおささほやり)」で、天下三名槍(てんかさんめいそう・天下三槍とも)の1つに数えられています。※その他の2槍は「日本号(にほんごう)」、「御手杵(おてぎね)」。 この槍は、家康に過ぎたるもの(身の丈に合わない、贅沢なもの)あり、と讃えられた戦国武将で、徳川四天王にも数えられている本多忠勝が愛用したもの […]

全52件、1-10件を表示中

最新号のご紹介

和樂最新刊
スゴイぞ! 北斎 浮世絵頂上対決!
【大特集】さあ! 北斎vs5大絵師対決の始まりです! vs広重風景画対決、vs歌麿美人画対決、vs写楽人物画対決、vs国芳奇想対決、vs蕙斎キャラ対決/北斎って実はこんな人! びっくりエピソード集/ 江戸琳派抱一と浮世絵北斎、これはスゴイぞ!名作比べ/え!? 天才・北斎の娘は北斎以上の天才絵師だったなんて!/The UKIYO-E 2020 史上最強の浮世絵展が始まる!/夏、文豪と避暑地の物語/【綴じ込み保存版】あぁ!美しい! 絶景のニッポン!/浪速の名割烹「本湖月」の真実/納涼! 浮世絵切子まつり誌上通販/優待クーポン券付き! 全国厳選! 美術展カレンダー【特別付録】北斎“花鳥画”ミニうちわ
和樂最新刊のご紹介
 

最新刊のご紹介

和樂最新刊
スゴイぞ! 北斎 浮世絵頂上対決!
【大特集】さあ! 北斎vs5大絵師対決の始まりです! vs広重風景画対決、vs歌麿美人画対決、vs写楽人物画対決、vs国芳奇想対決、vs蕙斎キャラ対決/北斎って実はこんな人! びっくりエピソード集/ 江戸琳派抱一と浮世絵北斎、これはスゴイぞ!名作比べ/え!? 天才・北斎の娘は北斎以上の天才絵師だったなんて!/The UKIYO-E 2020 史上最強の浮世絵展が始まる!/夏、文豪と避暑地の物語/【綴じ込み保存版】あぁ!美しい! 絶景のニッポン!/浪速の名割烹「本湖月」の真実/納涼! 浮世絵切子まつり誌上通販/優待クーポン券付き! 全国厳選! 美術展カレンダー【特別付録】北斎“花鳥画”ミニうちわ
和樂最新刊のご紹介